« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/30

SW IN HOKKAIDO 土

Do200909273200Do200909271100

土曜日です おはようございます ついに東京に戻る日が来てしまいました

Do200909274

オリエと、れいなと、バーバラと、カイエが空港まで送ってくれました

Do200909276

雲がうすーくのびて、空が二層に分かれた

Do200909275100Do200909277200

09:25女満別出発 11:15羽田到着 紙コップかわいい

Do200909278

到着 某N氏が迎えに来てくれました

Do200909279Do2009092710

売店で梅いなりを買って食べたら余計お腹空いちゃって、ペスカトーレまで食べてしまった

Do2009092711

帰りに、ずっと行きたかったミセスグロスマンのオフィシャルショップRED HEART STOREに行きました なちこの影響

Do2009092717Do2009092718

マスキングテープとシール購入 わたしもマスキングテープ使いこなしたい http://www.masking-tape.jp/

Do2009092712Do2009092713

晩ご飯はキッチンキャロットでステーキ 大行列

Do2009092714Do2009092715

左:生にんにくステーキ 右:おろしハンバーグとステーキ

Do2009092716

お土産は 白い恋人 HORIとうきびチョコ じゃがポックル 旭山動物園バターキャンディー マルセイバターサンド

次は4月に帰る予定です 宗谷岬と利尻島と礼文島に行きます

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました

おわり


| | コメント (2)

2009/09/29

SW IN HOKKAIDO 木・金

Moku200909271Moku200909272

木曜日はまったりとしていました
れいなに腹話術を披露したり ドラマの再放送を見たり 昼寝したり 読書したり

この帰省で読んだ本
* ナイフ(重松清)
* 半島を出よ (上)(村上龍)

夜はリーとマルシェでごはん とろとろたまごのオムライスおいしかったー

Kin200909271

金曜日です おはようございます
バーバラの作ったマリネ あまりにもおいしくて毎日大量に食べてました
北見の白たまねぎは苦くなくて生で食べるのにぴったり

Kin200909272

Kin200909273Kin200909274

オリエと、れいなと、カイエと、わたしでのつけの湯

営業時間前に着いてしまったので時間が来るまで近くの公園であそびました

Kin200909275

まだお客さんがあんまりいなかったのでのんびり入れました

Kin200909276Kin200909277

お風呂上がりにソフトクリームとソフローズン

Kin200909278Kin200909279

左:なんと北見にヴィレッジヴァンガードがっ 知らなかった
右:まだ行ったことがない、変わったお店に行きたくて、連れて行ってもらったお店 喫茶店ドルトン

Kin2009092710

漫画、小説、雑誌、絵本 とにかく本がいっぱい
メニューはコラージュだし ウォーホルのポスターがアレンジして貼ってあったり 昔からあったみたいだけど全然知らなかった 

Kin2009092711Kin2009092712

チキンジンジャーライスとハンバーグ コーヒーカップに入っているのはみそ汁だったっ

Kin2009092714

Kin2009092715Kin2009092716

ばあちゃんの花壇

Piano20090929

誰も弾かなくなったピアノ

夜は、オリエと、さくと、れいなの家に、バーバラとカイエとわたしで行きました

時間が経つの早い 楽しい時間はあっという間 もう、明日は帰る日です

つづく


| | コメント (0)

2009/09/28

SW IN HOKKAIDO 水

Sui200909271Sui200909272

水曜日はオリエと、さくと、れいなと、カイエと、わたしで念願の旭山動物園

オリエと、さくと、れいなは今年すでに3回行ったそうだ
カイエも今年行っていて、実はわたしも2回ほど行ったことがあるらしい 全然覚えてない

Sui2009092731Sui200909275

左:にこにこ〜のポウズを披露するれいな 右:鶴の舞いを披露するカイエ

Sui200909277

これかわいい キリンがとくにかわいい あたまにトンボとまってた

Sui200909278Sui200909279

トラのバスとワニのイス

Sui2009092710

孔雀が葉っぱ食べに来た

Sui2009092713Sui2009092714

JUNDOG ごはんの中にチキンカツ 海老フライ すごいボリューム

Sui2009092715

ほっきょくぐま館のシールズアイ(カプセル)

Sui2009092716Sui2009092717

チンパンジーとカバ

Sui2009092718Sui2009092719

フクロウとカピバラ いちばん右のふくろう絶対すべったこと言ったよ、これ

Sui2009092720

うじゃうじゃもじゃもじゃ

Sui2009092721

けろけろげろげろ

Sui2009092722

気持ち良さそう この日はすごく暑かった

Sui2009092723

ぐたー

Sui2009092725

ソフトクリームがくるっとなっとる

帰りにソフトクリーム買うからここでは買わないよとオリエからメール着てたけど見てなくて、
ソフトクリームとかき氷持って集合場所に行った(笑

Sui2009092729Sui2009092730

結局帰りも食べたけどね

Sui2009092726

Sui2009092727

まっすぐ

Sui2009092731Sui2009092732

大雪ダム 大雪湖 人口湖

Sui2009092734

深い峡谷

Sui20090927351Sui20090927361

左:ダムにてんとう虫が尋常じゃないくらいいた 右:黒いセブンイレブン

Sui2009092737

トリトンのお寿司っ めっちゃ、うーまーいー

Sui2009092738Sui2009092739

タラバガニ 身がつまってる 贅沢だー あー、しあわせ

つづく


| | コメント (0)

SW IN HOKKAIDO 月・火

Getsu200909273Getsu200909274

シルバーウィーク(と、言っても月から土)は北見に帰っていました

出発前にカレー食べました 代々木にある野菜を食べるカレーcampにて

Getsu200909271Getsu200909272

左:各テーブルに用意されている水筒 遠足気分
右:口直しがさっぱりしていておいしかった 

Getsu200909275

17:00羽田出発 18:40女満別到着

カイエと、バーバラが空港まで迎えに来てくれた

Getsu200909278

オリエと、さくと、れいながケーキを持ってあそびにきた

早めに就寝

Ka200909272

火曜日です おはようございます 起きるの早すぎました

Ka200909273

ケンシロウ

Getsu200909279

Getsu2009092710

お盆に帰るつもりが、ずるずるとこんな時期になってしまった
ジジと、バーバラと、ばあちゃんと、カイエと、わたしで本覚寺へ 途中で飽きてカイエと抜け出す 
けんけんぱするカイエ

Getsu2009092711

こんなところに跳び箱

Ka200909274Ka200909275

Ka200909276Ka200909277

Ka200909278Ka200909279

夜はリーと、くりさんとちょびぞうでごはん
いつぶりだー このメンバーだと妄想がつきない ほぼ中華一番ネタだが(笑

北海道帰省記録
2007年8月 http://wpg.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/index.html
2008年2月 http://wpg.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/index.html
2008年11月

つづく

| | コメント (0)

2009/09/20

ショーシャンクの空に

Syo200908251

「ショーシャンクの空に」★★★★★
出演: ティム・ロビンス, モーガン・フリーマン, ウィリアム・サドラー, ボブ・ガントン, ジェームズ・ホイットモア
監督: フランク・ダラボン




「この映画を観て泣かないやつは人間じゃない」と言って誕生日に手渡された「ショーシャンクの空に」DVD

屋根の修理作業中に仲間でビールを飲むシーン

ブルックスの死

トミーの死

アンディの脱獄成功

レッドとアンディの再会

で、涙が出たから、大丈夫、わたし、人間みたいです


「桜井さんも歌っているんだよ」とそのひとが言うので調べてみた

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

one two three - Mr.Children

作詞:KAZUTOSHI SAKURAI 作曲:KAZUTOSHI SAKURAI

「戦闘服よりはブレザーがよく似合う」
浴びせられた最終の嫌みが胸をえぐる
君の目からすれば いかにもステレオタイプの半端者だっただろう

高らかな望みは のっけから持ってない
でも だからといって将来を諦める気もない
ぬるま湯の冥利と分別を知った者特有の
もろく 鈍く 持て余す ほろ苦い悲しみ

客寄せ用の無数の風船が
気圧に逆らって散っていった
破裂寸前の自分の心境を それとダブらせてみたりして

僕ならいつも冗談めかしてたりするけれど
ずっと ずっと 考えているんだ
その場しのぎで振り回す両手もやがて上昇気流を生むんだ
別の未来へと向くベクトル 寂しくたって
一歩 一歩 踏み出してかなくちゃ
胸の奥で繰り返す秒読み
今 前人未到の未来へ 1. 2. 3 !

要人を乗っけた黒光りの車
間近で鳴らすクラクションに老人はたじろぐ
いろんな人いるなぁ 僕は君のことを思い出してた 横断歩道

目の前のリングが有刺鉄線でも
そこに立つチャンスをそっと狙ってるんだよ
逆転勝ちをしてる光景を目に浮かべ ニヤリ
いつか君に見せよう 戦闘服のカウントスリー

薄暗がりで僕が見ていた一筋の光りに手をやって
世にも奇妙な力手に入れる
なんてある訳が無いけれど

ビデオに撮った「ショーシャンクの空に」見てからは
もっと もっと 確信に近いな
暗闇で振り回す両手もやがて上昇気流を生むんだ
大人になりきれなくて逆恨みしたけれど
うんと うんと 感謝しているんだ
愛しき人よ 君に幸あるように
もう 後ろなんか見ないぜ 1. 2. 3 !

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

あ、ほんとうだ




【ストーリー】
ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。
最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、
刑務所内の古株で"調達係 "のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。
そんなアンディが入所した2年後のある時、
アンディは監視役のハドレー刑務主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、
受刑者仲間たちへのビールを獲得する。
この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく 。

| | コメント (0)

ビタミンF

Vi20091005_

「ビタミンF」★★★★☆
重松 清 (著)




重松清が新しくつくった栄養素、ビタミンF
Family,Father,Friend,Fight,Fragile,Fortune......Fiction

そこには、エッセイ「明日があるさ」で言う「余り」、居心地の悪さが点在する。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

父親は、東京に出ていった息子に、なにかを託そうとしたのだろうか。
だとすれば、「はずれ」だ。
自分の願いどおり上京して、二十二年になる。
ふるさとにいた頃よりも上京してからの年数の方が長くなった。
願いどおりに生きてきたわけではなかった。
我慢をして、妥協をして、ときどき愚痴をこぼしながら小さな暮らしをなんとか支えて、今日まで来た。
目標や義務はたくさんある。だが、夢は——ない。
探せば見つかるのかもしれないが、「ある」と言い切るのが気恥ずかしい。
目の前にある、やらなければいけないことをこなしていくうちに年老いてしまうのだろうと覚悟を決めている。
ふるさとから遠く離れた東京で、自分と似たような人生を過ごしている息子を見たら、父親はなんと言っただろう……。
(はずれくじ)

和美が本気で愚痴っているわけではないことは、雄介にもわかっている。
心配ごとのなにもない暮らしが逆に心配になって、ささやかな不満や不安や悩みのタネを見つけたがっているだけだ。
(セッちゃん)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




「ゲンコツ」
「はずれくじ」
「パンドラ」
「セッちゃん」
「なぎさホテルにて」
「かさぶたまぶた」
「母帰る」




出版社/著者からの内容紹介
このビタミンは心に効きます。疲れた時にどうぞ。「家族小説」の最高峰。直木賞受賞作!

38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。
40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。
妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。
36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた……。
一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。
「また、がんばってみるか」、心の内で、こっそり呟きたくなる短編七編。直木賞受賞作。

内容(「MARC」データベースより)
ビタミンFは、家族(FAMILY)から生まれる、こころのビタミン。
Father、Friend、Fightなど「F」で始まる言葉をキーワードにした7つの家族の物語。
『小説新潮』掲載の短篇をまとめる。

| | コメント (0)

2009/09/19

カンガルー日和

Haruki20090827_

「カンガルー日和」★★★★☆
村上 春樹 (著), 佐々木 マキ (イラスト)




「やれやれ」
をいくつか見つけた
もう、小説の読み方がおかしい
やれやれつけるだけで春樹風

村上龍では、
「輪郭が曖昧になる」
を探すし、

江國香織の
擬音語・擬声語・擬態語

よしもとばななの
あえてのひらがな

文字の中の宝探し

おもしろいです


23編の短い小説

ある小さな雑誌のために書きつづけたもの

「図書館奇譚」だけが例外で長い
連続ものの活劇を読みたいという春樹の奥さんの要望

いいなーいいなーいいなーこおゆうのいいなー


「図書館奇譚」で羊男に再会
いろいろなところで会いますね
こないだ、「中国行きのスロウ・ボート」の「シドニーのグリーン・ストリート」でお会いしたばかりですね
読む順番バラバラだと不意打ちでたのしいですね、やれやれ




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「とにかく生きなさい。生きる、生きる、生きる。それだけ。私はただの——形而上学的な足の裏を持った女の子なの」
(1963/1982年のイパネマ娘)

目のつけどころは面白いのですが、風景が読み手に伝わってこないのです。
どうか鋭くあろうと思わないで下さい。
文章というのは結局は間にあわせのものなんです。
(バート・バカラックはお好き?)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




* カンガルー日和
* 4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて
* 眠い
* タクシーに乗った吸血鬼
* 彼女の町と、彼女の緬羊
* あしか祭り
* 鏡
* 1963/1982年のイパネマ娘
* バート・バカラックはお好き?
* 5月の海岸線
* 駄目になった王国
* 32歳のデイトリッパー
* とんがり焼の盛衰
* チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏
* スパゲティーの年に
* かいつぶり
* サウスベイ・ストラット―ドゥービー・ブラザーズ「サウスベイ・ストラット」のためのBGM
* 図書館奇譚




内容(「BOOK」データベースより)
時間が作り出し、いつか時間が流し去っていく淡い哀しみと虚しさ。
都会の片隅のささやかなメルヘンを、知的センチメンタリズムと繊細なまなざしで拾い上げるハルキ・ワールド。
ここに収められた18のショート・ストーリーは、佐々木マキの素敵な絵と溶けあい、奇妙なやさしさで読む人を包みこむ。

| | コメント (0)

2009/09/18

ホテルカクタス

Kakutasu20080901_

「ホテルカクタス」★★★★★
江國 香織 (著)



このものがたりに、「人間」は出て来ません

登場人(?)物はホテルカクタスに暮らす「帽子」と「きゅうり」と「数字の2」


それぞれの性格が身体的特徴と絡めてある


帽子:無職、かつて行商で貯めたお金でほそぼそと食いつないでいる。掃除をする習慣がない。ウイスキーを好む。カメを飼っている。読書家。

きゅうり:ガソリンスタンド勤務。親孝行。おおらか。筋トレが趣味。身も心も真っ直ぐで椅子に座れない。

数字の2:役場勤務。優柔不断。神経質。友達に打ち解けるのに時間がかかる。割り切れないことが嫌い。


書き出してみるとおもしろいな、これ
勝手に登場人物増やしたい
えんぴつとか手袋とか風船とか、あげたらきりがない


わたしがいちばん気に入っているエピソードはこれ↓

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最終レースに賭けるとき、帰りのバス代をちゃんととりわけておいたのは、2だけだったのです。
帽子の財布もきゅうりの財布も、すっかり空でした。
「信じられない」
2はあきれましたが、その言葉には、ほんのすこし憧れが込められていました。
一体どうすればそんなふうに無謀になれるのか、2には見当もつかなかったからです。
きゅうりはへいちゃらでした。
いい機会だと、言って、アパートまでジョギングをして帰りました。
きゅうりが言うには、「ジョギングは有酸素運動なので、きゅうりの果肉をひきしめ、体内の水分をきれいにする」そうです。
困ったのは帽子です。
バス代はないし、かといってジョギングなどごめんです。
仕方がなく、2は、帽子をかぶって帰りました。
そうすれば一人分のバス代で、二人とも帰れますからね。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

すごい、目から鱗

あと、

コツコツと、どしんどしんと、ぴょんぴょんと、ちょろちょろと、ぬくぬくと、ひらひらと、ぎしぎしシャーシャー、ゴトン、
ぼどだぼどだぼどだ、ちりんと、すとんと、ぴゅうと、ざらりと、ぴと、ぴと、と、

擬音語・擬声語・擬態語

効果的にたくさん使われていて、そこからリズムがうまれる

読んでいて楽しい

文体が、童話のようで、とても短いものがたりなんだけど、言葉の力が凝縮されている
豊かな気持ちにしてくれるものがたり




「きっかけ」
「三人の部屋」
「ばくち」
「いまここに必要なもの」
「恋」
「ある日曜日の発見」
「胸襟」
「きゅうりの生き甲斐」
「2の誕生日」
「音楽」
「どろぼう」
「詩人ごっこ」
「帽子の思い出」
「眠れない夜」
「きゅうりの里帰り」
「不変なるもの」
「初雪」
「どんちゃん騒ぎ」
「約束」




内容(「BOOK」データベースより)
街はずれにある古びた石造りのアパート「ホテルカクタス」。
その三階の一角には帽子が、二階の一角にはきゅうりが、一階の一角には数字の2が住んでいました。
三人はあるきっかけで友達になり、可笑しくてすこし哀しい日々が、穏やかに過ぎて行きました…。
メルヘンのスタイルで「日常」を描き、生きることの本質をみつめた、不思議でせつない物語。
画家・佐々木敦子との傑作コラボレーション。

| | コメント (0)

2009/09/17

王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法

Banana20090827_

「王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法 」★★★★★
よしもとばなな (著)




よしもとばななを読むようになってから
自分のために時間を使えるようになった
全てに立ち向かうのをやめられた
何者かにならなくてもいいのだと思うと楽になった

考えても仕方のないことを考えて、まだ起こっていないことで勝手に不安になる
今を無駄にするより、今を楽しむ方を選んだ

「ひとつのことをやるときにはそのことだけをやること」
これが当分の目標

伊豆シャボテン公園、行ってよかった




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

でもきっと「簡単にリセットできるつもりになれる痛みのない世界」を創りたかった人がいて、
都会というのはきっとその人たちが描いた夢と幻の世界なのかもしれないな、と思うことがあった。

その夜はくりかえしそのメールを見た。
ちょっと休んでは見て、また忘れた頃に見て、風呂上がりに水を飲みながらまた見て。
十五回目くらいに見てさすがに意味が薄まってきたとき、気が落ち着いた。
そして、電話してみた。
そうなってからでないと、おかしなことを言ってしまいそうだったので時間がかかったのだ。

ああ、あの時、楓が去っていく時に流した涙の勢いに比べて、なんて今の淋しさは中途半端なのだろう。
電波のように私の脳に入ってきて、影響を受けてしまう。
きっとこの都会には私のような気持ちを抱いている人が、たくさんいるのだ。
仕事は忙しいし、愛する人々もいるのに、何かから切り離されたような中途半端な気持ちで、
生きているのかなんなのかわからない気持ちの中に閉じこめられている。
この、夜をぼうっと覆っている催眠術の中に。

おばあちゃんは「ああいう人は型に飲まれてしまっているから、自分だけの秘密を持たなくてはいけない」とよく言っていた。
それが変態趣味でも、畑仕事でも、家族に熱心になるのでもなんでもいいから、自分だけの生活か時間を持たないと、
依存しているうちに型に飲み込まれ、取り返しがつかないところまで行ってしまう、とよく言っていた。

まず、自分がその新しい環境をもてあまし、退屈して、淋しがっていることを認めることです。
そして、漠然とTVをつけたままにしておくのをなるべくやめること。
当分は、解毒のお茶を飲んで、お料理でも、散歩でも、仕事でも、サボテンの世話でも、
とにかくひとつのことをやるときにはそのことだけをやること。
入ってくる情報の量を制限して、脳を休ませること。
TVは最高においしいチョコレートだと思って、大切に観ること。観るときはじっと観ること。
なにより、せっかく縁があってやってきてくれたTVを、嫌いにならないこと。
敵だと思う力と、それに惹きつけられる力は、全く同じものなのです。
そして何よりも、罪悪感を持たないでください。
弱い自分に、ちょっとしたことで変化してしまった自分に。
誰でも、そうなのです。あなただけきれいでいることはできません。
反省して生活を変えるのは大いにけっこうですが、罪悪感は、その、退屈な淋しさにとっての、おいしい餌のようなものです。

口が先にしゃべるときには、二種類の感じがある。
ひとつは、ほんとうに言いたいことではない、自分の言葉ではないことを、場の雰囲気でついしゃべってしまうようなとき。
そして、もうひとつは、ほんとうは言いたくてしかたなかったことを自分で制限して言えずにいて、
誰か信頼できる人を前にしたときに言葉が生き物のように飛び出てしまうときだ。

「おまえは、そうでないと自分を思い込ませようとしてるけど、実は思い切り過去にしがみついてるんだよ。執着しているんだ。
そして、自分をすごく特別な存在だと思っているけど、その根拠がなくなりそうで、すごくあせってるんだよ。」

そして、あることに初めて気づいた。
そうか、楓は、夢の中では目が見えるのだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




出版社/著者からの内容紹介
忘れかけていた胸騒ぎよ、よみがえれ! 魂の色つやを守り抜け! 
今を生きる読者に宛てたよしもとばななの、長い長い手紙。
ライフワーク長篇、第二部。物語の奥深くから、今、最初の光が届く。

| | コメント (2)

2009/09/16

美味しかったものメモ じゅうさん

Tabemono200909151Tabemono200909152Tabemono200909153Tabemono200909154

左から、イクラ丼、ウニ丼(地魚食事処さかなや)、サボテンソフトクリーム(伊豆シャボテン公園)、メリーゴーランド
(びっくりドンキー)

Tabemono200909155Tabemono200909156Tabemono200909157Tabemono200909158

左から、刺身盛り合わせ、さざえ、つぶ、カサゴのからあげ、茄子(民宿ぜいもや)

Tabemono2009091511Tabemono2009091512Tabemono200909159Tabemono2009091510

左から、海老焼き、アジの開き干し(民宿ぜいもや)ざるそば、ラーメン(大室茶屋)

Tabemono2009091513Tabemono2009091514Tabemono2009091515Tabemono2009091516

左から、タイ風ホットチキンライス、カツカレー(ジョナサン)、トムヤムクン(無印良品)

Tabemono2009091517Tabemono2009091518Tabemono2009091519Tabemono2009091520

左から、那須和牛にんにく肉味噌(頂きもの)、鴨つけそば(なか卯)、サクサクごぼう天ぶっかけうどん(セブンイレブン)

| | コメント (2)

2009/09/15

→ 多々戸浜海水浴場 → 入田浜

Uni20090915Ikura20090914

おはようございます 4日目の朝です
3日目の夜に帰る予定でしたが、遊び疲れて疲労困憊だったので、まどが浜海遊公園にて車中泊
この旅は、民宿、キャンプ、車中泊のフルコースだったなあ もうどこでも寝られる自信あり

道の駅開国下田みなと内の地魚食事処さかなやで、ウニ丼、イクラ丼

Irita200909063Sa200909151

Sa200909152Sa200909153

多々戸浜海水浴場 ボディボード持っていったけど、結局使わなかったなあ

Irita200909065

あか しろ き 

Irita200909066

そして入田浜へ

Hana20090915Irita200909064

Irita200909067

南国ちっく

Umi200909151Umi200909152

現代アートのような監視台 海特有のトイレ

Irita200909068

海へ抜ける道

Irita200909069

砂の波紋 まだ誰も歩いていない砂浜

Irita2009090610

きゃっ

Irita2009090611

ほー

Irita2009090612

ビーチ独り占めの図

Midori20090915

みどりを眺めて帰りました

おわり 

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました

00000
http://f.hatena.ne.jp/slideshow/jyamichu/rss


| | コメント (2)

2009/09/13

入間キャンプ村 → ヒリゾ浜 →

Hirizo200909061Hirizo200909062

おはようございます 3日目の朝です

この日は無事晴れてくれて、シュノーケル日和 良かった〜

Hirizo200909063Hirizo200909064

朝ご飯はみそ汁とチャーハン

そして、ヒリゾ浜へ渡るため、船へ

Hirizo2009090621

あ、あれは!

Hirizo200909066

ありったけのー♪ ゆーめをー♪ かきあつーめー♪
さがしものーを♪ さーがーしーにいーくのーさー♪ ワンピース♪

ま、まさか、麦わら海賊団に入ることになるとは…(笑
55巻がおもしろすぎて大変!

Hirizo200909065

風が気持ちいい

Hirizo200909067

速い〜

Sakana200909134

空が眩しい

Hirizo20090913

ぶっ飛んだパラソルをつかまえたままここで転倒したため、この日から10日経った今、私の右腕と右足はタイダイ模様
あちこちでDV疑惑浮上中です

Mizu200909133Mizu200909134

この日のためにダイエットしたから、ウェットスーツスムーズに着れたっ 
水が冷たくて完全に潜るのに躊躇しています ぶくぶく

Mizu200909131Mizu200909132

冷たいっ 
前回のヒリゾ(http://wpg.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_4142.html)は多少濁ってたけど、今回は澄んでる

Sakana200909132

青い

Sakana200909133

シュノーケルは9月が良いと聞いていたけど、本当だった 

Hirizo2009090613

ひとやすみ

Sakana200909131

Sakana200909136Sakana200909137

すごく綺麗だったー トロピカルな魚たちと一緒に泳ぎました

Hirizo2009090617

ウニがいっぱいいた

Hirizo2009090619Hirizo2009090620

ビフォーアフター 潮の満ち引き 地球の神秘

Sakana200909138Sakana200909139

潮が満ちた後の岩の下の青さ なんて美しい

Sakana200909135

やっぱり海が好き 楽しかったー

つづく

| | コメント (0)

2009/09/10

民宿ぜいもや → 九十浜 → 海遊の足場 → 下田海中水族館 → 入間キャンプ村

Suizokukan200909061

おはようございます 2日目の朝です
民宿ぜいもやの朝食 アジの開き干しがすごーくおいしかった ご飯がすすみました

Suizokukan200909063

この日の目的である九十浜へ行きましたが、波が荒くてシュノーケル断念
こんな荒波の九十浜初めて見た タコ獲る気満々だったのにな

下田シュノーケル車中泊の旅〜九十浜編〜(伝説のタコ獲り名人)
http://wpg.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_0010.html

Suizokukan200909064Suizokukan200909065

この日の九十浜は死のにおいがしました 

Suizokukan200909067

下田に行く度に寄る毎度おなじみの海遊の足湯(まどが浜海遊公園内にある無料の足湯) 

Suizokukan200909068

予定変更 急遽下田海中水族館に行くことにしました

Suizokukan200909069

壁画かわゆす

Suizokukan2009090610

Suizokukan2009090611Suizokukan2009090612

女の子の手の動きにペンギンがついてきてかわいかった

Suizokukan2009090613Suizokukan2009090614

エイとカメ

Suizokukan2009090615Suizokukan2009090616

イソギンチャクとヒトデ

Suizokukan2009090617100Suizokukan2009090618200

クラゲとクマノミ

Suizokukan2009090629100Suizokukan2009090628200

左:トイレットペーパーがかわいいの お土産屋さんで売っていたので購入
右:ドクターフィッシュ ユネッサンのドクターフィッシュが今のところわたしの中で不動の一位だな

Suizokukan2009090619

魚の餌付けショー@ アクアドームペリー号巨大水槽

Suizokukan2009090620

すごおい! わたし、この仕事したいんですけどっ

Suizokukan2009090621

このでっかいエイがことごとくダイバーさんの邪魔をしてウケました 目立ちたがり過ぎ

Suizokukan2009090622

ウツボ!

Suizokukan2009090623

もぐもぐ おいしそう

Suizokukan2009090624

海上ステージのイルカショー
ドルフィンサーフィン 
イルカに乗ってサーフィンするなんて、イルカもすごいが、トレーナーさんすごすぎる!

Suizokukan2009090625

しかもジャンプ!
かっこよすぎました これは、もてるわー

Suizokukan2009090626100Suizokukan2009090627200

サクラコとハルキチ ラブラブだ〜

Suizokukan2009090635

アシカショー@マリンスタジアム

トレーナーさんとエリーの息がぴったりで、恋人同士みたいなの
エリーは自分が人間だと思ってるんじゃないかな
なんか、見ててせつなくなったよ

Suizokukan2009090633Suizokukan2009090634

この写真じゃ「マリンファンタジー」の華麗さが伝わらないのが残念
トレーナーさんのカメラ目線頂きましたっ

Suizokukan2009090638

「あなたに代わってイルカが贈り物!
当館で毎日開催しているカマイルカのショー中にお客様に参加していただくプログラムがあります。
この中でイルカと握手や、簡単なブロックサインをだしてジャンプなどをしていただく事ができます。
今回、サプライズプランとしてイルカからプレゼントを渡してほしいと言う方!是非、ご連絡下さい。」
詳細はこちら http://www.shimoda-aquarium.com/news/20090130.html

このサプライズ、娘さんからお父さんに誕生日プレゼントとして贈られたんだけど、ドラマがあるの
娘さんの旦那さんがイギリス人で、二人でイギリスに行っちゃうんだって その思い出作りなの(泣

それ聞いて、ちょびっと涙出たけど、
イルカと握手したお父さんがなかなか手離さなくて、イルカとトレーナーさん動揺、わたし爆笑

Suizokukan2009090636Suizokukan2009090637

輪投げキャッチしたり、ボール運んだり 頭よすぎる

Suizokukan2009090639

そして、ジャンプ! 空飛んでるみたい

Suizokukan2009090640

すごいジャンプ力だあっ
下田海中水族館、かなり楽しめました

Suizokukan2009090641Suizokukan2009090642

この日は入間キャンプ村でキャンプしました 貸し切りでした 

某N氏がテント設置中、わたしは読書

この旅で読んだ本
* 王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法(よしもとばなな)
* ホテルカクタス(江國香織)
* カンガルー日和(村上春樹)

Suizokukan2009090644Suizokukan2009090643

テントを設置したあと、二人ともぐーぐー寝てしまい(わたしはいつものことですが)、スーパーが閉まってしまいました

バーベキューができーん どうする?
となって、コンビニにて焼いたらおいしそうなものを物色しました

ブリトー チーちく ウインナー スモークタン マシュマロ

とろけたチーズ、パキッとジューシーなウインナー 最高

Suizokukan2009090645Suizokukan2009090646

マシュマロの中のチョコが溶けて、あま〜い

たき火を囲んで、小岩井のグレープジュースをビールで割ったやつを飲む ふ〜 しあわせじゃ

つづく

| | コメント (0)

2009/09/09

→ 大室山リフト → 民宿ぜいもや

Rifuto200909061

大室茶屋で腹ごしらえ

Rifuto200909062Rifuto200909063

ラーメンとざるそば 

Rifuto200909064

念願だった大室山リフトに乗りますよー この山、木がなくて変だね

Rifuto200909065

どきどき

Rifuto200909066

これ、落ちても全然大丈夫だなー 背の高い人だったら途中から乗れそう 

Rifuto200909068

お鉢巡りしました のどかだなー

Rifuto200909069Rifuto2009090610

大室山標高580m 低いっ 消えないシャボン玉使ってみました これ、葉っぱとか地面にくっついても消えないくらい強力だー

Rifuto200909067

頂上のすりばち型に窪んでる所でアーチェリーできるんだよ 

Rifuto2009090611

そして、下山

Rifuto2009090612

やっぱり低い(笑 
どこからでもジャンプして降りられそう 夜にやってるリフトにも乗りたいなあ

Rifuto2009090613

本日の宿、民宿ぜいもやへ うめぼしが干してある〜

Rifuto2009090614

いいねーこのかんじ ばあちゃんの家にあそびにきたみたいだ

Rifuto2009090619

漁村の民宿っていいなー 窓を開けた景色

Rifuto2009090615

ひとっ風呂浴びて、ご飯 
どーん 二人でこの量 3時間かけても食べきれなかった

カサゴのからあげ キンメの煮付け 茄子 海老焼き さざえ つぶ もずく酢 カツオのお吸い物 つけもの
目の前の海で獲れた新鮮な魚のお刺身盛り合わせ

対象物置いて写真撮れば良かったな この写真だとあのすごさが伝わらない

Rifuto2009090616Rifuto2009090617

あーおなかいっぱい ビール飲んでごろごろ

Rifuto2009090618

浴衣も着たぞ もう一回お風呂入って就寝

つづく

| | コメント (2)

2009/09/07

伊豆シャボテン公園 →

Izu200909061

黄金の国ジパング

Izu200909062Izu200909063

謎の切り株

9月1日(火曜日)、伊豆に到着。
まずは、伊豆シャボテン公園へ。

よしもとばななの小説「王国」の舞台になっています。
2001年の彼女の日記に取材の様子が載っていました。
http://www.yoshimotobanana.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?yy=2001&mm=09

大室山のカルデラも見たし、リフトにも乗ったし(また後で書きます)、放し飼いの動物たちにもあったし、大満足。
好きな作家さんが感動して活字にしたものを読んで感動したわたしが、それを実際に見に行って感動する。感動の連鎖。素晴らしい。

Izu200909064

放し飼いの孔雀が出迎えてくれました
すごい優雅に歩くね〜 羽、拡げてくれなかった ざんねん

Izu200909065

Izu200909066Izu200909067

この、あきらかに作り物って分かる花、かわいい

Izu200909068Izu200909069

チケットと黄金虫

Izu2009090610Izu2009090611

左:おっぴろげー 動きがお疲れ気味のおじいちゃんにしか見えなかった
右:コモンマーモセット 妊娠期間は5ヶ月で、そのほどんどが双子なんだって 

Tori200909071Tori200909072

Izu2009090612

この鳥、めっちゃでかいから飛ばないと思ったの(孔雀みたいなかんじかなーと)、
そしたら、近付いて来て(よけてくれるかなーと思いながら狭い道を通ろうとしたら、よけるどころか、お前がよけろよ的な
威圧感で、それがもう恐怖だった)、いきなりバサバサッって飛んだの
「ぎゃ、ぎゃああ〜っ 襲われるかと思った〜」
ってぶるぶる震えてたら、飼育係さんがにこにこしながら
「ここの子で襲ってくる子はいませんよ〜」
って 仏かと思うくらいの笑顔だった

Izu2009090613

そして、わたしが最も愛する動物

Izu2009090614

フラミンゴとご対面 
柵がないんだよ しかも逃げる気ゼロ 美しかった〜

Izu2009090615

でーん ハシビロコウ 名前はビル ビルじいさん
この子動かないんですけどっ
調べてみたら、国内最長老で、知っている人にはおじぎをするんだってー おじぎっ見たいっ 想像出来てうける

Izu2009090617100Izu2009090616200

ぶひぶひっ 野菜とくだものおいしそう ここのぶたさんは健康そうだー

Izu2009090618Izu2009090619

バクとプレーリードッグ

Izu2009090620Izu2009090621

ミーアキャットの振り向きに萌え萌えキュンキュン

Izu2009090639

「嵐の宿題くん」でガレッジセールゴリの撮った衝撃VTR「亀の交尾」を見たばっかりだったので驚きました 見た人いるかな?

Izu2009090640

そして産まれたっ
って違うけど、これかわいすぎでしょ 亀の親子 この並びもやばいっ

Izu2009090642Izu2009090641

ご飯を食べるカンガルーの赤ちゃんと、ん?あれ?この鳥どっかで見たことある?っていうかここ、どっかに似ていることに
気付いた!おだっち(尾田栄一郎)、もしかしてここに来た?

Izu2009090643100Izu2009090644200

インコと黒鳥
正反対のカラーだよね 黒鳥美しい この子らなんで逃げないんだろ

Izu2009090645

放し飼いすぎる 木の上にもいたり 孔雀がもうめずらしくないってどおゆうこと 正直見飽きました(失礼

Izu2009090632Izu2009090633

さぼてんのキャラ かわいくない

Izu2009090622Izu2009090623

Izu2009090624Izu2009090625

Izu2009090626Izu2009090627

Izu2009090628

いろいろなサボテンと、サボテンの花

Izu2009090629

ジャングルみたい

Izu2009090630

サボテン王国

Izu2009090631

この形は…

Izu2009090634

Izu2009090635Izu2009090636

ミニサボテン 並んでるとかわいい

Izu2009090637

Ikoku200909071Ikoku200909072

Ikoku200909073Ikoku200909074

異国に来たようだ

Izu2009090646

鳥の頭が鳥だらけ

つづく

| | コメント (2)

民宿ぜいもやのお風呂と、平六地蔵の湯と、千人風呂

9月1日から4日まで下田に行ってきました。

1日目は民宿ぜいもやのお風呂、2日目は平六地蔵の湯、3日目は千人風呂に入りました。


民宿ぜいもやは、民宿特有の雰囲気があって、ものすごくリラックスできました。
掃除が隅々まで行き渡っているから、狭くても、古くても、大切に使っているんだなあと、とても好感がもてます。
天然温泉、24時間利用可能、貸し切り可能です。
普通の水道の蛇口から温泉が出て来て、しかもそれが出しっ放しなので、とても贅沢な気分になります。申し訳ないくらいです。


Furo200909061Furo200909062

平六地蔵の湯は、下田に行く度に利用する、無料の露天風呂。
混浴です。水着着用が義務付けられています。
温泉のガイドブックにも載っていますが、夜に行くと誰もいなくて、穴場的なかんじがあり、とても気に入っています。
無料なのにじゃぶじゃぶと滝のように流れ出る湯量はとても贅沢。


Sennin200909061100Sennin200909063

Sennin200909064Sennin200909065

写真:千人風呂入口、休憩所


混浴がメインの温泉は、フジロック終了後帰りに入った法師温泉長寿館の件があり、あまり気が進まなかったのですが、
某N氏がどうしても千人風呂に入りたいと言うので行きました。

服を着たまま、どういう感じなのか、混浴の浴槽を見に行く約束をしましたが、ちらっと見て、あまりお客さんがいなかったので、
入っちゃいました。初本格(水着NG、タオルNG)混浴。

| | コメント (4)

2009/09/05

最近買ったもの(と、頂いたもの)メモ じゅうよん

Kaimono200910051Kaimono2009100521Kaimono200910053Kaimono2009100522

左から、ソープトリオ オレンジ サツマソープ マンゴーソープ パパイアソープ、ココナッツ フォーミングバス(The Body Shop)、
大島椿(大島椿)

Kaimono200910055Kaimono200910056Kaimono200910057Kaimono200910058

左から、耐熱ガラスポット(無印良品)、カルビナ(頂きもの)、ライター(誕生日プレゼント)

Kaimono200910059Kaimono2009100510Kaimono2009100511Kaimono2009100512

左から、体重計、OLYMPUS CAMEDIA X-350、防水プロテクタ(誕生日プレゼント)

Kaimono2009100513Kaimono2009100514Kaimono2009100515Kaimono2009100516

左から、ショーシャンクの空にDVD(誕生日プレゼント)、潔く柔く10、いとしのニーナ3(いくえみ綾)、おまもり(頂きもの)

Kaimono2009100517Kaimono2009100518Kaimono2009100519Kaimono2009100520

左から、バースデーカード、LA DOLCE VITA ノート、fluff ニューコインパース(誕生日プレゼント)、えんぴつ(伊豆シャボテン公園)

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »