« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/31

六本木アートナイト2010

Roppongi201003303
椿昇《ビフォア・フラワー》

六本木アートナイト、コアタイムを狙って行ってきました
http://www.roppongiartnight.com/

去年の様子
http://wpg2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-91c3.html

Roppongi201003304
市川武史《オーロラ '10 Roppongi》

Roppongi201003305
オーロラの中に入っていく人の影

Roppongi201003306_2
Roppongi201003307_2
いつか、本物のオーロラを見たい

Roppongi201003308_2
Roppongi201003309_2
Roppongi2010033010_2
浅野 耕平 《ガーデン》

Roppongi201003302
響アートラウンジ

Roppongi2010033012_2
ド派手な焼き芋屋さん

Roppongi2010033013_2
バック・トゥ・ザ・フューチャーみたい

Roppongi2010033014_2
カンパニー・デ・キダム《ハーバートの夢》

Roppongi2010033016_2
Roppongi2010033018
幻想的なパフォーマンス



Roppongi2010033019
Roppongi2010033020
LEDで光るシャボン玉

Roppongi2010033021
無作為なアート

Roppongi2010033022Roppongi2010033023
六本木のあちこちにアート作品がある 直島を彷彿とさせる

Roppongi2010033030
《胞子が舞う!パフォーマンス》

Roppongi2010033031
チェ・ジョンファ 《ロータス》

Roppongi2010033032
蓮の

Roppongi2010033033

| | コメント (0)

2010/03/30

のらくろ写真館 ご

Norakuro201003291
Norakuro201003293Norakuro201003294
3月25日の早朝、のらくろが亡くなりました。たくさんのありがとうを。

| | コメント (0)

2010/03/22

ジャージの二人

Jaji201003
「ジャージの二人」★★★☆☆
出演: 堺雅人, 鮎川誠
監督: 中村義洋




ジャージの二人はジャージの三人になってジャージの一人になった


母違いの妹「夏休みは映画40本観るんだ」

主人公「1日1本じゃないか」

のやりとりが好き


良い意味で何にも残らない
もやもやがゆるゆるになってジャージの印象しか残らない
食物繊維的映画




【ストーリー概要】
会社を辞めたばかりの息子(32歳)が、グラビアカメラマンの父(54歳)に誘われ、避暑地・北軽井沢の山荘で過ごす夏休み。
二人は、亡き祖母が集めてきた古着のジャージを着て、ゆったりとした時間の流れに身をゆだねる。
だが、東京では息子の妻がよその男と恋愛中、父は3度目の結婚も黄色信号と、それぞれ抱える悩みがあった。
都会の喧騒を離れた生活の中で繰り広げられる、軽妙でユーモラスな会話の数々。

| | コメント (0)

グミ・チョコレート・パイン

Gumi20100307
「グミ・チョコレート・パイン」★★★★☆
出演: 石田卓也, 黒川芽以, 大森南朋, 柄本佑, 森岡龍
監督: ケラリーノ・サンドロヴィッチ





「わたしね、人生は グミ・チョコレート・パイン だと思うんだ」


わたしの地元では「グリコ・チョコレート・パイナップル」だった


そんなことはどーでもいいんだけど、


憧れと夢と自己嫌悪


ケンゾー(石田卓也)の クリエイティブなことへの憧れ、世の中を斜に構えた物言い、なさけない男ぶり 好きです




内容紹介
主人公ケンゾーはグラビア雑誌片手に日々オナニーをしまくる、孤高のオナニスト。
自分が通う高校の凡庸な同級生たちとの差別化を図るため、映画や小説、ロックに傾倒し、ノイズバンド「自分BOX」に憧れ
数少ない友人たちとハードなノイズバンド、『キャプテン・マンテル・ノーリターン』を結成。
一方、ケンゾーの憧れていた同じクラスの山口美甘子が自分と同じカルト映画好きであることが判明。
そんなある日、ケンゾーは美甘子を思わぬところで目にすることになる。

| | コメント (0)

さくらな人たち

Sakura201003_
「さくらな人たち」★★☆☆☆
出演: 河本準一(次長課長), 河原さぶ, 三谷昇, 山田浩
監督: 小田切譲




監督・脚本・撮影・編集・音楽:オダギリジョー

片手間感は拭えず。

まさかの無修正。

65分と短いです。




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
オダギリ ジョーが監督・脚本を務めた異色ロードムービー。
次長課長の河本演じる剛史は、入院中の祖父の下に毎日届く差出人不明の桜の絵葉書が気になっていた。
ある日、彼は葉書の桜の在り処を知るというタクシー運転手と共に桜を目指すが…。

| | コメント (0)

青春デンデケデケデケ

Sei20100307_
「青春デンデケデケデケ」★★★★☆
出演: 林泰文, 大森嘉之, 柴山智加, 浅野忠信, 岸部一徳
監督: 大林宣彦




CHARAが、たーくんの出てる映画はあんまり観ないけど、「青春デンデケデケデケ」は観た。おもしろかった。
って言ってたのを何かのインタビューで読んで、いつか観ようと思ってたのをやっと観ることが出来ました。
そう、絶賛「いつか観ようを今観よう」中なのです。



一九六五年、
十五歳の僕は
ロックンロールに
感電した。


ベンチャーズ「パイプライン」デンデケデケデケ〜 これ、わたしの兄も弾いてた!!!


合宿のシーンが好き。




内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
60年代、ベンチャーズに影響を受けた高校生たちの姿を描いたノスタルジックな学園青春ドラマ。
芦原すなおの直木賞受賞作を原作に、大林ワールドが展開。

| | コメント (0)

2010/03/21

ショートバス

Shot201003

ショートバス」★★★★☆
出演: スックイン・リー.ポール・ドーソン.PJ・デボーイ.リンゼイ・ビーミッシュ.ジャスティン・ボンド
監督: ジョン・キャメロン・ミッチェル




受け付けなかった。観た直後は。
全て本物だというセックスシーンとソフィアの高速マスターベーションに圧倒されてしまった。
そこに埋もれてしまった。

それが溶けて、後になってじわじわと残ったのは、「満たされない何か」

NYのジオラマが光る。やさしい色。

「退屈な映画こそインテリのプライドをくすぐるみたい」という劇中の台詞。

映画を作るために自分をビデオで撮るゲイのジェームズ。

一年間アート活動に専念したいけど、ここで生きて行くにはお金がかかりすぎると泣くSM女王、セヴリン。

セヴリンはポラロイドで写真を撮って、そこに言葉を書く。その人の心のひだに触れる言葉。

ジェームズとセヴリンが好き。

ジェームズとセヴリンは泣く時、とても無防備だった。急に幼くなった。それが良かった。




<ストーリー>
9.11後のNY。
ソフィアはカップル・カウンセラー。
様々なカップルの悩みを解決していく一方で、実は一度もオーガズムを感じたことがないという悩みを抱えている。
ジェイムズとジェイミーはハンサムなゲイのカップル。
愛し方が違い、なかなか想いが通じ合わない。
そしてSM女王のセヴェリンは、心を許せる人がいなく、日々孤独感を募らせていた。
それぞれに思い悩みながら、彼らは足りない何かを探して、サロン“ショートバス”に集う。
そんなある日、NYの街は大停電に陥る。暗闇の中、それぞれの心には一体どんな光が灯るのか・・・?

| | コメント (2)

2010/03/20

最近買ったものメモ にじゅうに

Kai201003191200Kai201003192Kai201003193Kai201003194300
左から、コースター(チャイハネ)、リップケース、ミニポーチ、鍋敷き(中国民芸品西芳)

Kai201003195Kai201003196Kai201003197Kai201003198
左から、ワンピース(PENNS NECK)、ワンピース(OLIVE HUNTER)、スカート(PARK GIRL)、スカート(n.o.t.)

Kai201003199Kai2010031910Kai2010031911Kai2010031912
左から、ピアス(横浜中華街)、montrailサンダル(ホワイトデー)、見る角度で絵が変わるハガキ(大さん橋)

Kai2010031913100Kai2010031914Kai2010031915Kai2010031916
左から、イチョウの葉の絵葉書(横浜中華街)、お守り(鎌倉)、湯布院ゆずこしょう、ぷちっ子(お土産)

Kai2010031917Kai2010031918Kai2010031919Kai2010031920
左から、花畑牧場のカチョカヴァロ、ロイズホワイトチョコレート、ぽん鱈、やきそば弁当(お土産)

| | コメント (0)

2010/03/19

美味しかったものメモ にじゅうさん

Tabe201003041Tabe201003042Tabe201003043Tabe201003044
左から、鴨汁そば、川幅鴨汁うどん(馬力屋)

Tabe201003045Tabe201003046Tabe201003047Tabe201003048
左から、そば湯(馬力屋)、BLTサラダ、トマトの豚巻き、チーズの入ったピーマンの豚巻き、ウズラのベーコン巻き(ごち魂)

Tabe201003049Tabe2010030410Tabe2010030411Tabe2010030412
左から、ねぎ間、野菜焼き盛り合わせ、牡蠣のシソ巻き(ごち魂)、サンマーメン(都築サービスエリア)

Tabe2010030413Tabe2010030414Tabe2010030415Tabe2010030416
左から、Aセット、Bセット、Cセット(華王飯店)

Tabe2010030417Tabe2010030418Tabe2010030419Tabe2010030420
左から、Aセット、Bセット、Cセット(華王飯店)、イチゴ大福(道の駅いちごの里よしみ)

| | コメント (0)

2010/03/18

全然大丈夫

Zenzen201003_
全然大丈夫」★★★★☆
出演: 荒川良々, 木村佳乃, 岡田義徳




やっぱり芸術家は労働に不向きなんだなあと思いました




内容(「Oricon」データベースより)
荒川良々初主演、あり得ないほど不器用で想像以上に愛おしい男女3人の恋の行方をコメディタッチで描いたラブストーリー。
古本屋の長男、照男のビッグな夢は世界一怖いお化け屋敷を作ること。
しかし現実は30歳目前で植木屋のアルバイト。
人生の“壁”を感じていた現状に少し不安を抱き始めたある日、強烈に不器用な絵描き、あかりが現れて…。

| | コメント (0)

SPA&HOTEL和

SPA&HOTEL和(http://www.spa-nagomi.com/

母から羽田空港近くの温泉付きホテルを探してくれと言われて、そんなのないよ〜と思ってたけど、あった!
源泉掛け流しの温泉が部屋についている+クチコミの評価高い!即決♪

日帰り入浴あり。真っ黒な温泉です。

料金(http://www.spa-nagomi.com/price.html

口コミ(http://web.travel.rakuten.co.jp/portal/my/toukou.iken?f_hotel_no=54491&f_kaiin_no=&f_tel=

| | コメント (0)

2010/03/16

北海道から母と妹が遊びに来ました に

2yumikotokaie201003141
* *ふつかめ* *

家族でうちに泊まったのカイエがはじめてだ 6年(?)間家族が誰も訪れないという…

この日はまず、うちの近所の激安ショップで買い物、おかしのまちおかで買い物、藤家のもっちもちの白いたいやきを食べる

そして池袋 ふくろう交番の写真を撮り、

2yumikotokaie20100314311002yumikotokaie201003142200
上野のアメ横でパインとメロンを食べ歩き、

2yumikotokaie201003144
浅草で煙を浴び、

Omikuji201003161Omikuji201003162
おみくじを引き、わたしは人生初の大吉!カイエはまさかの凶

カイエは凶にショックを受け、身代わり守りを買い、さらに煙を浴びまくってました(笑

ちくわぶを食べたことがないと言うので(北海道のおでんってちくわぶなかったっけ?)、セブンイレブンで買って駅のホームで食べました
そして今更なかんじで1日JR乗り放題の都区内パスを購入 730円

日暮里の激安ショップで服を買いまくり(おそろいで買った)、行ったことがないと言うので、ガストへ

2yumikotokaie2010031482yumikotokaie201003149
オムライスとカレーうどん ドリンクバーで長居 
天気が悪くて体が冷えきっていたので暖かい飲み物を飲んで体力が回復するのを待つ

2yumikotokaie20100314111002yumikotokaie2010031410200
原宿 竹下通り KDDIスタジオ UNIQLO UT 表参道ヒルズ 
雪がすごいのでジョナサンに非難 ジョナサンもはじめてなカイエ 

なんで、雪降るかなあ、ほんと 空気読め、トウキョウ!!!

カイエのスニーカーが完全に水没したのでABCマートで新しいスニーカーを買う

何年前かも覚えてないわたしがあげた靴をまだはいていたことにびっくり 
スニーカーこれしかもってないとか泣ける

恵比寿を冷やかして帰宅 寒かったーー


* *みっかめ* *


近所のサイゼリアへ サラダとドリアとフォカッチオ サラダのまずさに悶絶

そして、献血部の聖地、新宿東口の献血ルームへ

おそろいの服着てたから恥ずかしかったー 残念ながらカイエの血圧低くてできませんでした 
でもちゃっかりおかし食べて、ジュース飲んでくつろぐ

渋谷 ハチ公前やら109 人混みにご立腹なカイエさん

2yumikotokaie2010031412
ホテルにチェックイン SPA&HOTEL和(http://www.spa-nagomi.com/

部屋にも温泉ついてますねん 最高じゃ 黒湯はほんとうにまっくろ

松屋でごはん食べて 大浴場に入って 部屋に戻ったら 母がいた

まさかのアキバへ
衝撃的写真を撮りましたけど、ここにはとても載せられません 現像したけどね えぬし絶句だからね

餃子の王将へ
神田の狭いところに行っちゃって一時間近く待つことに…こんなに待つなんてそんなにおいしいの?と期待する母、しかし味はふつうでっせ

トウキョウのジャンクフードを堪能

帰って、部屋の温泉入って、大浴場行って、朝にまた大浴場に入りました

夜中にカイエとふたりで大浴場に行ったら…

サウナでひとりで踊っている婦人が !!! しかも、めっちゃリズミカル !!!
爆発的な笑いが起こったけど、声出して笑うわけにもいかず、肩を小刻みに揺らしながらカイエと顔を見合わせた

誰もいなくなってから再現VTR カイエの踊りはダイナミックすぎました あー、今年一番笑い転げた


2yumikotokaie2010031413
* *よっかめ* *
空港まで送る バスで270円 

2yumikotokaie2010031414
展望デッキへ

2yumikotokaie2010031422
2yumikotokaie2010031424
2yumikotokaie20100314152yumikotokaie2010031416
ちょ チンパンジーかっ ファンキーすぎるぜ これがタケシタクオリティ 注)母は今年で還暦です

2yumikotokaie20100314172yumikotokaie2010031418
2yumikotokaie20100314192yumikotokaie2010031420
ぶっかけおろしそば、天ぷら特製カレーうどん、わりこそば天丼セットを注文(門左衛門) おいしかったー

2yumikotokaie2010031421
あー 行っちゃった 次に会うのは夏だ

2yumikotokaie2010031427
えぬしと合流して鎌倉へ

2yumikotokaie2010031428
かわいい

2yumikotokaie2010031429
どーーん

2yumikotokaie2010031430
どうしてもきゃつらを思い出してしまう(笑

2yumikotokaie2010031431
記念撮影

2yumikotokaie2010031432
鎌倉みやげ 山海堂(http://www1.kamakuranet.ne.jp/sankaido/
ここ、武器がいっぱい !!! 持たせてもらったけど重たかった あのクオリティであの値段は安い

2yumikotokaie2010031433
見猿、聞猿、言猿 ???

2yumikotokaie2010031434100
海へ

2yumikotokaie2010031435
幻想的な富士山の佇まい

2yumikotokaie2010031436
深い青 浜が鏡のよう

おしまい

| | コメント (6)

北海道から母と妹が遊びに来ました いち

Yumikotokaie201003141Yumikotokaie201003142
* *いちにちめ* *

えぬしが車で横浜に連れて行ってくれました
妹とえぬし初対面

母は妹を置いて友だちと九州へ飛びました

Yumikotokaie201003143
今年で閉鎖されてしまうスカイウォーク(http://www.skywalk.city.yokohama.jp/)に寄り道

波の車止めwavewavewave

Yumikotokaie201003144
まっすぐ 

Yumikotokaie201003149100Yumikotokaie2010031411200Yumikotokaie2010031410300Yumikotokaie2010031412400
夜に来た方がきっときれいだね

Yumikotokaie201003145
風が冷たかった

Yumikotokaie201003146
Yumikotokaie201003147Yumikotokaie201003148
大きいカメラを持った人がたくさんいました

Yumikotokaie2010031413
Yumikotokaie2010031414
カイエが わー わー 言うとうれしい 

Yumikotokaie2010031415Yumikotokaie2010031416
大さん橋(http://www.osanbashi.com/

Yumikotokaie2010031417
えっと… カイエさん?(汗

Yumikotokaie2010031418Yumikotokaie2010031419
ここの建築好き 眺めも最高

Yumikotokaie2010031420Yumikotokaie2010031421
オサレなお店にきょどったり、

Yumikotokaie2010031422Yumikotokaie2010031423
赤レンガ倉庫(http://www.yokohama-akarenga.jp/index.html)にきょどったり、

Yumikotokaie2010031424
まっすぐ

Yumikotokaie2010031425
中華街(http://www.chinatown.or.jp/)にきょどったり、

Yumikotokaie2010031441
たくさん買い物しました 
よく見るとうがらしのキーホルダーは50円だったっ ピアスはなんと25円 !!!

Yumikotokaie2010031427100Yumikotokaie2010031428200Yumikotokaie2010031431300Yumikotokaie2010031432400Yumikotokaie2010031435500
Yumikotokaie2010031429600Yumikotokaie2010031430700Yumikotokaie2010031433800Yumikotokaie2010031434900Yumikotokaie20100314361000
華王飯店(http://www.kaohanten.com/)でAセットとBセットとCセットを注文

Yumikotokaie2010031438100
ごちそうさまでした おなかいっぱい くるしい

Yumikotokaie2010031426
Yumikotokaie2010031439
Yumikotokaie2010031440
横浜関帝廟(http://www.yokohama-kanteibyo.com/)と横浜媽祖廟(http://www.yokohama-masobyo.jp/)は、はじめて見たっ
大迫力 !!!

Yumikotokaie2010031442200
Yumikotokaie2010031443300
Yumikotokaie2010031444400
夜景きれいだったー 「横浜まで行けるとは思わなかった」だって ふふふ

つづく

| | コメント (2)

疾走 下

Sissou20100316
「疾走 下」★★★★☆
重松 清 (著)




からから、からっぽ




内容(「BOOK」データベースより)
誰か一緒に生きてください—。
犯罪者の弟としてクラスで孤立を深め、やがて一家離散の憂き目に遭ったシュウジは、故郷を出て、ひとり東京へ向かうことを決意。
途中に立ち寄った大阪で地獄のようなときを過ごす。孤独、祈り、暴力、セックス、聖書、殺人—。
人とつながりたい…。
ただそれだけを胸に煉獄の道のりを懸命に走りつづけた少年の軌跡。
比類なき感動のクライマックスが待ち受ける、現代の黙示録、ついに完結。

| | コメント (0)

疾走 上

Sigematsu2010

「疾走 上」★★★★★
重松清 (著)




暗い。果てしなく暗い。明かりが見えない。救いようが、ない。
でも、読むのがやめられない。「疾走」を読んでいる間、実生活でも闇の中にいるような錯覚に陥った。
自分の中に潜む闇に幾度も飲み込まれそうになった。

4年前に映画を観て、読もうと思ったけど、なかなか読めずにいた。

「韓英恵の不自然な棒読み的なガチガチな危なっかしい演技が痛々しくて良かった。」
2006-07-26

エリは間違いなく韓英恵であり、韓英恵は間違いなくエリだった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「どうして、にんげんは死ぬの?」

舌足らずなおまえの声が言う「にんげん」は、漢字の「人間」とも片仮名の「ニンゲン」とも違って、とてもやわらかだった。
そのくせ「死ぬ」は輪郭がくっきりとして、おとなが言う「死ぬ」のような照れやごまかしなどいっさいなく、まっすぐに、耳なのか胸なのか、とにかくまっすぐに、奥深くまで、届く。

ある日、おまえは夕食の支度をしていた母親のもとに来て、なにかとんでもない大発見をしたような顔で「ねえ、すごいんだよ」と言った。
「すごいって? どうしたの?」
「見つけた」
「なにが?」
「ひと殺しばっかり」
「はあ?」
「『日本の歴史』に出てくるひとって、みんなひと殺しだった」

「南波恵利って、孤高のひとなんだよ」とも徹夫は言う。
珍しく難しい言葉をつかう。
意味を間違えていないのも珍しいし、なにより、自分の考えを言いきる口調は小学生の頃にはなかったものだった。
「孤独なんだよ」
言い返すと、違う違う、と徹夫はかぶりを振る。
「だって、寂しそうじゃないだろ、あいつ。寂しくないんだったら、孤独じゃないんだよ」
「孤立してる」
「シュウちゃん、それ、違う。仲間が欲しいのにひとりぼっちになるのが孤立だけど、南波恵利はべつに仲間なんて欲しがってないんだから」
そんなこと、言われなくてもわかっている。分の悪い反論をわざとしただけだ。
「孤高には、誇りがあるんだよな」

おまえは知る。
今日は、エリの両親が一家心中を図った日だった。
神父は、両親の命日を、「あなたの第二の誕生日」と呼んだ。
エリが家族をうしなった日を、「あなた自身の人生の始まりの日」と呼んだ。

エリがおまえに話しかけてくることはない。
おまえも声はかけない。
目も合わさない。
それでも、おまえにはわかる、徹夫たちとエリは違う。エリだけは違う。
「ひとり」がもう一人いる。もっと強い「ひとり」がいる。
だから、おまえは孤独に耐えられる。
「ひとり」が一人でいてくれるから、おまえは自分の「ひとり」を受け容れられる。
エリという「ひとり」を一人のままにしておかなければ自分の「ひとり」を背負いきれないから、おまえはエリには話しかけない。
教会にも行かない。
神父も「ひとり」でいるんだと思い、あのひとはエリよりも強い「ひとり」なんだと信じて、弱い「ひとり」の意地がくじけてしまうのが怖いから、教会へは、いまは行きたくない。
にんげんはみんな、「ひとり」なんだから。
ときどき自分に言う。
「ひとり」で生まれて、「ひとり」で死んでいくのだから、と言い聞かせて、カッコつけてるよなあ、と笑う。
ひとりごとが増えた。
「ひとり」で過ごすおまえは、意外とおしゃべりな少年だった。

「ひとり」と「ひとり」と「ひとり」と「ひとり」で、四人家族。

十四歳。
短い。それは、もう、間違いなく。
だが、おまえはすでに疲れていた。年老いていた。
百パーセントの「ひとり」で過ごした今日までの日々に耐えきれなかったわけではない。
だが、百パーセントの「ひとり」のまま、明日からも生きていくということに疲れた。
明日が今日になり、昨日になっていく間に降り積もるはずの疲れを、おまえはもう先に背負ってしまった。
「こんなことがあった」から死ぬのではなく、「こんなことがあるだろう」と思うから、死ぬ。
ひとは首をかしげるだろうか。あきれて笑うだろうか。「だって」と返してやろう。
「死なないと、ずーっと『いない』ままになっちゃうじゃないか」。死ねば、「いる」。
苦い記憶になって、いつまでも奴らの胸に残る。ざまあみろ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容(「BOOK」データベースより)
広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。
教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。
が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上がり、優秀だったはずの兄が犯したある犯罪をきっかけに、シュウジ一家はたちまち苦難の道へと追い込まれる…。
十五歳の少年が背負った苛烈な運命を描いて、各紙誌で絶賛された、奇跡の衝撃作、堂々の文庫化。

| | コメント (0)

2010/03/15

フローズンタイム

Fu201003

「フローズンタイム」★★★★★
出演: ショーン・ビガースタッフ, エミリア・フォックス, ショーン・エヴァンス, ミシェル・ライアン
監督: ショーン・エリス




主人公の頭の中の台詞が好きだ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

別れた日から眠れなくなった

眠ろうとしても目が冴えて
眠気が襲ってこない

眠ろうと努力しても
まるっきりダメだ

1日が8時間も増えた

僕の一生が3分の1増えた

こうしてあり余った時間を
抱え込むハメになった

恋の痛手を忘れたいのに

皮肉にも
時間をもて余す結果になった

スージーが忘れられない

当てもなくバスに乗った

刻々と変わる夕暮れの風景を
ボンヤリ眺めた

眠れない夜が再び訪れる

昔読めなかった本を読んだ

時間が余っているので
好きな本が2度読めた

彼女を吹っ切れない

時間を活用すべきだ

何か不思議な感じがした

ようやく状況が動き始める

運命の波が
僕に向かって押し寄せる

夜間スタッフになった

町の人々が寝てる時間
余った時間を売る

8時間働いて金に換える
“キャッシュバック”だ

美大は退屈だったが

静物画の基本は身についた

僕は画家志望だ

多くの芸術家が
女性から霊感を受ける

女性のパワーには脱帽だ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




【ストーリー】
画家志望の美大生・ベンは恋人にフラれたショックで不眠症になってしまう。
そのせいで一日8時間も増えてしまったベンは、余った時間を活用するためにスーパー・マーケットの深夜バイトを始めることに。
しかし、そこで働くのはイタズラ好きの悪友コンビやブルース・リーおたく、時間恐怖症のレジ係・シャロンと、ダメな若者たちばかり。
2週間の不眠が続いたベンは、ついに時間の観念を失い、突然、周囲の世界がフリーズしてしまう!

時間の止まってしまった世界を歩き回るベンは、自分だけの美しい静止画の世界で夢中になって美女たちのデッサンを始める。
そしてある日、ふとした瞬間、同僚の女性・シャロンの美しさに心を奪われて…。

| | コメント (0)

2010/03/13

モディリアーニ 真実の愛

Mo201003_

モディリアーニ 真実の愛」★★★★★
出演: アンディ・ガルシア, エルザ・ジルベスタイン, オミッド・ジャリリ
監督: ミック・デイヴィス




舞台は1919年、パリ、モンパルナス カフェ“ラ・ロトンド”
ピカソ、リベラ、ガートルード・スタイン、コクトー、スーチン、ユトリロ、キスリング、そして
アメデオ・モディリアーニ


エルザ・ジルベスタイン(ジャンヌ)がモディリアーニの絵そのものなのでおどろいた
長い首
面長な顔
漂う哀愁
焦点があっていない目


素晴らしい、素晴らしい、素晴らしい !!!


震えた ジャンヌを思って泣いた 咽び泣いた




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『オーシャンズ11』のアンディ・ガルシアが主演と製作総指揮を務めた感動ラブロマンス。
20世紀初頭のパリを舞台に、妻・ジャンヌと芸術を心から愛した悲劇の天才画家・モディリアーニの情熱と苦悩に満ちた青春を綴る。
共演は、エルザ・ジルベルスタイン。

| | コメント (0)

空中庭園

Kuu201105_
空中庭園」★★★★☆
出演: 小泉今日子, 板尾創路, 鈴木杏, 広田雅裕, 國村隼
監督: 豊田利晃




小泉今日子は「トウキョウソナタ」でもそうでしたが、壊れた主婦を演じるのがうまいなあと思いました

幸せ家族は学芸会のようなもの




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
直木賞作家・角田光代の原作を小泉今日子主演で映画化したドラマ。
“家族間で秘密は作らない”というルールを定め、一見幸せに暮らす京橋家。
だが、夫の愛人が息子の家庭教師として一家の前に現われたことで、次第に互いの秘密が暴かれていく。

| | コメント (0)

2010/03/12

いちばんきれいな水

Mizu2010
「いちばんきれいな水」★★★☆☆
出演: 加藤ローサ, 菅野莉央, 南果歩, 田中哲司, カヒミ・カリィ
監督: ウスイヒロシ




加藤ローサのイメージビデオ

クレヨンで描いたアニメーションがかわいい

姉の秘密の場所 あそこに行って泳ぎたい

幻想的

ゆらゆら ゆれる 気泡 煌めき うつくしい 水




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
一青窈、大塚愛などのミュージックビデオを手掛けてきたウスイヒロシ監督が、古屋兎丸のコミックを加藤ローサ主演で映画化。
難病で11年間眠り続ける姉・愛と小学6年生の妹・夏美。夏休みのある日、愛が突然目を覚まして…。

| | コメント (0)

最近買ったものメモ にじゅういち

Kai201003121Kai201003122Kai201003123Kai201003124
左から、カレンダー(シャンティシャンティ)、ウォーリードール(マライカ)、開運賀紙(長崎新地中華街)、布団カバー
(頂きもの)

Kai201003125Kai201003126Kai201003128Kai201003127
左から、タイツ(gu)、ドットトレイ(ダイソー)

Kai201003129Kai2010031210Kai2010031211Kai2010031212
左から、シュシュ(原宿のどこかの雑貨屋さん)、腹巻き(gu)、熊手と小判(吉見観音)、国宝金錯銘鉄剣鉛筆
(埼玉県立さきたま史跡の博物館)

Kai2010031213Kai2010031214Kai2010031215Kai2010031216
左から、SANJIテープ(頂きもの)、煙のでるタバコ(道の駅いちごの里よしみ)、古銭(民芸はにわと御食事さかもと)

Kai2010031217Kai2010031218Kai2010031219Kai2010031220
左から、ネロリジャスミン オードトワレ(ボディショップ)、菜箸(3COINS)、S字フック、ジッパーファイル(ダイソー)

| | コメント (0)

2010/03/08

行田天然温泉古代蓮物語 と 天然温泉華のゆ

Zeri201003071Zeri201003072

行田天然温泉古代蓮物語(http://www.dormy-spa.com/gyouda/

得々プラン安すぎ !!!
入館料700円、定食500円なのに、得々プラン(入館料+定食)で880円 !!!

恐る恐る行田名物ゼリーフライを注文してみましたが、普通のコロッケでした。

銭がなまってゼリーっという名前になったそうです。プルプルなの想像した。

お風呂は文句なし、施設も良かったです。


天然温泉華のゆ(http://www.route-inn.co.jp/hananoyu/

3時間コース ¥750(土日祝 ¥900)
フリータイムコース ¥1,000(土日祝 ¥1,300)

こちらもお風呂は文句なし、上がった後に寝転ぶところがないのが残念。

| | コメント (0)

2010/03/07

→ さきたま古墳公園 → ナニコレ珍百景の店 → 黒岩横穴群

Kofun201003071
80デニールタイツ+フリースタイツ+ニーハイソックス+もこもこソックス

Kofun201003072Kofun201003073
さきたま古墳公園(http://www.pref.saitama.lg.jp/A10/BD00/home/kouensyoukai/sakita.html

さきたま古墳群(http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/historic-site/historic-site.html

Kofun201003074
極寒ピクニック 誰もいない

Kofun201003075
あたたまるー

Kofun201003076
Kofun201003077Kofun201003078
古墳、横から見たらただの山

Kofun201003079
cherryblossom

Kofun2010030717
Kofun2010030718
古墳に登りました 登ってみても、ただの山 真上から見たい

Kofun2010030710
まが玉と、ハニワ作り、子供が自由研究でやりたいと言ったら連れてこよう(妄想)

Kofun2010030711Kofun2010030712
ナニコレ珍百景の店 民芸はにわと御食事さかもと

Kofun2010030713Kofun2010030714
古銭の自動販売機

Kofun2010030715Kofun2010030716
左:700年前の小銭が出た! 右:本物の化石のがちゃぽん

Kofun2010030719
Kofun2010030720Kofun2010030721
忍城(http://www.city.gyoda.lg.jp/15/04/12/meisyo/osizyou/index.html

Kofun2010030722Kofun2010030723
日本一長い荒川水管橋(http://www.mapbinder.com/Map/Japan/Saitama/Kumagayashi/Suikan/Suikan.html)

Kofun2010030724
Kofun2010030725Kofun2010030726Kofun2010030727
道の駅いちごの里よしみ

Kofun2010030728Kofun2010030729
この金魚の売り方はじめて見たっ

Kofun2010030730Kofun2010030731
煙のでるタバコ 本物そっくり

Kofun2010030732Kofun2010030733
いちご大福 うんま〜い

Kofun2010030734Kofun2010030735
エジプト料理苦手かも 
鉄板が熱くならなくて肉を焼くのに30分 ぬるいところと冷たいところがあって、食べられなかった この日一日胸焼け

Kofun2010030736
Kofun2010030737Kofun2010030738
吉見観音(安楽寺)(http://www.town.yoshimi.saitama.jp/guide_anrakuji.html
ここの絵馬、○○が離婚して子供は奥さんが引き取ってわたしと結婚しますように とか、 
○○のこころを独占できますように とか、
すごい内容だった

Kofun2010030739
Kofun2010030740
黒岩横穴群

昭和44年の調査では八丁湖北部の百穴谷に約200基、北西部の首切り谷に約200基、さらに奧の地獄谷に約50基、
八丁湖西側の茶臼谷に100基、他にも八丁湖東部と南部にも分散している。
この総数は南西部の「吉見百穴」を越す横穴群であり、正確には「何基」あるかは、いまだに不明。
開口している横穴は6群78基。(角川日本地名大辞典・解説看板)

Kofun2010030741Kofun2010030742
鳥居をくぐって山を登って行くと… 
なんの小屋だろと思って近付いたら 隠れるようにぽつりとあった お賽銭を入れてきた

Kofun2010030743
日が暮れて 幹が枝が空にシルエットだけを残すようになった この景色が好きだ

天然温泉華のゆ(http://www.route-inn.co.jp/hananoyu/)に入って帰りました

おしまい

| | コメント (2)

2010/03/06

鴻巣びっくりひな祭り → 吉見百穴 → 巌窟ホテル高荘館跡 → 

Hina201003061Hina201003062
先日、日本一のピラミッドひな壇!鴻巣びっくりひな祭り(http://kounosubina.main.jp/)を見てきました

竹の中にひな人形 かぐや姫みたい

Hina201003063Hina201003064
左:100年前のひな人形 右:ゆるきゃら ひなちゃん

Hina2010030610Hina2010030611
これ、かわいいー 

Ahina2010031Ahina2010032
市役所のロビーに飾ってあるっていうのがおもしろい

左:階段に飾ってるっ 21段 323体  右:29段 6.45m 1766体

Hina201003068
目黒雅叙園のひな祭りに行くんだとばっかり思っていた ら こっちだった まあ、身分相応だあね(笑

Ahina2010034
集合写真 おじいさんとおばあさんがたくさん見に来ていました

Hina2010030628
川幅日本一 2537m


Hina2010030612Hina2010030613
Hina2010030614Hina2010030615
Hina2010030616Hina2010030617
川幅鴨汁うどんと鴨汁そばを注文(馬力屋) そば湯までおいしく頂きました

うどん、めっちゃ太いっ ケータイ、画質めっちゃ悪いけどデザイン気に入ってて変えられない

Hina2010030618Hina2010030619
吉見百穴(http://www.town.yoshimi.saitama.jp/guide_hyakuana.html

Hina2010030620
穴だらけっ

Hina2010030621
Hina2010030622
Hina2010030623
軍需工場跡 未公開部分も見たいっ

Ahina201003100
このわんころに吠えられました

Ahina201003200
Hina2010030627
明治37年から21年間、近くの農民・高橋峯吉が鑿とツルハシだけでくり抜いて造った 巌窟ホテル高荘館跡

このサイト(http://homepage.mac.com/karasaki_t/gan/gan_01.html)に詳細アリ

このサイト(http://kuromax.web.fc2.com/ruin/saitama/hotel/gankutsu/gankutsu2.htm)で内部が見れる !!!

大正初期には見学に整理券が配られ ロンドンタイムズにも報じられた

ここのとなりに岩室観音堂(http://ggt.blog.so-net.ne.jp/2008-04-13)があります
アスレチックみたいでおもしろい

この日のお風呂は行田天然温泉古代蓮物語

つづく

| | コメント (2)

2010/03/05

変身

51w1ogr35zl_sl135_2010
変身」★★☆☆☆
出演: 玉木宏, 蒼井優, 佐田真由美, 山下徹大, 松田悟志
監督: 佐野智樹




工場で働きながら独学で絵を描いている男が画材屋で働く女に恋をする

という設定と、

蒼井優は良かった




内容(「Oricon」データベースより)
人気作家・東野圭吾原作の小説を映画化。
ある事故に遭い、脳移植を受けた青年と、その青年に常に変わらぬ愛を捧げる女性との切ないまでのラブストーリーを描く。
事故の後、長い眠りから覚めた純一はある夜、悪夢にうなされ、自分ともう一人の自分が自身の中に存在することに気づくのだが…。

| | コメント (0)

2010/03/04

ヴァージン・スーサイズ

21ajjjdn0xl_sl500_aa140_2010
「ヴァージン・スーサイズ」★★★★★
出演: ジェームズ・ウッズ, キャスリーン・ターナー, キルステン・ダンスト, ジョシュ・ハートネット
監督: ソフィア・コッポラ




世界観が、好き 美しい 五人姉妹全員美しいってこわい こわいくらい美しい

おぼろげな 夢のよう

原作『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹(ジェフリー・ユージェニデス著)』を読みたいと思った




内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
名匠フランシス・F・コッポラの愛娘、ソフィア・コッポラの初監督作。
70年代のアメリカを舞台に、美しい5人姉妹に心を奪われた少年たちの姿を斬新なタッチで描く。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »