« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/27

最近買ったものメモ じゅうはち

Kaimono200912261Kaimono200912262Kaimono200912263Kaimono200912264

左から、フラップキーキャップ(mother×ojaga)、ガラススタイルミスト、ゴム手袋(3COINS)

Kaimono200912265200Kaimono200912266Kaimono200912267Kaimono200912268

左から、タオルハンカチ(ANNA SUI、Vivienne Westwood)、ファブリーズファブリックリフレッシャー(ドンキホーテ)、
CHAI(KALDI)

Kaimono200912269100Kaimono2009122610Kaimono2009122611Kaimono2009122612

左から、もこもこくつした(3COINS)、Dr.Martens 14ホール、ムートンブーツ(クリスマスプレゼント)、ナイロンバック
(HYSTERIC GLAMOUR)

Kaimono2009122613Kaimono2009122614Kaimono2009122615Kaimono2009122616

左から、タイダイキャミソール(one*way)、ワンピース(むげん堂、らこっと)

Kaimono2009122617Kaimono2009122618Kaimono2009122619Kaimono2009122620

左から、ファーリーフリースリバーシブルジャケット(ユニクロ)、ワンピース0巻(尾田栄一郎)、サイバークリーン(楽天市場)、
キャンドル(coucou

| | コメント (0)

2009/12/24

軍艦島1975-模型の国-

Gunkan20091222

「軍艦島1975-模型の国-」★★★☆☆
監督:演出:今村秀夫




25分間の記録映像。

2010年1月、ついに行ってきます!

軍艦島に興味がある人と、廃墟マニア意外の方は観ない方がいいです。




【内容】
1975年に撮影された軍艦島の映像を初DVD化!
軍艦島は、長崎県長崎市に属する「端島」のことで、そのシルエットが軍艦に似ていることから"軍艦島"といわれている。
明治時代から炭鉱として栄えたが、 1974年1月に炭鉱が閉山。
最盛期には5,000を超える住民がおり、居住施設の他にもあらゆる施設が密集していた。
廃墟ファンの間では伝説的な存在である。
近代の遺産としても注目が集まり、世界遺産への登録運動も進んでいる。


無人化した軍艦島の魅力が満載!
廃墟ファンに根強い人気を持つ長崎県・端島、通称"軍艦島"。
近年、世界遺産におす声もあり、ブーム再燃の兆しをみせるこの遺跡をアバンギャルドな演出によりフィルムで撮影した超レア作品!
撮影は無人化した1年後の1975年。
家、学校、病院…まだ人々の暮らしの生々しさが残る島内の様子は廃墟ファン必見!

| | コメント (0)

2009/12/23

メモ:Hot spring

12月22日(火)湯楽(ゆら)の里 所沢温泉に行く。
冬至だったのでトルマリン風呂がゆず湯になっていた。
体の芯からぽかぽかになった。

| | コメント (0)

2009/12/22

ONE PIECE FILM STRONG WORLD

※ネタバレあり

090922_onepiece_main

ONE PIECE FILM STRONG WORLD★★★★☆
監督:境 宗久
俳優:田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、チョー




公開4日目に観てきました。
子供ばっかりだったらどうしよう…と思っていましたが、ほとんどが大人でした。
レイトショーだったのに、ほぼ満席。

ONE PIECEに対する想いが強すぎたのか、正直、少し、がっかりしてしまいました。

思いのほかベタだった…
面白かったけど、凝縮しようと変にまとめに入っちゃったのか、シキがわりとあっさりやられちゃった感あり。
ロジャーのライバルだった人でしょ?!ううむ。

ルフィしか活躍してないし、この間ロビンさらわれたばっかりなのに、今度はなみかい!っていう。
もっとロビンのミステリアスな部分を全面に出して欲しかった。
それがないと、なんていうか、子供映画なんだよねえ。

わたしは泣く気満々だったんです。

0巻はすごくおもしろい。これをジャンプに掲載しないで、映画にした方が良かったのでは?

星は0巻をGET出来た喜びを含めた数です。




<内容>
大航海時代。
伝説の海賊王、ゴールド・ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐって、海賊が壮絶な戦いを繰り広げていた。
そんな中、 “偉大なる航路(グランドライン)”をサウザント・サニー号で突き進むルフィ海賊団。
今回は、海賊王と並ぶ世界最強の男・悪魔の実の能力者“金獅子のシキ”が彼らの前に立ちはだかる!
累計発行部数1億6,500万部を誇る、尾田栄一郎の人気漫画の映画化第10弾。

| | コメント (0)

2009/12/20

蛇を踏む

Hebi20091130

「蛇を踏む」★★★★☆
川上 弘美 (著)




何かを書くのは大好きなのですが、ほんとうにあったことを書こうとすると、手がこおりついたようになってしまいます。
ほんとうにあったことではないこと、自分の頭の中であれこれ想像して考えたことなら、いくらでもつるつると出てくるのですが。
自分の書く小説を、わたしはひそかに「うそばなし」と呼んでいます。
(あとがきより)

家族の人数は五人でなくてはならない、人柱で虫を呼び寄せるなどの風習、体が縮む、コーヒーが夜になるなど、
現実には起こるはずのないことが川上弘美の世界では現実に起こるのである。
古くから言い伝えられているむかしばなしのような印象を受けた。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「嫌いだったの」
「何が」
「教えること」
「ほんとう」
「………」
「違うんじゃないの」
「違うかもしれない」
「ほんとはどうだったの」
女はさらにビールを飲んで、さらにつぎ足した。
女の腕に鳥肌がたっていた。
鳥肌のたった腕の皮膚も薄く白かった。
「消耗したからかもしれない」
教師に対して生徒が何か求めてくることは少なかったが、求められているような気がしてきて、求められないことを与えてしまうことが多かった。
与えてからほんとうにそれを自分が与えたいのか不明になって、それで消耗した。
与えるという気分も嘘くさかった。
(蛇を踏む)

いくら注いでもコップが一杯にならないと思ったら、コーヒーだったはずの液体が、いつの間にか夜に変わっているのだった。
コップに注がれている夜を覗き込むと、表面に近いところには小さな星やガスがうずまいていて、その底では何かが笑っていた。
ぞっとして流しにコップを運び、入っていた夜を全部こぼしてしまおうとしたが、いくらこぼしても果てがない。
一時間こぼしても、夜はぜんぜん尽きない。
排水口に吸い込まれても吸い込まれても、尽きない。
あきらめてコップを戻してもう一度覗くと、底で笑っている声がますます高くなった。
コップを壁に投げつけると、割れたかけらの間から夜がふわふわと広がり、ふわふわの中から笑いの主があらわれた。
大きなニホンザルだった。
(惜夜記 5 ニホンザル)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容(「BOOK」データベースより)
藪で、蛇を踏んだ。
「踏まれたので仕方ありません」と声がして、蛇は女になった。
「あなたのお母さんよ」と、部屋で料理を作って待っていた…。
若い女性の自立と孤独を描いた芥川賞受賞作「蛇を踏む」。
“消える家族”と“縮む家族”の縁組を通して、現代の家庭を寓意的に描く「消える」。
ほか「惜夜記」を収録。

| | コメント (0)

2009/12/17

Kodomo Music & Art Festival '09

Kodomo200912161Kodomo200912162

Kodomo200912163Kodomo200912164

日曜日、Kodomo Music & Art Festival '09に行ってきました 無料です

生の音を聞きながらフリマなんて贅沢 フリマ大好き ガラクタの中から宝物を探すのだ

Kodomo200912165

気球船にみんな気付いていない

Kodomo200912166

ライブ会場とフリーマーケット会場がドッキング

Kodomo200912167

らぞく(http://www.razoku.net/

らぞくと、Shing02(http://www.e22.com/shing02/)はステージ前で見ました

Kodomo200912168Kodomo200912169

らぞくの曲のリズムにあわせて踊る黒い革ジャンを着た男にみんな釘付け
あのキレの良さはマイケル級 らぞくをBGMにしてしまった 彼が主役だった

Kodomo2009121650

Kodomo2009121610

こどもたちによるライブペインティング ステージ中央にアーティスト、その両隣にこどもアーティスト

Kodomo2009121611

帰りに見たサッカー少年たち 最近代々木公園出没率高し

| | コメント (0)

2009/12/14

美味しかったものメモ じゅうはち

Tabemono200912141Tabemono200912143Tabemono200912145Tabemono200912144

左から、煮物、ふぐ唐揚げ、しゃぶしゃぶ(木曽路)

Tabemono200912142Tabemono200912146Tabemono200912147Tabemono200912148

左から、てっさ、きしめん(木曽路)、広島産カキの味噌煮込みうどん定食、コラーゲン入り鶏と野菜の白湯鍋定食(大戸屋)

Tabemono200912149Tabemono2009121410Tabemono2009121411Tabemono2009121412

左から、お通し、てっさ、牡蠣、湯豆腐(四季料理 奈良)

Tabemono2009121413Tabemono2009121414Tabemono2009121415Tabemono2009121416

左から、鮃の刺身、出し巻き玉子(四季料理 奈良)、コーヒー、海老ドリア(珈琲専門館 伯爵)

Tabemono2009121417Tabemono2009121418Tabemono2009121419Tabemono2009121420

左から、もずく酢、ゴーヤチャンプルー、刺身三点盛、ジーマミー豆腐(沖縄料理居酒屋・泡盛・焼酎島人 )

| | コメント (0)

2009/12/10

ポップアートのある部屋

Pop20091130

「ポップアートのある部屋」★★★★★
村上 龍 (著)




この本自体がひとつの作品になっています

「旗」ジャスパー・ジョーンズ
「鏡を見る少女」ロイ・リキテンシュタイン
「グレイト・アメリカン・ヌードNo.54」トム・ウェッセルマン
「グレイト・アメリカン・ヌードNo.98」トム・ウェッセルマン
「花」アンディ・ウォーホール
「エルビスⅠ・Ⅱ」アンディ・ウォーホール
「マリリン・モンロー」アンディ・ウォーホール
「ロックンロール・コンボ」ジョージ・シーガル
「ひげを剃る」ジェームズ・ローゼンクイスト
「徴候」ロバート・ラウシェンバーグ
「花嫁」クレス・オルデンバーグ
「感じさせて!」アレン・ジョーンズ

のポストカード付きです

当初、エッセイだと思って読んでいたので、小説家はここまで私生活を売り物にしなきゃいけないのか、大変だな、
しかし、ここまで書いたらさすがに捕まってしまうのでは、と心配してしまいましたが、小説だったようです

内容はドラックとセックス、そしてアート

プールを沸騰させるくだりはさすが村上龍だと思いました 奇天烈!




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

美術教師だった父の本棚に、アメリカン・アートという一冊があって、確か小学校の五年か六年だったと思うが、
初めてリキテンシュタインの絵を見た。
ポップアートは、私の心を打つわけでも揺すぶるわけでもなく、また内部に染み入ってくるわけでもなかった。
ただ、表面に張り付いたのである。
スタンプのように、張り付いたのだ。
(まえがきより)

「あの人にとって、エルビスがすべてだったの、人生のすべてがエルビス・プレスリーだったのよ」
「でも、僕にはエルビスの話だけはしなかったけどなあ」
「大事すぎるからよ、あの人は、エルビス・プレスリーと自分が違う人間なんだってことがものすごく苦痛で、
人と付き合えなくなったの」
「あのボーリングのボールは?」
「Cはボーリングがとても上手だったの、
それもエルビス・プレスリーがボーリングをやってる写真を見てから急にすごい練習したのよ、
あたしはそこが好きだった、
ボーリング場で知り合って、ボーリング場で何度かデートをして、結婚したわ、
ボーリングをしてるCが好きだった、違うわね、ボーリングをしてるCだけが好きだったわ、
あたしは悪い妻だったかも知れない、でも、もっと悪いのはCなのよ」
「どうして?」
「あたしの名はプリシラよ、わかる?」
「あ、エルビスの結婚相手の?」
「そう、同じ名前なの、Cはそれだけであたしと結婚したの? ひどい男よ」
(引っ越しする未亡人)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



Pop200912101Pop200912102


内容(「BOOK」データベースより)
熱気の60年代〈アメリカ〉は、なんたって既存の価値をひっかり返したリキテンシュタインやウォーホール、ジャスパー・ジョーンズのポップアートだった。
危険で懐しいポップアートをモチーフに描き上げた12編のショートストーリー。
ポストカード付き。どこを切ってもポップ。アメリカンスピリッツ横溢の一冊。

| | コメント (0)

ノーカントリー

Ka20091210_

ノーカントリー」★★★★☆
出演: トミー・リー・ジョーンズ, ハビエル・バルデム, ジョシュ・ブローリン, ウディ・ハレルソン, ケリー・マクドナルド
監督: ジョエル・コーエン;イーサン・コーエン




この映画を観た夜、恋人はうなされていました。アントン・シガー(ハビエル・バルデム)に追われる夢を見たそうです。




内容(「Oricon」データベースより)
作品賞・監督賞などアカデミー賞4部門受賞!
かつてないスリルと興奮に包まれたサスペンス・スリラーの傑作!
荒野で狩りをしていたベトナム帰還兵のモスは偶然ギャングたちの死体と麻薬絡みの大金を発見。
その金を奪ったモスは逃走するが、ギャングに雇われた殺し屋のシガーは邪魔者を次々と殺しながら執拗に彼の行方を追う。
事件発覚後、保安官のベルは二人の行方を探るが、彼らの運命は予測もしない衝撃の結末を迎える…。

| | コメント (0)

ベルヴィル・ランデブー

Bel20091130_

「ベルヴィル・ランデブー」★★★★★
出演: シルヴァン・ショメ
監督: シルヴァン・ショメ




ロシア(チェブラーシカ)、日本(つみきのいえ)、フランス(ベルヴィル・ランデブー)のアニメーションを立て続けに観ました

アニメーションはすごい 可能性は無限大

ベルヴィル・ランデブーは、セリフがほとんどなく、デフォルメされた人物が放つ雰囲気がシュールです

J' veux pas finir mes jours à Tombouctouuuu...

三つ子の歌がすごくいい




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
フランスで100万人を動員する大ヒットを記録。
ノスタルジックでナンセンスな世界観とジャジーな音楽で世界各国の映画賞を総なめにしたフレンチアニメーション。
自転車レーサーの孫を誘拐されたお祖母ちゃんが繰り広げる大救出劇をシュールに描く。

| | コメント (0)

2009/12/06

東京散歩

Fuku200912061Fuku200912062

火曜日、久し振りに電車で都内に遊びに行ってみた
ひとまず、池袋の大戸屋で腹ごしらえ

左:広島産カキの味噌煮込みうどん定食 右:コラーゲン入り鶏と野菜の白湯鍋定食

Fuku200912063300Fuku200912065301

はじめて副都心線に乗りました

Fuku200912066200Fuku200912064201

安藤忠雄が「地宙船」をイメージしたという新渋谷駅にもはじめて行きました

Fuku200912067100Fuku200912068101

Fuku200912069

シンメトリー好きにはたまらない うつくしく無駄のないつくりだった

Fuku2009120610400Fuku2009120611401

中目黒 ずっと気になっていたmother(http://www.mothermother.com/mother/index.html)へ COLLECTIONの世界観がど真ん中

Mothe200912061Mothe200912062

mother×ojagaのフラップキーキャップを購入

Image2009126

指江昌克「MOON」2009 oil on canvas 194x259cm

せっかく中目黒まで来たのでミヅマアートギャラリー(http://www.mizuma-art.co.jp/)に寄りました
そこでやってた、指江昌克展「デファクトスタンダード」

1996年から今の作風になるまでの過程がおもしろい
指江昌克(http://sal-s.com/art/art.html

Fuku2009120612Fuku2009120613

池袋に戻って、珈琲専門館 伯爵
コーヒー飲んだり、本読んだり、談笑したり、海老ドリア食べたり
ここ、まったりできてお気に入りになりました 雰囲気もあやしくて好き

| | コメント (6)

2009/12/05

最後の家族

Saigo20091126

「最後の家族」★★★★★
村上 龍 (著)




自分がいるべき場所はここなんだと確信を持てることがどんなにしあわせなことか。

違和感は、乾き、ひび割れを起こしているところに、気付かぬうちに浸透し、一気に流れ込み、からだをバラバラにする。

確信さえ持てれば、自分が必要としていた答えを誰かにもらえたのであれば劇的に状況は好転する。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「ロックだ」
知美は天井を見上げて呟く。
「ロックはまだいいんだって」
どういう意味だ、と秀吉が聞く。
「クラシックを聴き始めるとやばいらしいよ」
「やばいって何だ」
秀吉は知美にコーヒーを注いでやりながらそう聞いた。
「バッハとかモーツァルトを聴きながら自殺する引きこもりが多いんだって」

からだも精神もボロボロに疲れているときには、激励や慰めは役に立たない。
好きだ、という言葉や仕草だけが、からだの皮膚の内側から自分を支えてくれるのだと思った。

秀吉が何かに腹を立てているのがわかった。
単に心身が疲れているだけではない。
昭子は直感的に、秀吉のプライドが脅かされているのだと感じた。
疲れているだけでは人間は怒りださない。
プライドが脅かされる、つまり生きることに困難さを感じたときに人は怒りだすのだと、カウンセラーに教えられたことがある。

「女性を救いたいというのは、DVの第一歩なんです。
救いたいという思いは、案外簡単に暴力につながります。
それは、相手を、対等な人間として見ていないからです。
対等な人間関係には、救いたいというような欲求はありません。
彼女は可哀相な人だ。だからぼくが救わなければいけない。
ぼくがいないと彼女は不幸なままだ。
ぼくがいないと彼女はダメになる。
ぼくがいるから彼女は生きていける。
ぼくがいなければ彼女は生きていけない。
そういう風に思うのは、他人を支配したいという欲求があるからなんです。
そういう欲求がですね、
ぼくがいなければ生けていけないくせに、あいつのあの態度はなんだ、
という風に変わるのは時間の問題なんですよ。
他人を救いたいという欲求と、支配したいという欲求は、実は同じです。
そういう欲求を持つ人は、その人自身も深く傷ついている場合が多いんです。
そういう人は、相手を救うことで、救われようとします。
でも、その人自身が、心の深いところで、自分は救われるはずがないと思っている場合がほとんでなんです。
自分は救われることがないという思いが、他人への依存に変わるんです」

喪失感は、離れていった大切な人間の記憶を、心のどの場所に仕舞っておくかを決めるために必要なのだと言われた。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




出版社/著者からの内容紹介
ある中流一家・内山家に起こる様々な出来事を、家族4人のそれぞれの視点で描く。
引きこもりやドメスティック・バイオレンスなど、現代がかかえる社会問題をこの家族をとおして、幸せとは何か、家族とは何かを問いかける。
村上龍が描く家族とは…。書き下ろし長編小説。

| | コメント (0)

2009/12/03

つみきのいえ

Tsumiki20091128

「つみきのいえ」★★★★★
監督: 加藤久仁生
出演: 長澤まさみ




ナレーションがないほうを先に観てよかった

なみだがでる

12分とみじかいものがたり




【あらすじ】
まるで「積み木」のような家。
海面が、どんどん上がってくるので、
家を上へ上へと「建て増し」続けてきました。
そんな家に住んでいるおじいさんの、家族との思い出の物語。

★第81回アカデミー賞 短編アニメーション賞受賞

★アヌシー国際アニメーション映画祭2008 アヌシークリスタル賞(最高賞) 受賞

★第12回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞 受賞

その他国内外の映画祭にて20の賞を受賞

| | コメント (2)

チェブラーシカ

Che20091127

「チェブラーシカ 」★★★★★
監督: ロマン・カチャーノフ




チェブラーシカって、ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」って意味だったんだねflair
登場シーンがかわいすぎて悶絶
グッズ化されているチェブしか知らなかったけど、アニメ版は毛の質感がいい!

「ぼくが荷物を持つから、ゲーナは僕を運んで」
「ウーラァーー(万歳)!」

殺人的な愛らしさ 大好き




内容紹介
ロシア史上、最も愛される人形童話
三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品
『チェブラーシカ』

装いも新たに新登場!
◇ニュージャケット
◇デジタルリマスター版
◇ストーリーがわかりやすく、作品をより楽しめる、ナレーション付き日本語吹替版を初収録
◇全四話完全版

1969年から83年にかけて全四話の短編が公開されて以降、ロシアでは知らぬ者がいない、絶大な人気を誇る国民的映画。
主人公のチェブラーシカは2006年のトリノに続き今年の北京オリンピックでもロシアチームの公式マスコットに!

オレンジの木箱に閉じ込められて、遠い南の国からやってきた、大きな耳の小さないきもの。
起こしてもすぐに倒れてしまうので「チェブラーシカ(ばったり倒れ屋さん)」と名づけられたこの正体不明のいきものは、
動物園にも受け入れを拒否され、都会の片隅の電話ボックスで暮らしていました。
そんな彼が出会ったのは、動物園で働く、一人暮らしの孤独なワニ・ゲーナだったのです。
詩情ゆたかな童話的世界を舞台に、動きの細部にまで人間の心をそそぎ込まれた人形たちが、
愉快に働き、歓びをわかち合い、哀しみにふれ、無責任さに怒る。
一見無邪気なエピソードに惹き付けられる一方で、描かれるのは現代にも通じる社会のひずみです。
公開から約40年たった今もなお、ますます人々を魅了するこの古典的名作には、
“かわいい”だけで終わらせることのできない、時代と国境を越えた生命力が満ちています。

<収録作品>
第一話:ワニのゲーナ(1969年製作)
第二話:チェブラーシカ(1971年製作)
第三話:シャパクリャク(1974年製作)
第四話:チェブラーシカ学校へ行く(1983年製作)

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »