« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/26

Natural High! 2日目

2na2010052472na201005248
2na2010052422na201005243
2日目は雨 恵みの雨 森がうれしそう

2na2010052422
森を横切るカニ

Mori20100525
濡れた森を散歩 登山をしているかのようだった
一昨年がピークだった登山ブーム(わたしのなかでの)が去ってから山ガールが流行りはじめたという

2na201005244
木から蛇口

2na201005245100
切り株のイス

2na20100524122na2010052411
左:朝ご飯はちゃんぽん 右:駄菓子を食べ歩き

2na2010052413300
昼ご飯はカレー うーん、スパイシー あとから来る辛さがたまらない 

2na20100524142002na2010052415
左:カルパッチョ 上に盛りつけるとおいしそうに見えるBYお昼の情報番組
右:大自然の中で食べるとカップラーメンさえもうなるうまさ

2na2010052410
タイラーメンの屋台 かわいい パクチー

2na2010052417
この日見たアーティスト

one七尾旅人 http://www.tavito.net/

アコースティックステージRIVERはバックに壁がなく、森がむき出しになっている
川が流れてて、枝が、葉が、ゆれるのが見える 自然が最高のVJ


KAIKOOではじめて生で見てノックアウトされた
絶対えぬしと一緒に見たかった
ほんとうに良いと思ったアーティストにしか拍手をしないえぬしが、歓声をあげた

声を、あやつる この人の前世は誰かの声だったんじゃないかと思う 歌う時、七尾旅人は声になる
最初の一曲目で目が潤んで、がまんした 二曲目ではもう、おさえきれなかった 予定にない涙が流れた
Natural High! 唯一の涙


七尾旅人はいろいろな顔を持っている
やけのはらがいないのに「Rollin' Rollin'」を歌ってしまうなんて

「誰か、ラップやって、20代女子」

?!!

わたしが歌える子だったら絶対手あげたのにな 絶望的に音痴で人前に立つのを嫌う消極的な自分を恨んだ
最終的にドリアンくんが歌いました


「夜、光る。」聴きたかった

2na201005246
「七尾旅人良かったでしょ?」「うん、あんなに良いとは思ってなかった」

コラボ曲はKAIKOOみたいにカラッと晴れた日に映えた
アコースティックな曲はこの日のシチュエーション、雨をプラスに変えた

2na2010052418
2na2010052419
もう、満足してしまって、メインステージをちらっと見て会場をぶらぶら

2na2010052416
twoムッシュかまやつ&沼澤尚


「ノー・ノー・ボーイ」しびれました〜 
どこで聞いたのか記憶にないんだけど、知ってる曲ばかりなんだよね
すごいクールな71歳だぜ(年齢知ってびっくり)

「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」 歌詞が色っぽい

Mori201005261
three森ガールセッション 羊毛とおはな http://www.youmoutoohana.com/

テントで紅茶を飲みながら あ、今、森ガールセッションやってるなあと思いながらぼおっとしてた

えぬしはテントで寝てると言うのでひとりで見に行った


大好きな曲、Nokko の 「人魚」をカバーしてた

あと、ここでも「DAY DREAM BELIEVER」が聞けた

声が良い人はどんどん名曲をカバーしてほしい

Mori201005262
fourGAKU MC http://www.gaku-mc.net/

風邪が悪化してきたのでちょっとだけ見てテントに帰りました

だよね〜♪だよね〜♪ 聞きたかった

北海道バージョン「DA.BE.SA 」の歌詞がなまらうける 
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND23441/index.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

だべさー だべさー 言えばいっしょやさ、そんな時だらさ

ねえ ちょっと聞いてよ 私のツレ そこらへんのとは 違うべさ
なっまらマジメなツレで 酪農青年 ナンバーワン
若いのに 牛舎ではスゴ腕 でもさ ちょっとさ 働きすぎなんだわ
でかいトラクター 晩から朝まで 乳しぼり
ゆるくないねー
服もツナギしか着ないっしょ ススキノも行ったことないしさー
あずましくないけど 二人の時は はっちゃきこくの
“おまえのチチ、ホルスタインみたいだよって、いってくれるべさや”
それって、はんかくさいんでないの?  だべさ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2na2010052423
えぬしがテントを片付けている間、わたしはトトロを作りました

わたし、もう、えぬし以外の人とキャンプできないと思う なーんにもできない たのしむことだけは得意

おしまい

| | コメント (0)

2010/05/24

Natural High! 1日目

Na201005241
山中湖から見える富士山 いつかダイアモンド富士を見たい

Na201005242
Natural High! @道志の森 http://www.naturalhigh.jp/

Na201005243
近所のオバショップで買った199円のタイダイのレギンス

Na201005244
Na201005245
アリの巣はっけん

Na201005246
オートキャンプは荷物運ばなくていいから楽チン

チケットは完売なはずなのに思ってた以上に人が少ない 
いちばん奥のテントサイトにしたら半径10メートルに誰もいない
普通のキャンプになっちゃってる 素晴らしい
トイレと洗い場も近いし、ゆるくて居心地がいい、このフェス大好きになった

Na201005247
しゃぼんだま ふわわわわ

Na201005248
ふわ ふ わ

Na201005249
ボート乗りたかったな

Na2010052410
KIDS GREEN

Na2010052411Na2010052412
Na2010052413
ハンモックっていいよね ぐーたらの象徴

Na2010052414
bonobosがはじまるからえぬしをむかえにいったらたき火をしていました ぼうっ

Na2010052415
BEERワッペンを購入

Na2010052416Na2010052417
左:だいたんに肉焼いてる人たちがいた 右:これ、無料で作れます


この日見たアーティスト

oneThe SunPaulo http://www.sunpaulo.com/

森をぬけてやっと辿り着いたステージに大きな鶏冠がふたつ見えた 感激

Na2010052418
Na2010052419
twobonobos http://www.bonobos.jp/top.html

bonobos めちゃくちゃ盛り上がりました
オフィシャルブログのナチュラルハイ!の記事 http://blog.excite.co.jp/bonobosblog/13779622/


Na2010052420
three橘家仲蔵師匠による焚き火寄席

寄席、初めて見た
この空間で寄席 不思議
うしろには川が流れてる 川のせせらぎと師匠の声だけが聞こえる

Star20100524
fourAOEQ(藤原ヒロシ×YO-KING)

なんとスターバックスから無料でコーヒーが支給される

YO-KINGは去年のフジロック(http://wpg2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/fuji-rock-fes-1.html)の
忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラNICE MIDDLE with New Blue Day Hornsで見た以来

あのときはめちゃくちゃ遠くから見たのに、目の前で椅子に座って見るなんてすごい贅沢

藤原ヒロシが歌ってるのはじめて見た 歌ってること自体知らなかった

「DAY DREAM BELIEVER」よかったなあ

ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女はクイーン

Na2010052423
このてるてるぼうず 首ががくってなっててこわひ

Na2010052424
fiveDJ SANDNORM

DJステージWATERは夜になると信じられないくらい幻想的
水面にステージの光が映ってシンメトリー
昼間の顔と全く違う

Na2010052425
ミラーボールの光が木々に反射してホタルのよう
光のつぶと音のつぶのシンクロニシティ

Na2010052426
れいんぼー

Na2010052427
焚き火の炎のあかりで本を読む その本は特別な本になる
泣かない子供(江國香織)読了

Na2010052428
鶏をまるまる一羽食べる にんにくの味が染み込んでておいしい

Na2010052429Na2010052430
Na2010052431Na2010052432
まるまる蒸したじゃがいも、にんじん、たまねぎ ほくほくで野菜本来の甘み
ホタテ、サザエ、アスパラの豚巻き ひとつずつ炭火でじっくり焼く
大自然の中で食べるごはんはおいしい

Na2010052433
夜の森は真っ暗 月明かりのみ

Na2010052434
2、3年前に道志の森でキャンプをした 「ここでフェスやるんだよ」 やっと来れた

おやすみなさい

| | コメント (4)

大丈夫であるように-Cocco 終らない旅-

Cocco20100516
「大丈夫であるように-Cocco 終らない旅- 」★★★★★
出演: Cocco
監督: 是枝裕和



骨と皮しかない、病的に痩せたCocco
マキシ丈のワンピースから伸びる腕は痛々しいほどに細い。

誰よりも死に敏感で、あまりにも純粋すぎて観ててくるしくなった。でも同時にとても惹かれる。

言いたいことを訴えるとき、口調が変わる。真に迫ったものがる。 
ほんとうのほんとうのほんとうのことしか言わない。
ほんとうのほんとうのほんとうのことしか言えない。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

手紙もらったわけよ 青森の女から
だいたい「たすけてください」ってくるわけよ
でも「たすけてください」って書いてなかった その青森の女は

六ヶ所村

沖縄をみてるようだとおもった

まず、知らなかったことをごめんなさい
そして、来たけどまだなにも言えないこともごめんなさい
まだなにもできないこともごめんなさい
でもあっちゃんはここで歌わないといけないとおもって
あっちゃんそこに行って息をして水を飲まないといけないとおもった
だから息して水も飲んだ
雪も踏んできた
そんでなによりもこの手紙をくれた子にあっちゃんありがとうを言いたい
あっちゃんに教えてくれてありがとうを言いに来た
この中にいるか
これはともよってよむのかちよって読むのか

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


このライブのMCのシーンは何度も繰り返し見た。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

旅の間、彼女が食べるのを見たのは
この黒砂糖だけだった

Coccoは読み終えたファンからの手紙を
すべて、燃やした

3月27日
Coccoたちが結んだ辺野古の短冊が何者かによってすべて焼き払われる

4月
Coccoは拒食症の治療の為、入院

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


テロップを読むとこころがしんとする。





内容(「キネマ旬報社」データベースより)
デビュー10周年という節目を迎え、全国17ヵ所・18公演に及ぶツアーを敢行したアーティスト・Coccoを、
『誰も知らない』の是枝裕和監督が追うドキュメンタリー。
ツアーや家族と暮らす沖縄での日常に、寄り添うように記録されたCoccoの真実を綴る。

| | コメント (0)

空気人形

Ku20100516_
空気人形」★★★★★
出演: ぺ・ドゥナ, ARATA, 板尾創路, オダギリジョー, 高橋昌也
監督: 是枝裕和




「空気人形」がこころを持ったダッチワイフの話だと知った時はおどろいた。

ぺ・ドゥナがほんとうに人形みたい。

均等のとれた無表情の顔、からだ。透き通る白い肌。

風鈴に息を吹きかけてハッとする表情、しぐさが好き。

ARATAがおへそから空気を吹き込むシーンがすごくエロティックだった。

白くぼやけたみずいろの映像は詩のよう。




<内容紹介>
カンヌ国際映画祭、絶賛!
『誰も知らない』『歩いても 歩いても』の是枝裕和監督が9年間大切に温めた愛の感動作。
空っぽな人形が「心」を持ってしまった——。嬉しくて切ない愛の物語。
あなたの息で、私のカラダを満たして…

古びたアパートで、持ち主である秀雄と暮らす空気人形——空っぽな、誰かの「代用品」。
ある朝、本来持ってはいけない「心」を持ってしまう。
秀雄が仕事に出かけると、洋服を着て靴を履いて、街へと歩き出す。
初めて見る外の世界で、いろいろな人間とすれ違い、つながっていく空気人形。
ある日、レンタルビデオ店で働く純一と出会い、その店でアルバイトをすることに。
密かに純一に想いを寄せる空気人形だったが、
彼の心の中にどこか自分と同じ空虚感を感じてしまう——。

| | コメント (0)

プール

P20100516_
プール」★★★★☆
出演: 小林聡美, 加瀬亮, 伽奈, もたいまさこ, シッティチャイ・コンピラ
監督: 大森美香




小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ。
だいすきな俳優さんたちが映画の中でたのしそうに生活している。

ホームページのレシピでプチトマト、にんじん、きゅうりのピクルスと揚げばななを作ろう。

たくさんのコムローイが夜の空を舞うのをこの目で見たい。



<内容紹介>
理由なんて、愛ひとつで十分だ。
タイのチェンマイ。
小さなプールのまわりに集まる5人の6日間の物語。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
人気漫画家・桜沢エリカの原作を元に、タイで暮らす男女の姿を描いたハートウォーミングドラマ。
4年前に家出した母に会うためタイへやって来た女子大生が、6日間の滞在を通じて次第に母子の絆を取り戻す様を描く。
主演は『かもめ食堂』の小林聡美。

| | コメント (0)

2010/05/19

阿修羅 伐折羅 帝釈天 波夷羅

Asyura001Basara002
Teisyakuten003Baira004
石森忍(新)仏像シリーズWEBギャラリー制作しました。 http://www.shinobuishimori.com/
ホームページ(過去の作品) http://ninecube.jp/howdy/
MIXIコミュニティ http://c.mixi.jp/howdy

| | コメント (0)

2010/05/17

フルカワミキ ワンマンライブ〈Very〉@CLUB QUATTRO

Furukawa_photo201005141
フルカワミキ ワンマンライブ〈Very〉@CLUB QUATTRO http://www.furukawamiki.jp/

Furukawa_photo201005142Furukawa_photo201005143
スタートはnite club http://www.myspace.com/niteclubmusic
みんながいっせいに右を向くからなんだ? と思ったらいつのまにかステージ右にもうひとつステージができていた


nite clubのSTROBOLIGHTS(スーパーカーのカバー)すごく良かった 鳥肌がぶわわと立った 覚醒した

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

スーパーカー/STROBOLIGHTS
作詞:JUNJI ISHIWATARI 作曲:KOJI NAKAMURA

2愛+4愛+2愛+4愛-sunset+4愛+2愛+4愛+2愛+4愛+2愛+4愛-sunset
+4愛+2愛+4愛+2愛+4愛+2愛+4愛-sunset+4愛+2愛+4愛+2愛
=true heart(真実!)

2愛+4愛+2愛+4愛-sunset+4愛+2愛+4愛+2愛‥‥‥‥
=true heart(真実!)

今、愛の灯のライト すべての日々が
今、愛の灯のライト すべてのひとが

今、愛の灯のライト すべての綺麗が
今、愛の灯のライト すべてのことが

今、愛の灯のライト“すべて”の意味が

今、愛の灯のライト 今、愛の灯のライト
今、愛の灯のライト 今、愛の灯のライト

今、愛の灯のライト

all all all all all all all all all all all all all all all all all
all all all all right !!!!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

あの空間、わたしの青春の1ページである「アンタイトルド(みんな元気かなあ)」を思い出した
はじめてDJパーティーでスーパーカーを聴いた衝撃
ダブルボーカルなんてありなんだ と目から鱗だった
日本語を歌ってることに気付いたのは歌詞カードを見てからだった 
そもそも日本人じゃないと思ってた


ど真ん中二列目でミキちゃん拝んできました 
小柄でとにかく顔が小さい

ベースを奏でる指使いがあまりにも見事で釘付けになってしまった
弾きながら歌い、踊る キレのある動き 


アンコール入れてなんと21曲も披露してくれました
曲数聞いてびっくり そんなにやったっけ どっかにぶっとんでたのかもしれない

朝霧でiLLを見て、今回フルカワミキを見た でもスーパーカーをまだ目の前で見たことがないんだ 
再結成しないかなあ 切望する


Miki20100516
特典のオサレてぬぐい

| | コメント (0)

ティバ写真館

Tx201005163
Tx201005162
ティバは家をのぞくとバク転(失敗してひっくりかえっている)をしてアピールし、手を差し出すと飛び乗ってくる。
めちゃくちゃひとなつっこいかわいいやつなんです、はい。

| | コメント (0)

美味しかったものメモ にじゅうご

Atabe201005161Atabe201005162Atabe201005163Atabe201005164
左から、車エビの刺身、ホヤ貝の刺身、車えびの塩焼き(まるふく)

Atabe201005165Atabe201005166Atabe201005167Atabe201005168
左から、ぶりのしゃぶしゃぶ、マグロの刺身(まるふく)、豪州産 旨み牛《加工牛》(しゃぶしゃぶ温野菜)

Atabe201005169Atabe2010051610Atabe2010051611Atabe2010051612
左から、ロールキャベツ、カツオのたたき、サラダ(四季料理奈良)、プチエビフライサラダ(カレーハウスCoCo壱番屋)

Atabe2010051613Atabe2010051614Atabe2010051615Atabe2010051616
左から、お通し、トマトとじゃこのサラダ、アスパラ焼き、長芋の塩蒸し(豆虎)

Atabe2010051617Atabe2010051618Atabe2010051619Atabe2010051620
左から、シラスご飯、もち豚しゃぶしゃぶ(豆虎)、ヤムヤム トムヤムクンラーメン(カルディコーヒーファーム)、
ガトーラスク グーテ・デ・ロワ(ガトーフェスタ・ハラダ)

| | コメント (0)

秒速5センチメートル

5cm20100516
秒速5センチメートル」★★★★★
出演: 水橋研二, 近藤好美, 尾上綾華, 花村怜美
監督: 新海誠




おとこのこははつこいがわすれられなくて、おんなのこはいまのこいをさいごのこいだとおもってる。

ざんこくなほど、おんなのこはまえむきなんだ。




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『雲のむこう、約束の場所』の新海誠が手掛けた連作アニメ。
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。
大雪の降るある日、ついに貴樹は明里に会いに行く決心をする。
「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」を収録。

| | コメント (0)

ティム・バートンのコープスブライド

Te20100516

ティム・バートンのコープスブライド」★★★★★
出演: ジョニー・デップ, ヘレナ・ボナム=カーター, エミリー・ワトソン, トレイシー・ウルマン
監督: ティム・バートン




ぶきみ、だけど、かわいい

きもちわるい、けど、せつない

ティム・バートンのふしぎなせかい




内容(「Oricon」データベースより)
気弱な若者ビクターが、死体の花嫁にプロポーズしてしまったことから始まる、ダークなファンタジー・ラブストーリー。
奇才ティム・バートン監督によるストップ・モーション・アニメ作品第2弾。

| | コメント (0)

2010/05/16

パプリカ

Pa20100506
パプリカ」★★★★★
出演: 古谷徹, 林原めぐみ
監督: 今敏




「イノセンス」以来の衝撃。

他人との夢の共有、精神の崩壊、現実に漏れてくる夢。

視覚と聴覚を犯されたかのようだ。

まずい、洗脳される。




【ストーリー】
医療研究所が開発した、他人の夢を共有できる画期的テクノロジー“DCミニ”が盗まれた。
それを機に研究員たちが、次々と何者かに支配されるかのように奇怪な夢を見るようになる。
謎の解明に挑む美人セラピスト千葉敦子は、極秘のセラピーを行うため、
性格も容易もまったく別人格の“夢探偵パプリカ”に姿を変え、クライアントの夢の中へと入り込む。
ところが完全に操られた夢の中で、おぞましい罠がパプリカを待ち受けていた。

| | コメント (0)

リロ&スティッチ

Ri20100515
「リロ&スティッチ」★★★★☆




スティッチがゴキブリだという噂の検証 
→ 知人に「スティッチってゴキブリなんだよ」と言われて衝撃を受け検証してみた。
かわいらしいキャラクターだとばかり思いこんでいたら、あんなに凶暴なエイリアンだったとは。
ネット上では様々な噂が飛び交っていますが、真相は未だ不明。

黒髪時代、リロに似てると言われること多数
→ わたしってあんな(笑 だんごっぱなの問題児(笑




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
本作が劇場映画デビューとなるC・サンダースとD・デュボアによるハートフルファンタジー。
カウアイ島で、両親を亡くし姉と2人で暮らす5歳の少女と、
宇宙からやってきた不思議な生物・スティッチの触れ合いを通し、家族“オハナ”の精神を描いた感動作。

| | コメント (0)

2010/05/15

ファインディング・ニモ

Nimo201005

「ファインディング・ニモ 」★★★★☆
出演: アンドリュー・スタントン, アルバート・ブルックス, エレン・デジェネレス, アレクサンダー・グールド, ウィレム・デフォー
監督: アンドリュー・スタントン, リー・アンクリッチ




海に潜ってクマノミを見つけてはニモニモ言ってたけど、「ファインディング・ニモ 」を観たことがなかったので、この機会に観ることにした。

ニモの冒険だと思ってたらお父さんの冒険だったんだ。

これは3Dで観たい。




<内容紹介>
オーストラリア、グレート・バリアリーフ。
イソギンチャクの新居に住むマーリンと妻のコーラルは、やがて孵化する400個の卵を守りながら幸福に浸っていた。
しかし突然、凶暴なバラクーダが彼らに襲いかかり、マーリンとたったひとつの卵だけが残された。
マーリンは生き残った子供に“ニモ”と名づけ「お前だけは何があっても守り抜く」と誓う。
ニモが6歳になった初登校の日。
同級生に度胸があることを証明するために、さんご礁の外に錨を下ろしたボートに触ってみようと、父の静止を振り切って泳いでいく。
得意気なニモだったが、現れたダイバーにさらわれてしまうのだった。
人間の世界にさらわれた魚は二度と海に戻れない・・・。
パニック状態のマーリンは、ボートを見たというドリーに出会う。
彼女はニモ探しを手伝うと申し出るが、極端に物忘れが激しいという致命的な欠点があった。
一度は協力を断ろうとするが、ドリーに人間の文字を解読する力があることが判明。
ニモの行方を追って、マーリンとドリーの旅が始まった・・・。

第76回アカデミー賞長編アニメーション映画部門作品賞を受賞。

| | コメント (0)

ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+(プラス) 冬に咲く、奇跡の桜

One20100515
「ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+(プラス) 冬に咲く、奇跡の桜」★★★★★
出演: 田中真弓, 中井和哉, 岡村明美, 山口勝平, 平田広明
監督: 志水淳児




ゴールデンウィークに旅に出た。
高速に乗る時はいつもなにかしらDVDを借りる。
これから楽しいことが待っているという時に小難しい、考えさせられる映画は不向きだ。
今回は渋滞が予想されたのでアニメを6本借りた。

一番はじめにこの、「ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー+(プラス) 冬に咲く、奇跡の桜」を観た。

ワンピースの映画では一番評価の高い1本。

原作との若干のズレから少し違和感を感じたが、それでも、やっぱり、泣ける。
泣き腫らした顔でサービスエリアでうどんを食べた。




内容(「Oricon」データベースより)
海賊王を目指す少年ルフィとその仲間たちの冒険の物語を描いた、尾田栄一郎原作の「ワンピース」劇場版第9弾!
サウザンド・サニー号でグランドラインを突っ走るルフィ海賊団。
そんな中、ナミが原因不明の高熱で倒れてしまう。船医のいないルフィ達が辿り着いたのは医療大国といわれるドラム王国だった。
ルフィは意を決してナミを背負い、医者を探すが…。
企画段階から原作者自らが参加し、感涙必至の物語を完成させた。通常版。

| | コメント (0)

2010/05/14

N・P

Np201005
「N・P」★★★★★
吉本 ばなな (著)



おもしろかった。ほんとうにおもしろかった。目の覚めるおもしろさだ。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「『N・P』って何のこと?」
「ノースポイントの略だよ。」
「どういう意味?」
「そういう題の、古い曲があるんだ。」
「どういう曲なの?」
「うん、とてもかなしい曲だよ。」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容(「BOOK」データベースより)
97本の短編が収録された「N・P」。
著者・高瀬皿男はアメリカに暮らし、48歳で自殺を遂げている。
彼には2人の遺児がいた。
咲、乙彦の二卵性双生児の姉弟。
風美は、高校生のときに恋人の庄司と、狂気の光を目にたたえる姉弟とパーティで出会っていた。
そののち、「N・P」未収録の98話目を訳していた庄司もまた自ら命を絶った。
その翻訳に関わった3人目の死者だった。
5年後、風美は乙彦と再会し、狂信的な「N・P」マニアの存在を知り、いずれ風美の前に姿をあらわすだろうと告げられる。
それは、苛烈な炎が風美をつつんだ瞬間でもあった。
激しい愛が生んだ奇跡を描く、吉本ばななの傑作長編。

| | コメント (0)

ただならぬ午睡

Tadanaranu51cg3m8dq2l_sl135_
「ただならぬ午睡 」★★★☆☆
日本ペンクラブ (編集), 江國 香織 (編集)




なんでもないことをとてもたいせつなことのようにていねいに書いている作品が多い。
そうかと思ったらびっくりするようなことをさらっと書いてみたり。

村上龍の「シャトー・マルゴー」にもう一度出会うとは思ってなかった。
2年前に読んだ「ワイン一杯だけの真実 」ぶり。




<出版社/著者からの内容紹介>
恋は人を暴く。
一人の男のなかの男(おとこ)性を暴き、一人の女のなかの女(おんな)性を暴く。
だからおもしろいし、だから、とても人にすすめられない。
書物のなかで、暴かれたそれが、ひっそりと、でも白日のもとに晒されたさま。
私は目をそらすことができない。
残酷だけれど美しい眺めだ。(「選者あとがき」より)
現実があやうくなるほどの、めくるめく鮮烈な恋の話、八編。

【収録作品】
「謎」 吉行淳之介
「朱験」 河野多惠子
「ホテル・ダンディライオン」 安西水丸
「十日間の死」 江國香織
「夏の情婦」 佐藤正午
「シャトー・マルゴー」 村上龍
「私は生きる」 平林たい子
「かわいい女」 アントン・チェーホフ/小笠原豊樹=訳

| | コメント (0)

村上龍料理小説集

Ryu201005_
「村上龍料理小説集」★★★☆☆
村上龍(著)




3年前に買った本。
買ったまま寝かせておいた本でいちばん古い。

キッチンで読むことが多かった。
食欲をそそる書き方もあれば削ぐものもあった。

赤ワインで唇を濡らしながら食べるロースト・プライムリブ
にんにくしょうゆに漬けた新鮮で大きなアサリ
スポーツを見ながら食べるホットドック
トリュフを丸ごと使ったサラダ
オイスターソースにたっぷりひたして食べる塩ゆでのえび
瓶から直接スプーンで食べるキャビア
「海を食べてるみたい」な魚介パスタ

食べることをおろそかにしてはいけないな、ていねいに意識しておいしいものを摂取したい。
出来ればたのしい会話と一緒に。




<出版社/著者からの内容紹介>
快楽の料理人。
村上龍の32の掌編。
豊潤で饒舌、艶麗でしかも高貴。
料理を語るのはこんなにも素敵!!

料理をつくらない、しかし料理の真髄を知悉している料理人──村上龍。
ニューヨーク・パリ・ウィーン・リオ・ローマそして東京etc.を舞台に、
男たちとは人生の懊悩を語りあい、
女たちとは悦楽を分かちあうそのテーブルにこそふさわしい32の掌編小説をお届けしましょう。
今宵あなたが選ぶのはどちらのレシピ!?

| | コメント (0)

グラン・トリノ

Gura2010

「グラン・トリノ 」★★★★☆
出演: クリント・イーストウッド, ビー・バン, アーニー・ハー, クリストファー・カーリー
監督: クリント・イーストウッド




陵辱されて帰ってきたスー。
コワルスキー同様激しい怒りに震えた。




内容(「キネマ旬報社」データベースより)
クリント・イーストウッドが監督、主演を務めた感動のドラマ。
妻に先立たれ、孤独な生活を送っている老人・ウォルトは誰にも心を開こうとしない。
そんなある日、隣家の少年・タオがウォルトのヴィンテージ・カーを盗もうとするが失敗し…。

| | コメント (0)

2010/05/13

7つの温泉と4つの足湯

Kata2010051Kata2010053
信州/上諏訪温泉財団法人片倉館 http://www.katakurakan.or.jp/
ロマン漂う洋風建築。千人風呂。近代化産業遺産・諏訪市文化財指定。
朝風呂はなんと300円。わたしが行った時は期間限定でなんと200円でした。
深さが1.1mもあり、底には黒い大きな玉砂利が敷き詰められています。
入浴料金:600円、朝風呂:300円


諏訪市湖畔公園足湯 http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=602
諏訪湖間欠泉センターの隣。広めの足湯。
残念ながらぬるくて、塩素臭がしました。眺めは良好。諏訪湖や北・南アルプスを見ながら入れます。
すぐそばに「自然浴さんぽ路」があり、この足ツボがめちゃめちゃ痛い。笑えるくらい痛いです。
入浴料金:無料


蓼科温泉 http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/T-Nagano26.htm
シャワーなし。ドライヤーなし。湯船がひとつだけあるシンプルな温泉。源泉かけながし。
入浴料金:400円


春日温泉交流促進センター「ゆざわ荘」 http://www.shinkou-saku.or.jp/yuzawa/
馬事公苑の隣にあります。とろみのある湯。
バルーンフェスティバルのバスツアーに組み込まれていました。
バス料金、観光、昼食、温泉がセットで1000円。相当お得なツアーでした。
入浴料金:400円


西の河原公園
エメラルドグリーンの温泉。池のようだった。足だけちょっと浸かる。
入浴料金:無料


西の河原露天風呂 http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/roten/
洗い場なし。大きい露天風呂がでーんとひとつ。マジな温泉。
ロッカーの100円は返ってきません(涙
入浴料金:500円


湯畑の足湯
足が真っ赤になるくらい熱かった。
入浴料金:無料


千代の湯 http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/chiyonoyu/chiyonoyu.htm
小さい湯船がひとつ。ロッカーがないので盗難の心配がありリラックスして入れなかった。
入浴料金:無料


地蔵の湯 http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/jizonoyu/jizonoyu.htm
脱衣場が湯船の前。仕切りなし。
入浴料金:無料


地蔵の湯の足湯
ここの雰囲気がとても良い。草津で一番好きなスポット。
地蔵の湯であたたまってから、ここでのんびり語り合う。家族とか、仲の良い仲間とまた来たい。
入浴料金:無料


白旗乃湯 http://onsen.kikuchisan.net/article/123066865.html
共同浴の中で一番熱かった。熱い湯船がひとつ。めちゃくちゃ熱い湯船がひとつ。
汚い話ですが、噂どおり、草津の温泉はめちゃくちゃ快便になります。怪物クラスが数秒で産まれます(笑
入浴料金:無料

| | コメント (0)

2010/05/10

→ 草津


草津節メロディポイントを走る。びっくりしたあ!車が歌いだしたかと思った。

Kusatsu20101
西の河原公園。足だけ浸かる。

Kusatsu20102
すごい噴出量。

Kusatsu20105Kusatsu20104
左:茶色のセブンイレブン 右:名物ゆもみと踊り

Kusatsu20106
Kusatsu20107
これ、ずっと見たかったんだー。 興奮!

Kusatsu20108
えぬし、ゆもみと踊りに挑戦。

Kusatsu20103
西の河原露天風呂→千代の湯→地蔵の湯→白旗乃湯。温泉をはしご。後で詳しく書きます。

Kusatsu20109
湯畑の足湯。めちゃくちゃ熱い。足、まっかっか。

Kusatsu201012
夜になるとライトアップされてきれい。

Kusatsu201010
Kusatsu201011
地蔵の湯の足湯の雰囲気がたまらなくいい。祭りのあとのような余韻がある。ここにずーっといられる。

| | コメント (0)

2010/05/08

佐久バルーンフェスティバル → 鬼押出し園 →

Saku201038
一日目は近くから見て、二日目は全体を見たかったので遠くから見た。

Saku201039Saku201040
Saku201041
水田に映ってシンメトリー。

Saku201043
夢のよう。くるまに乗って気球を追いかける。

Saku201044
Saku201045
おとぎ話の世界に迷いこんだ。

Oni20101
鬼押出し園(http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/

Oni20102Oni20103
左:鬼の顔はめ。 右:こんにゃくの味噌田楽。ぬりかべみたい。美味。

Oni20104
Oni20105
お金がたくさん挟まってた。遠くから見ると小さなつぶがきらきら光って特殊な溶岩なのかなと思った。

Oni20106
Oni20107
ごつごつした溶岩だらけ。写真じゃあの迫力が伝わらない。

Oni20108
眺め良好。

Oni201020
浅間山がきれいに見えた。

Oni20109
ヒカリゴケがいっぱい。

| | コメント (2)

2010/05/07

→ 佐久バルーンフェスティバル →

Saku20101
Saku20102
佐久バルーンフェスティバル(http://www.saku-balloon.jp/

ずっと行きたい行きたい言ってたバルーンフェスティバル、なんと近場でも開催していることが発覚!

Saku20103
いろとりどりの気球がたくさん。

Saku20104
カメラを向けたら手を振ってくれた。

Saku20105
手を降りながら天高く昇るASIMO。

Saku20106Saku20107
つまんでみた。

Saku20108
ドラえもんぐてー。

Saku20109
たこちゅーぐてー。

Saku201010
ドラえもん「いただきまーす!」

Saku201030
逆光。

Saku201011
子供が出来たら気球に乗せてあげたい。絶対連れて来よう。

Saku201012Saku201013
夜の部まで時間が空くのでバスツアーで観光&温泉に繰り出す。
1000円のツアーなので期待してなかったけど、充実していてごはんもおいしかった。

Saku201014Saku201015
ぴんころ地蔵。(http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/

Saku201016
望月馬事公苑。(http://www11.plala.or.jp/mochi_hp/

Saku201017
Saku201018
Saku201019Saku201020
ここの遊具好き。動物遊具コミュに乗せなくちゃ。

Saku201021Saku201022
蹄鉄の柵。

Saku201023Saku201024
めちゃくちゃつやつやしてた。 なでなで。

Saku201025
なつかれました。
時間がなくて乗馬できなかった。サラブレッドに乗るチャンスを逃してしまった、泣

Saku201026
会場に戻ると凧あげ大会。

Saku201027
ぴよよーーん。

Saku201028Saku201029
GW中ずーっと暑かった。かき氷がおいしい。レモン味。
餅つきも始まった。

Saku201031Saku201032
Saku201033
HONDAトライアルバイクショー。めっちゃ上から撮ってる人がいるっ。

Saku201034
ぼうっ。

Saku201035
バルーンイリュージョン。

Saku201036
MCのおんなのひとの「バーナー!オーン!」のかけ声が耳からはなれない。

Saku201037
たこちゅーも、バーナー!オーン!

夜の気球はランタンみたいだ。

| | コメント (0)

諏訪湖 → 御柱祭 →

Onbashira20101
諏訪湖で夢を見た。

辺り一面真っ暗。闇。湖をはさんだ正面に突如出現した大きな山。金色に光る炎がうごめいている。
それは龍だった。無数の龍が山をぐねぐねと泳いでいた(もののけ姫のだいだらぼっちがどろどろになって押し寄せてくるシーンのような迫力)。
感動して起きた。

ここはパワースポットなのかなあ。

Onbashira20103
眠れないので湖のまわりを散歩。
幻想的な青。水面が鏡のようで見るものすべてがシンメトリー。時間が経つにつれ色が薄くなっていった。

Onbashira20102
えんとつの上にぽわっと月。

Onbashira20104
遊覧船とボート。

Onbashira20105
初島神社と八重垣姫像。

Onbashira20107Onbashira20108
Onbashira20109Onbashira201010
足ツボと足湯。温泉の医学のこの写真はどういう状況だ?

Onbashira201012
諏訪湖間欠泉センター。

Onbashira201013
Onbashira201014
間欠泉、噴出!

Onbashira201015
七年に一度の天下の大祭、御柱祭へ向かう。(http://www.onbashira.jp/

会場まで一時間近く歩いてへとへと。会場近くのコンビニのアイス、パン、おにぎりが完売していた。すごい光景だった。

Onbashira201016Onbashira201017
左:このビールレアじゃない? 右:ちゃんばら。

Onbashira201018
あそこに見えるは御柱。

Onbashira201019
室町時代から続く伝統的な祭り。

Onbashira201020
Onbashira201021
人を乗せたまま徐々に建っていく御柱。
こんな祭り見たことない。岡本太郎が日本で一番好きな祭りだというのに納得。(http://www.1101.com/taro/kotodama/2003-11-28.html

Onbashira201022
よく落ちないなあ。

Onbashira201024
職人さんたちがぶらさがりながらまいたおもちとラムネをゲット。なんと美術館の招待券入り。

Onbashira201025Onbashira201026
Onbashira201027Onbashira201028
諏訪地方の6市町村21万人が参加するそうです。観光客をあわせたらどのくらいの来場者になるんだろう。

Onbashira201029Onbashira201030Onbashira201031
カメラを向けたら手を振ってくれた。

Onbashira201032
日本の代表的な祭りを全て見たい。


| | コメント (0)

2010/05/01

ACO Premium Live Show -花の咲くころ-

Aco201004301
ACO Premium Live Show -花の咲くころ- @渋谷CLUB QUATTRO


ACOを聴くきっかけは兄がくれた。
わたしの十数回目の誕生日にACOの1stアルバム「Kittenish Love」をプレゼントしてくれた。
ノートを破って作った包装紙には不思議な絵が描いてあった。
今思えば他にプレゼントをもらった覚えはなく、それは兄のきまぐれだったのだろうと思う。

昨日、眠れなくて子守唄代わりにACOを聴いた。
アルバム「irony」を布団にもぐって聴くと危険だ。
その美しく儚い幻想的な音色と歌声が浮遊し、内なる思いを呼び覚ます。
亡くなった友人たちを想って泣いた。
嗚咽が出るほどに泣いた。


Aco201004302Aco201004303
赤いワンピースから伸びる白くて細い手足、大きな眼、どこか哀愁を帯びた佇まい。
はじめて見るその人は対面した人にある種の緊張を持たせる美しさを持った人だった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

おとなしくして 大丈夫
夜はもうすぐ明けるはず
何も出来ずに今日もまた
可哀想ね 終わってしまった
揺れる うねる 想いは幾つにでも
気怠い時間の中
黒く深く空は続く
おかしいよ!! 涙がでない。

悦びに咲く花が
枯れてしまったなら
簡単よ…。 私は女で
とても心が弱い。

(「悦びに咲く花」より)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


心が、かき乱される。
一心不乱に泣いた。


MCが苦手だと言って、笑顔をあまり見せないその人は、音楽に対する姿勢があまりにも真面目で、聴いていて苦しくなる。
でも、その苦しさを欲してしまう。



アンコールの「4月のヒーロー」で髪を振り乱して絶叫するACOに完全に持っていかれた。トリップした。

トイレでひとしきり泣いたあとサングラスをかけて何食わぬ顔で帰った。

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »