« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/28

精神科の待合室

Se201008_
「精神科の待合室」★★★★★
斎藤 茂太 (著)




お義母さんの本棚から借りて読む。
たいへん勉強になった。


目次
幻聴におびえる女 精神分裂病
お節介好きな女 躁うつ病
暗い顔の“マジメ人間” 反応性うつ病
課長の椅子を診断する うつ病対策
うつろな目をした女 症候性精神病・進行麻痺(脳梅毒)・テンカン
悪魔の囁き アルコール中毒・麻薬中毒
愛すべきヒステリー ヒステリー・記憶喪失・失神
子を殺す母親 メーディア・コンプレックス
私という他人 イヴの三つの顔(多重人格)
“恍惚”の人 老人性痴呆・脳動脈硬化症
苦悩を秘める女 ストレス・皮膚紋画症・自律神経失調
自分で病名をつける人 ノイローゼ・精神衰弱と神経衰弱
不安におののく女 不安神経症・心臓ノイローゼ・胃腸ノイローゼ
ヨメは姑に対して“名優”になれ そのノイローゼ対策
“儀式”癖のある女 脅迫神経症
高いところがこわい 高所恐怖症
ハンガーストをする子 神経性思春期やせ症・登校拒否
やたらとかみつく子 早期幼児自閉症
頭を打ったあと 頭部外傷後遺症・健忘症・外傷性神経症
二人の性的異常者 性的病的性格
性の倒錯をよろこぶ人 同性愛
睡眠薬と精神安定剤 問題はその飲み方<ウソを平気でつく人間にならぬために>
付・ノイローゼ自己診断法




内容(「BOOK」データベースより)
現代社会に生じるさまざまな心のひずみを正しく知ることは、不安や偏見のない明るい明日のために必要なことです。
多年の経験を通して精神病の正しい知識と精神科医とつき合う法を説くエッセイ。

| | コメント (0)

空中庭園

Ku51bd2y8wghl_sl135_
「空中庭園」★★★★☆
角田 光代 (著)




光の教会と闇の神社に行きたい。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

安定って経済的にってことじゃないのよ、予定外のことにとまどわなくてすむっていう意味。

いったい今日は何人の他人に見られたんだろう。
何人の他人にこういう馬鹿げた会話を聞かれたんだろう。
何人の他人にぼくという人間の人生を想像されたんだろう。

「あれ、先生がそう言ったのか、だれか、死んだ画家がそう言ったのか、忘れちゃったけど、
神さまのつくったものが一番うつくしくて、すべての芸術家は、みんな、競ってその真似をしてるだけなんだって言ってて、
あたし、神さまとかわかんないしふーんって思ってたけど」

母はいつだってそうだった、吐き出してしまうことでいつも自分だけ楽になろうとするのだ、
そうすることで身近な人を傷つけ、恐怖させ、萎縮させ、絶望の底に突き落としても。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容(「MARC」データベースより)
郊外のダンチで暮らす京橋家のモットーは「何ごともつつみかくさず」。
でも、本当はみんなが秘密をもっていて…。
ひとりひとりが閉ざす透明なドアから見た風景を描く連作家族小説。

| | コメント (0)

なつのひかり

Na51pym8ta91l_sl135_
「なつのひかり」★★★★☆
江國 香織 (著)




頭がぼおとして思考が停止してしまうほど今年の夏は暑い。酷暑。
夏に読もうと寝かせておいた「なつのひかり」

やどかりのナポレオン、キャラメルの空き箱の電話、へんてこなはなし。




出版社/著者からの内容紹介
全編にみなぎる眩くけだるい夏の光…。
現実感と幻想、ノスタルジーが交錯する、「私」と兄をめぐる奇妙で「不思議な真実の物語」。
シュールな切なさと失われた幸福感に満ちた物語。(解説・三木 卓)

内容(「BOOK」データベースより)
「私」は来週21歳。
ウェイトレスとバーの歌手という、2つのアルバイトをしている。
「年齢こそ三つちがうが双生児のような」兄がいて、兄には、美しい妻と幼い娘、そして50代の愛人がいる…。
ある朝、逃げたやどかりを捜して隣の男の子がやって来たときから、奇妙な夏の日々が始まった—。
私と兄をめぐって、現実と幻想が交錯、不思議な物語が紡がれて行く。
シュールな切なさと、失われた幸福感に満ちた秀作。

| | コメント (0)

2010/08/27

海の向こうで戦争が始まる

Umi212d0wsw3dl_sl160_
「海の向こうで戦争が始まる」★★★★☆
村上 龍 (著)




女は僕の目に映った町を見た。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

別の生物が入り込むのだから活動が制限されるのは当たり前だ。
しかも、その生物は独立していて、共通する意味も目的も何もない、弱るのは当たり前だ。
癌細胞には意志がない、人間を殺そうとは思っていない。
あいつらだって生きたいのだ。
生命を得たのだからそれを在続させようと思うのは当然だ、
そのため母親は歩けなくなったり、目が見えなくなったり、発疹が出て顔が丸く腫れても変ではない、
ごく自然だ、俺とも何ら違いはない、母親は異常ではない、母親は気味が悪くない、母親は俺と同じだ、
洋服屋は、母親を見ながら延々とそう考えている。

この作品を書きあげた夜、あるバーでリチャード・ブローディガンに会った。
「二つ目の本になる小説を書いたよ」そう言うと、ブローディガンは「ふうん」と横を向いた。
この野郎、おめでとうぐらい言ったらどうだ、と思ったが、彼はその時機嫌が悪かったらしい。
もう一度僕に向きなおるなり、「大事なのはね、三作目だ」と短く言った。
「処女作なんて体験でかけるだろ? 二作目は、一作目で習得した技術と想像力で書ける。
体験と想像力を使い果たしたところから作家の戦いは始まるんだから」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




出版社/著者からの内容紹介
きらめく夏の海の彼方、祭りの喧噪と凄惨な殺戮。
悪夢の如き情景をとらえる鮮烈豊饒なイメージの躍動。
『限りなく透明に近いブルー』から1年、新たな衝撃を秘める待望の長篇第1作。

読者へのメッセージ
風呂場のタイルに絡み合って貼り付いている女の髪の毛、それが青い地球の末梢神経だ。
戦争はすでに始まっている。
我々の頭の中にビジョンとしてではなく、宮殿として空に浮いているものでもない。
戦争は、海の向こうで、また我々の目の裏側で確実に始まっているのだ。
それは近代戦争しか体験のない我々の親達の想像力を越えている。
僕は戦争を見た。
意味を考えるのは見た後でいい。
僕の見た戦争をあなた方に語りたかった。

| | コメント (0)

2010/08/25

草津と万座

湯畑の足湯(2回目)
今まで行った足湯は夜中になると止められてぬるくなっていることが多かったけど、ここは夜中でも熱かった。
入浴料金:無料


地蔵の湯の足湯(2回目)
草津で一番好きなスポット。
流れ星を見た。
入浴料金:無料


白旗乃湯(2回目)
共同浴。めちゃくちゃ熱い。
入浴料金:無料


大滝乃湯
http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/otaki/
男湯、女湯、そして合わせ湯(男女時間別)がある。

合わせ湯
温度の違う5つの湯船があって、1分ずつ入る入浴方法。

豆知識
湯量1分間にドラム缶184本分。
草津温泉の酸性度は強烈。湯畑に5寸釘を漬けておくと、10日程で針のようになってしまう。

湯あたりしてしまった。
入浴料金:800円   


万座高原ホテル
http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/
星に一番近い温泉。
硫黄成分の含有量が日本一(2回ダウニーで洗濯してもその時使っていたバスタオルはもちろん着ていた服の硫黄臭もとれない)。
売店でゆゆぎ(混浴用薄手のワンピース)を購入して、石庭露天風呂(混浴)へ。
8つの露天風呂がたのしい。
入浴料金:1100円(ホームページに割引券あり。300円安くなります。有効期限2010/12/31) 


万座温泉豊国館
http://www.houkokukan.com/
女湯と混浴。
3mx9mx1mの大露天風呂。
プールのよう。深くておどろいた。
泉質は特に胃腸病・リュウマチ・神経痛・呼吸器・婦人病などに効能が顕著で広く知られている。
おどろくほどにお通じがよくなる。
入浴料金:500円


大湯足湯
http://www.vill.takayama.nagano.jp/hp/page000000200/hpg000000135.htm
建物と提灯の雰囲気が良かった。
施設内加水。足湯は源泉100%。
入浴料金:無料

| | コメント (0)

2010/08/23

→ 占いスナック → 北斎館 → 岩松院 → 新生礼拝堂 → 浄光寺薬師堂 → 雷滝

Mnza2010081562100Mnza2010081570200
偶然見つけた占いスナック 超Bスポ!

Mnza2010081563Mnza2010081564
女は不都合を泣いてごまかし 男は笑ってごまかす
女はいったん親密になると何でも話せる間柄になりたいと思い 男は何も話さなくてもわかる間柄になりたいと思う

Mnza2010081565Mnza2010081566
女はムダ使いは単にムダと考えるが 男はそのムダ使いも将来の有益に結びつくと考える
女は恋のために知恵をわすれてしまうが 男は恋のために知恵をめぐらす

Mnza2010081567300Mnza2010081568
女は隣がやったなら私もやりたいと思い 男は隣がやらないことをやりたいと思う
女は安いと思えば必要がなくても買いたいと思い 男は必要なものを借金してでも買いたいと思う

Mnza2010081569400
女はダメな男にホレ 男はいい女にホレる

Mnza2010081571
なぜかぶどうがたくさんなっていた

Mnza2010081572Mnza2010081575
Mnza2010081573Mnza2010081574
傘風楼(http://www.obusedo.com/store/detail/sanpooloh.html)でランチ
オムライスがすごくおいしかった

Mnza2010081576Mnza2010081577
Mnza2010081578
長野はなんだかハイソ

Mnza2010081579
小布施のしんきん

そして北斎館へ
http://www.hokusai-kan.com/
計算しつくされた構図
美しい設計図を見ているかのようだ

Taki
『諸国瀧廻り』より「下野黒髪山きりふりの滝」

梅洞山岩松院で葛飾北斎の天井絵、八方睨み鳳凰図を見た
http://www.gansho-in.or.jp/index.html
天井を見上げたときの迫力 八方を睨む鳳凰が、そこに、いた (残念ながら写真撮影禁止)

Mnza2010081580
Mnza2010081581Mnza2010081582
蔦のからまる教会、新生礼拝堂 素敵すぎる
http://www.sharaku-net.com/cn21/pg250.html

Mnza2010081584
Mnza2010081585
重要文化財浄光寺薬師堂
http://www.jyokoji.jp/index.php/yakushido
参道からすごいパワーを感じた

Mnza2010081587100Mnza2010081586200
左:大湯足湯 右:手打ちそば処峯本のもりそば 

Mnza2010081588
Mnza2010081589300Mnza2010081590400
雷滝 はじめて滝の裏側を見た

Mnza2010081591
今まで見た滝でいちばん好き すごく近い 滝を目で追って見ると水の粒が移動するのが分かる

Mnza2010081592400Mnza2010081593500
えぬしが大湯に入ると言う
わたしはもうへとへとで温泉に入るのもしんどかったので、
しそジュースを飲み、スパ・ワインセンターの足湯に浸かりながら本を読んで待った

振り返れば渋い旅だった

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました

おしまい

| | コメント (0)

2010/08/20

→ 地獄谷野猿公苑 →

Mnza2010081542500Mnza2010081543
そして地獄谷野猿公苑へ
http://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/

Mnza2010081545
連日の猛暑に耐えられなかったのか、へびが口を大きく開けて死んでいた

Mnza2010081546
サルを見る時の注意

Mnza2010081553
わわわ、いたいた!

Mnza2010081555
さるのおやこ おっぱい青い!

Mnza2010081554
とぅるんとぅるん

Mnza2010081556
ぶくぶくぶく あかちゃんだいじょうぶ?(笑

Mnza2010081557
ぷはっ あかちゃんの顔(笑

Mnza2010081558
あかちゃんどっと老けた?(笑

Mnza2010081559
かあちゃん、もうかんべん…(笑

Mnza2010081552
ありゃ、おしっこしてる

Mnza2010081551
これ、うまく撮れた

Mnza2010081547
毛繕い

Mnza2010081550
カメラ目線いただきました

Mnza2010081549
地獄谷野猿公苑を見張るボスザル

Mnza2010081560
金髪碧眼のおんなのこ 天使みたいだった ひとりで歩いてたらさらわれちゃうよ

Mnza2010081561
夜、田んぼを少し歩いた

つづく


| | コメント (0)

草津 → 白根山湯釜 → 万座 → 

Mnza2010081517
朝、白旗の湯(http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/sirohatanoyu/sirohatanoyu.htm)に入って出発
この景色、ジオラマみたい

Mnza2010081518
白根山を登る

Mnza2010081519
どーん、湯釜 神秘的
登って良かったー 途中でエメラルドグリーンが見えた時は感動

Mnza2010081520
水が冷たい 山頂は寒くて季節はずれのジャンパーを着た

Mnza2010081521Mnza2010081522
左:とうもろこしの甘さとしょうゆの焦げた香ばしさが絶妙
右:白根レストランで野菜天丼を食べる 舞茸、しそ、とまとの天ぷら

Mnza2010081537100Mnza2010081538200
万座高原ホテル(http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/

売店でゆゆぎ(混浴用薄手のワンピース)を購入して、いざ混浴へ
ここでハプニング発生!なんと、湯船の中でえぬしが入れ歯をひろいました(笑

この日は早めに就寝 わたしたちにしてはめずらしくゆったりしたスケジュール

Mnza2010081539
おはよう

Mnza2010081540Mnza2010081541
朝、万座温泉豊国館(http://www.houkokukan.com/

ここ、居心地がいい

えぬしがトイレに行くというのでロビーで本を読んで待っていた
戻ってきたえぬしが頭にタオルを巻いている「どうだった?温泉」
「え、まだわたし入ってないんだけど」

この日は終戦記念日、わたしたちがつきあいはじめて6年目
6年目にして意思疎通できず
ふたりでこの調子なんだから、団体行動なんてできるはずがない

男湯に入ったら女の人が入ってて大胆!と思ったら実は混浴だった、と言うので
女湯にざっと入って男湯へ ゆゆぎ大活躍(全裸で入ってる女の人がいた!)

Mnza2010081523Mnza2010081524
左:日本国道最高地点 標高2172m   右:日本一高い峠 渋峠 標高2152m

Mnza2010081525Mnza2010081526
Mnza2010081527
左:ぐんま 右:ながの

Pak20100815
志賀高原一沼の蓮 パックマンがいっぱい

Mnza2010081533Mnza2010081534
ほたる温泉平床大噴泉のガスでスズメバチが死んでいた…

Mnza2010081528
くものうえ

Mnza2010081529
休憩してスイカを食べる

Mnza2010081531
Mnza2010081532
サイケデリックな蝶

つづく

| | コメント (0)

ペルセウス座流星群 → 草津 →

Mnza201008151Mnza201008152
13日、深夜、草津、地蔵の湯の足湯、だいすきな場所

草津には5月に行ったばかり
http://wpg2.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-a00a.html

Mnza201008153
Manza20100815300
台風であきらめていたペルセウス座流星群を見ることが出来た

2分に1回くらい尾を引いて長く流れた 
星が流れるたびに両手で口を覆ってしまうのはなぜだろう


Time Lapse Perseids Meteor Shower 2010 ペルセウス座流星群

Mnza201008154
1匹の蟻が散歩中のシャクトリムシをしとめて巣に持ち帰るまでを見た

Mnza201008155Mnza201008156
左:バイカーの集団を見ると頭の中でBorn To Be Wildが流れ始める
右:理想の家族

Mnza201008157
温泉街のど真ん中に湯畑がある風景は草津ならでは

Mnza201008158Mnza201008159
お食事処暖で、生姜焼き定食と山菜そばを注文

食べログで生姜焼きがおいしいと書いてあったので頼んでみたら大正解
「肉厚!ステーキみたい!おいしい!」とはしゃいでいたらとなりのおじさんが「それなんだ?」とたずねてきた
「インターネットで調べてきたんですけど、おいしいですよ」と答えると
店員を呼んで「これ!これくれ」とわたしたちの生姜焼きを指して注文した(笑

Mnza2010081510
帰り際おじさんにあいさつすると「草津は食べ歩きするのがいいんだ、ほれ」と焼き鳥をくれた

Mnza2010081511Mnza2010081512
大滝乃湯
http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/otaki/

合わせ湯初体験
温度の違う5つの湯船があって、1分ずつ入る入浴方法
46度にがまんして入ったら熱いを通り越して肌がぴりぴりした

草津の温泉は何色と言うのが正しいんだろう 白にちょっと青緑を足した色

写真は女性専用時間の湯もみ カメラが曇っちゃった

Mnza2010081513Mnza2010081514
Mnza2010081515
草津山光泉寺(http://www.kusatsu.ne.jp/kousenji/)でお参り
そこから見た湯畑

つづく

| | コメント (2)

2010/08/17

サヨナライツカ

Sayonaraitsuka201008
サヨナライツカ」★★★★☆
出演: 中山美穂, 西島秀俊, 石田ゆり子, 加藤雅也, マギー
監督: イ・ジェハン




西島秀俊がどまんなかのわたしにこの映画はやばい(でも、空港のシーンで終わってくれた方が美しかったかな)。
シーンがかわるたびに、こんどはどんな真中沓子(中山美穂)が見れるのかと、どきどきした。

辻仁成はこの映画を観てどうおもったんだろう。
自分の書いた小説を妻が演じる。他の男と愛し合うことについて。




【ストーリー】
1975年、灼熱のバンコク。
金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“愛されること”を求め生きてきた沓子は、ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。
ふたりはたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。
しかし、豊は結婚を目前に控え、日本に婚約者がいた。
期限ある恋、かなわぬ恋だとしても、自分は彼を愛し続ける…。
沓子は、愛することこそが本当の愛だと気付いてしまった。
そしてふたりは25年後のバンコクで、運命の再会をするが——。
人は死ぬ前に、愛することを思い出すのか、愛されることを思い出すのか——
バンコク、東京、ニューヨーク。
一瞬の熱情が、25年の時を超え、一生の愛になる。

| | コメント (0)

2010/08/11

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2010

Otodama201008081
8月8日、わたくしの誕生日、音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2010 の BEACH DANCE 2010 VOL.2 に行ってきました
http://www.otodama-beach.com/

Otodama201008082
【DJ】
石野卓球☆Taku TakahashiDJ KENTAROTOMOYUKI TANAKA (FPM)ETTOO(ANIMA/EDEN)
DJaa (you&aa/PR!ZE)Alex Einz
【LIVE】
AFRADE DE MOUSE


DE DE MOUSE / baby's star jam (PV)


DE DE MOUSE -dancing horse on my notes- in OTODAMA'09


突然DJブースにのぼってキーボードを弾き出したDE DE MOUSEに痺れた
早々とそこで完全燃焼して、あとは漏れてくる音を聞きながらただ海でぼーっとしてた
そんな27歳の幕開け


Otodama20100808100
Otodama201008087Otodama201008088
Otodama201008089Otodama2010080810
語らうオセロ女子もいれば、寝そべって波に飲まれるのを楽しむ少年もいる
初めての海を怖がる少女もいれば、綺麗な海を知りすぎてしまったがために「輪ゴムが浮いてたからもう泳ぐ気がしない」
と灰色の海を毛嫌いする男もいる

Otodama2010080816
泳がずに丸一日同じ海にずっといたのは初めてかも知れない

Otodama2010080812
空を撮っていたら奇跡的に鳩が映り込んできた

Otodama2010080813
キミ、シルエットだとすごくかっこいいね

Otodama2010080818
逗子海岸で見た夕日はその場にいた誰もがカメラを向けるほど美しかった

Otodama2010080819
おちゃめな女子を撮る女子を撮る女子

Otodama2010080820
初めてのビーチフェス 27歳も初体験をたくさんしたい 知らないものを知りたい

Otodama2010080821
なつやすみのくうき

Otodama2010080822
「おめでとう」をありがとう

| | コメント (0)

2010/08/07

最近買ったものメモ にじゅうろく

Kai201008061Kai201008062Kai201008063Kai201008064
左から、clammbon2010タオル(clammbon tour「2010」@中野サンプラザ)、marimekko 1951- 2010と付録(頂きもの)

Kai201008065Kai201008066Kai201008067100Kai201008068
左から、iPhone 4(コジマ電気)、iMac G5 iSight (ソフマップ)、ラコステハンチング、カンカン帽(頂きもの)

Kai201008069Kai2010080610Kai2010080611200Kai2010080612
左から、DAKINEエコバック(頂きもの)、靴下(ドンキホーテ)、シュシュ(OUTLET)、ドットビニール傘(ダイソー)

Kai2010080613Kai2010080614Kai2010080615300Kai2010080616
左から、ベティちゃん、フィリックス、マイメロディーシール(OUTLET)、SANWAOAウェットティッシュ(頂きもの)

Kai2010080617Kai2010080618Kai2010080619400Kai2010080620500
左から、SONYフラッシュメモリー、SanDisk SDカード、ステップアップ写真術(頂きもの)、ワンピース58巻(尾田栄一郎)

| | コメント (0)

美味しかったものメモ にじゅうなな

Tabe201008061Tabe201008062Tabe201008063Tabe201008064
左から、担々冷麺、台湾ラーメン、焼き餃子(中国料理 歓迎 ホワイヨン)、叙々苑焼肉ライスバーガー(頂きもの)

Tabe201008065Tabe201008066Tabe201008067Tabe201008068
左から、しその牛肉蒸餃子、鳥肉の甘酢炒め、ネギとホタテの漁師風炒め、唐辛子餃子(餃子市)

Tabe201008069Tabe2010080610Tabe2010080611Tabe2010080612
左から、たこのカルパッチョ、アボガドサラダ、ピザ、五目あんかけ焼きそば(まつり)

Tabe2010080614Tabe2010080616Tabe2010080617Tabe2010080618
左から、京風串揚おまかせ十本盛合、岩牡蠣、鯖蕪寿司、湯葉とちりめん山椒のお茶漬け(はな菜)

Tabe201008071Tabe201008072G20100806Kaiikaho201018
左から、ビュッフェ形式(寄居星の王子さまPA レストラン「ル・プチ・プランス」 )、グリーンカレー(マライ)、
牛肉のジューシーハンバーグのコースと、すずきとホタテのポワレブルーブランソースのコース(YADOダイニング風の谷)

| | コメント (0)

メモ:Hot spring

7月31日(土)湯楽(ゆら)の里 所沢温泉に行く。

| | コメント (0)

2010/08/02

真夏の夜のスイング・ジャズ

Chiho20101
土曜日、ガスライト・ライブコンサート2010「真夏の夜のスウィング・ジャズ」@東京ガスミュージアム
http://www.gasmuseum.jp/index.html)に行ってきました

Chiho20102
出演:花岡詠二スヰング・ショッツ

花岡詠二(CL)/渡辺恭一(Ts.)/小森信明(Tp.)/佐久間和(Gt.)/青木喬司(Bass)/熊田千穂(Vo.)

Chiho20103
Chiho20104
千穂ちゃん、初野外ライブ 伸びやかな声は、どこまででも届きそうだった


When You're Smiling@熊田千穂と銀座キラ星カルテット

Chiho20105
左:渡辺恭一(Ts.)http://ameblo.jp/babisun0504/
右:熊田千穂(Vo.) http://hintmint.cocolog-nifty.com/blog/

終演後、千穂ちゃんに「えぬし!」と呼ばれ舞い上がるえぬし、
ちょっとしか会ったことないのにTwitterで馴れ馴れしくしてしまい恭一さんに若干動揺するわたし、笑

Chiho20106Chiho20107
日が暮れて、第二部
ガス街灯のあかりがますます良い雰囲気

Chiho20108
Chiho20109Chiho201010
Chiho201020
フジロックのHEAVENのようだった
スマッシュさん、熊田千穂フジロックに呼ばなくていいんですか?

Chiho201011
Chiho201012Chiho201013
素晴らしかった どんどん野外でやってほしいな


真夏の夜のジャズAnita O'Day (アニタ・オデイ)

えぬしが、「『真夏の夜のジャズ』を思い出した」と言った
ん?それって、今回のライブタイトルではないか(正確にはスイングがついてるけど)、すごい(えぬしはタイトル知らずに言った)

Chiho201014
かげあそびをするえぬし

終演後、ビョークが流れた(なんて選曲なんだ!)
誰もいなくなった客席に残って、目を閉じて聴いた

フジロックにまたビョーク来ないかな


Hyperballad Fuji Rock Festival Greatest Hits tour 2003

フジロックに行けなかったこと、ばりばり引きずってます(こんな終わり方でごめんなさい)

帰りに車の中から花火を見た
住宅街に下半分隠れてる花火をひとつだけ

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »