« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/30

凶気の桜

Hikita2010
「凶気の桜」★★★☆☆
ヒキタ クニオ (著)




もう10年くらい前になるのかな、映画「凶気の桜」を観てどっぷりとその世界にはまった。サントラも買った。
このときの窪塚君は無敵だった。
「もしもし、洋介ですけど、ういっす。前から言ってた映画だけど、いい本見つけたんすよ」



凶気の桜(Evil crazy sakura) Trailer




内容(「BOOK」データベースより)
怖い大人がいねかえら、脳ミソのぱさついた阿呆がのさばるんだ。
生まれて来て、すみません、って思いを味わわせてやる—。
渋谷に若きナショナリストの結社が誕生した。
その名はネオ・トージョー。
薄っぺらな思想ととめどない衝動に駆られ、“掃除”を繰り返していた彼らは、筋者の仕掛けた罠にはまっていた。
『時計じかけのオレンジ』の冷笑も凍りつく、ヒップなバイオレンス小説。

| | コメント (2)

星へ落ちる

Hosiheochiru
「星へ落ちる」★★★☆☆
金原ひとみ (著)




当事者の男の心情も知りたかった。
みんなをふりまわしてる罪深い男の心情。




出版社 / 著者からの内容紹介
一つの恋愛と三人の孤独——
元彼の部屋を出て、「彼」と付き合い始めた「私」。
「彼」が女と浮気をしていると知り、自殺を考える「僕」。
突然去った「彼女」を待ち続ける「俺」。
愛するほど孤独になる、三人の絶望と激情。

| | コメント (0)

女ですもの

Onnna20110203
「女ですもの」★★★☆☆
内田春菊、よしもとばなな (著)




15歳、17歳、19歳、21歳、25歳、5回中絶し、33歳ではじめて出産。今は4人の子どもがいる。
壮絶な経験をしてるのに前向きに生きている内田春菊の文章を読むと少し救われる。




◯子どもという存在
子どもを産むということ
子どもを産んで、わかったこと
子育ての線引き
子育てをとりまくもの
恋愛と育児の関係!?
大切なのは、「楽しいこと」
腹が据わる
発見の毎日

◯家族という問題
子育てと家族
二人の関係
入籍問題
相手の親

◯女ですもの
女と男
恋がしたい?




内容(「BOOK」データベースより)
男、結婚、子ども、家族—女がぶつかる大問題を語りました。あなたの人生は、あなたのもの。勇気が、わいてくる。

著者略歴

内田 春菊
1959年生まれ。4人の子の母。パートナーの貴山氏とは、結婚した後、籍だけ抜いて事実婚に

よしもと ばなな
1964年生まれ。パートナーの田畑氏とは事実婚。男の子の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0)

2011/03/02

喜連川早乙女温泉と味噌と餃子の店青源

Tochigi201102281
日曜日、栃木の温泉喜連川早乙女温泉に行った ひさしぶりの小旅行

Tochigi201102282
あ、パラシュート 車の中からシャッターを切った

Tochigi201102283
羽生PA 影が濃い

Tochigi201102284
羽生名物金時いもソフトを食べる さつまいもの味がした

Tochigi201102285
早乙女温泉到着 田園風景の中にひっそりと佇んでいた

Tochigi2011324Tochigi2011324
渋い大広間

Tochigi201102287Tochigi201102288
しじみラーメンを食べた ちょっとしょっぱかった

Tochigi201102286
LADIES & GENTLEMEN

硫黄のにおいが強いエメラルドグリーンの温泉
時間や天候によって温泉の色が変わるそう
シャワーまで温泉だった
ぽかぽか♨

宝水、温かい緑茶、コーラを飲んでまったり 気に入ったのでもう一度入ることにした

するとびっくり 同じ浴槽なのに2色になっていた 
窓に近い半分がエメラルドグリーン、照明が当たっている半分が乳白色 興奮

Tochigi201102289
夜の方が雰囲気あるね

Tochigi2011022810Tochigi2011022811
せっかく栃木まで来たから宇都宮餃子を食べることにした

正嗣はやっぱり売り切れだった、、前に来たときも売り切れだった、、まだ正嗣の餃子食べたことない 食べたい

ネットでいろいろ検索して青源で食べることに

ネギ味噌焼餃子、青源特製焼餃子、はね餃子、水餃子を注文

水餃子にはまる 味噌と生姜と酢の絶妙なバランス 女子が好きな味

Tochigi2011321Tochigi2011322Tochigi2011323
羽生PA、早乙女温泉、佐野SAのスタンプをゲット 自称スタンプコレクター

Tochigi2011022812

Tochigi2011022813
夜の高速道路 音楽を爆音でかけて、どこまでも続く夜景を眺めるのがすき トリップする

| | コメント (0)

喜連川早乙女温泉

2月27日、喜連川早乙女温泉に行く。


以下HPより転載


色が変わる不思議な温泉?
朝はエメラルドグリーン、夜は乳白色。
一説によれば、硫黄の成分が空気に触れて酸化するため白く変化するそうです。
このような現象は他にも鉄泉などで見られるそうです。
(時間・天候等により自然に変化します)


循環・沸かし湯はしてないの?
源泉のままでは蛇口のカランが1ヶ月でボロボロになってしまうような温泉です。
循環器・ボイラーを設置しても1ヶ月程度で交換するようになってしまいます。
だから、する必要もないのです。


備品
入浴用品はできるだけお持ちください
・ドライヤー
・石鹸、ボディソープ


営業時間:9時〜21時(入場20時終了)
入場料金:大人(中学生以上)1000円(18時以降、600円) 、小人(小学生)500円 (18時以降、250円)
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
備考:小学生未満は無料
無料駐車場あり
別途有料個室(家族風呂)あり


栃木県さくら市早乙女2114
喜連川早乙女温泉
☎028-686-4126


交通 :JR宇都宮線氏家駅から東野バス喜連川温泉方面・馬頭小川方面行きで15分、「谷中入口」下車、徒歩10分
JR宇都宮線氏家駅から専用無料送迎バスが運行中(列車ダイヤ改正等により変更する場合有り)
東北自動車道宇都宮インターから国道119・293号経由で約45分
矢板インターから国道4号・293号経由で約15分

| | コメント (0)

セックスボランティア

Sexbo20110204
「セックスボランティア」★★★★☆
河合 香織 (著)




この本の話をしたら、恋人は「知りたくなかった」と言った。
重度の身体障害者の番組宣伝を見て、母は「見たくない」と言った。

知っていなければいけないことではない。
知ることによって、負担を感じてしまうのなら知らないほうがいい。
それは、当事者にとっても迷惑だ。
それならどうして知ろうとするのか。
それは好奇心だ。
ただの、好奇心。
わたしに彼らを救えるはずがない。

目を背けたくなる現実はこの世にたくさんある。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「性とは心を生かすと書く。楽しくなくっちゃいけない」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




出版社/著者からの内容紹介
障害者だってやっぱり、恋愛したい。性欲もある。
──その思いを満たすための「性の介助」の現実とは? 
彼らの愛と性に迫るノンフィクションの意欲作。

| | コメント (0)

高村光太郎詩集

Takamura2010
「高村光太郎詩集」★★★★☆
高村 光太郎 (著)




一ヶ月くらいかけて少しずつ引越しをした
読む本が手元になかったので
お義母さんの本棚から借りた



[CM] 黒木メイサ×松田龍平 - UNIQLO「何処もかも冬だ」篇では「冬の詩」が使われている


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「値ひがたき智恵子」

智恵子は見えないものを見、
聞こえないものを聞く。

智恵子は行けないところへ行き、
出来ないことを為る。

智恵子は現身のわたしを見ず、
わたしのうしろのわたしに焦がれる。

智恵子はくるしみの重さを今はすてて、
限りない荒漠の美意識圏にさまよひ出た。

わたしをよぶ声をしきりにきくが、
智恵子はもう人間界の切符を持たない。

「荒涼たる帰宅」

あんなに帰りたがつてゐた自分の内へ
智恵子は死んでかへつて来た。
十月の深夜のがらんどうなアトリエの
小さな隅の埃を払ってきれいに浄め、
私は智恵子をそつと置く。
この一個の動かない人体の前に
私はいつまでも立ちつくす。
人は屏風をさかさにする。
人は燭をともし香をたく。
人は智恵子に化粧する。
さうして事がひとりでに運ぶ。
夜が明けたり日がくれたりして
そこら中がにぎやかになり、
家の中は花にうづまり、
何処かの葬式のやうになり、
いつのまにか智恵子が居なくなる。
私は誰も居ない暗いアトリエにただ立つてゐる。
外は名月といふ月夜らしい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容(「BOOK」データベースより)
大正三年に刊行された処女詩集『道程』から、万人の胸に感動を伴って響く愛の詩編『智恵子抄』を経て、
晩年の岩手山麓にうたう『典型』まで、光太郎の全生涯にわたる詩業から百余編を収録する。
近代的人間形成という課題をになって出発した光太郎が、その昏迷と焦躁を打ち破り、
厳しい自己凝視の中に築いた内的世界の充溢がほとばしる、壮麗な生と愛の讃歌である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高村 光太郎
1883‐1956。
上野公園の西郷隆盛像で知られる木彫家光雲の長男として東京に生れる。
東京美術学校で彫刻、洋画を学ぶ。
1906(明治39)年、欧米留学。
パリでは美術・彫刻の他、ヴェルレーヌ、ボードレールらの詩を学んだ。
帰国後、気鋭の美術評論、評伝、エッセイを次々と発表して注目された。
’14(大正3)年、処女詩集『道程』で芸術院賞を受賞。
’41(昭和16)年、『智恵子抄』を刊行。
’50年、『典型』で読売文学賞を受賞。
他に『ロダン』『造形美論』『暗愚小伝』など著書多数。
享年73(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »