« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/25

帰省 に

Hokkaido2011052233_2
5月8日 姉と義兄と姪と甥とわたしでこどもまつり

Hokkaido2011052227_2100Hokkaido2011052228_2200300
姪っ子、消防士になる

Hokkaido2011052229_2
ガンバレ! ビックマくん

Hokkaido2011052230_2
しゃぼんだま ふわあん

Hokkaido2011052231_2
ふわり ふわり ふわり

Hokkaido2011052234_2
だきっ

Hokkaido2011052235_2
スーパーボールすくいにヨーヨーつり、犯人を探すゲーム、やきそば、ラムネ、いちごあめ

Hokkaido2011052236_2
かびるんるん、甥っ子に食べられる

大人も驚愕する『アンパンマンスーパー大図鑑』がハンパなく凄い!

Hokkaido2011052237_2
姉におごってもらった

Hokkaido2011052241_2
母の日のケーキ

Hokkaido2011052242_2
3歳児にしてこのヤンキー座り 
28日の おかあさんといっしょ あつまれ!土曜日 に出ます たのしみ

Dolton201105221Dolton201105222
5月9日 わたしの手続き関連で父一時外出 わたしの「だいじょうぶなの?」に 父「救急車で帰ればいいべ」
 
5月10日 母とわたしで父のお見舞い と ドルトン

Dolton201105223Dolton201105224
ホットサンドとコーヒー、チキンジンジャーライスとバナナジュースを注文

Dolton201105225Dolton201105228
だいすきないくえみ綾特集 全部持ってます

Hokkaido2011052249

Hokkaido2011052250
5月11日 妹の車のタイヤ交換
待ってる間 公園に落ちてた空気がぬけたサッカーボールでサッカー

Hokkaido2011052244
玉葱貯蔵庫

Hokkaido2011052243_2
うちの車庫 がんばれ!!東日本 元気だそう!!北海道

Hokkaido2011052238_2
外から見た猫部屋

Hokkaido2011052239_2
枯れたさくらんぼ

Hokkaido2011052247
姪っ子とうちの隣のスーパーに行ってしゃぼんだまを買った

Hokkaido2011052245
ケンシロウにしゃぼんだま攻撃

Hokkaido2011052246
ふわわわわわわわ

Hokkaido2011052248
けんけんぱを教えたけど、できなくて ぱっぱっぱになっていた

Dolton2011052210Dolton2011052211
うちの本棚 みづゑ と 太宰治全集

Hokkaido2011052252
5月12日 姉と姪っ子とわたしで木のプラザへ

Hokkaido2011052253
木のプール

Hokkaido2011052255
5月13日 最後に父のお見舞いに行き、そのまま女満別空港へ

PILICAでチキンスープカレーと道産野菜のスープカレーを注文

Hokkaido2011052256
AIR DOオリジナルパッケージのオニオンスープ 北見のたまねぎ

きもちわるいくらい家族にべったりな帰省であった

ずっと一緒に暮らしていたひとたちとたまにしか会えなくなるのがあたりまえな人間社会って変だなと思う今日この頃

おしまい

|

2011/05/24

帰省 いち

Hokkaido201105221
5月2日 羽田空港

今回の帰省は出来る限り家族と時間を共有しようと思った だから、誰にも帰ることを告げなかった

第2ターミナルの美術館「ディスカバリーミュージアム」で和敬清寂 茶席千利休展を観る

Hokkaido201105222
はじめて一番後ろの窓側に座った
教室で言えば、当たり席 しかし、この席になると空ばかり見て成績が下がる

Hokkaido201105223
5月3日 母、兄、兄嫁、妹、わたしで父のお見舞いに行く

みんなでピザを作った このみんなにわたしは含まれていない この家では何も作れない人ということになっています

Hokkaido201105224
さんびきのねこ と 姪っ子、甥っ子

Hokkaido201105225
以心伝心 イシンデンシン いしんでんしん

フィッシュマンズ「A Piece Of Future」@野音 iPhoneのUSTREAMで見れなかった 泣いた 


fishmans - night cruising

Hokkaido201105226
5月4日 昨日のメンバーで父のお見舞いに行く
帰って来てだらだら 村上龍「半島を出よ(下)」を読んだり、姪甥とあそんだり、昼寝したり

5月5日 妹と「告白」を観た

5月6日 失念

Hokkaido201105227
5月7日 母と妹とわたしで父のお見舞いに行く

ひさしぶりにじいちゃんち 思ってたより元気で良かった

移転した遊牧民族へ

Hokkaido201105228
遊木民族(ゆうぼくみんぞく)
【住所】北見市花月町6丁目3(河西ぼたん園内)
【電話番号】0157-33-1324
【営業時間】9時〜23時
【定休日】水曜

Hokkaido201105229
だいすきな雰囲気 ここは北見に帰る度に行こう

Hokkaido2011052210
ふたり組の人ばかり

Hokkaido2011052211
てづくり感あふれる、だらーん

Hokkaido2011052212
今まで集めて来たものを飾ってるんだって いいなあいいなあ うちにもこういうのいっぱいある 「まねしたい」であふれてる

Hokkaido2011052213
コップも食器もオーナーの手作り 陶芸教室も準備中だそうです

Hokkaido2011052214
オーナーも車中泊で旅をするそうだ 女性で車中泊してる人にはじめてあった 車中泊いいよお 旅ってかんじで

Hokkaido2011052215
この廊下が気に入って、ここに決めたんだって

Hokkaido2011052216
奥には和室、ちょっとしたパーティーが出来る個室があります ここでパーティーしたい

Hokkaido2011052217
植物がいっぱい

Hokkaido2011052218
うちにあるのと似てるマトリョーシカがあった 今、マトリョーシカとスノードーム集めてるの 飾るところないけど、ね

Hokkaido2011052219
自分で作ったもの、知り合いの画家の絵、自分の好きなもの そういうのを散りばめた素敵な空間

Hokkaido2011052220
ぽーくパイ うわーん、これ、食べる前からおいしいよお

Hokkaido2011052221
オマール海老とマイタケのアメリケーヌソース ぷりぷりのえび、大好物

Hokkaido2011052222
ハーブチキンのオーブン焼き おいしかったあ 心身ともにほくほく

Hokkaido2011052223100Hokkaido2011052224200
ここに存在するもの、目に映るものが もう、ほぼ、すべて 好みにドンピシャ

Hokkaido2011052225
食後の散歩 広いぼたん園 咲いたらまた写真撮りたい

Hokkaido2011052226
ひつじが二匹いました

つづく

|

2011/05/23

ヘンリー・ダーガー展

Hemain_visual
ヘンリー・ダーガー展
http://www.lapnet.jp/event/event_l110423/


ヘンリー・ダーガーの部屋の写真を見た瞬間、胸と喉と涙腺がくっと刺激された
この人の人生は、なんて、なんてなんて、さみしかったんだろう、と

ヘンリー・ダーガーの作品が世に出たのは管理人ネイサン・ラーナーの存在が重要
ゴッホの弟テオ・ファン・ゴッホのような存在

管理人ネイサン・ラーナーがいなければヘンリー・ダーガーの作品は埋もれていた

ほとんどのアウトサイダーアートは死後、家族によって処分される

管理人ネイサン・ラーナーはヘンリー・ダーガーの死後、ヘンリー・ダーガーに新たな部屋を用意した
そこは芸術家の住む空想と現実の狭間の世界

ヘンリー・ダーガーが夢の世界を空想したように、わたしたちは芸術家ヘンリー・ダーガーを空想するだろう


He201105221200

He201105222



以下「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 」を観たときの感想

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ヘンリー・ダーガーは生涯をかけてひとつの世界を創造してしまった。
なんて純粋で閉鎖的で魅力的な人間なんだ。

人に見せるためではなく、ただひたすら自分のためだけに創造したものこそがアート作品として最も優れているのかもしれない。
媚びたところがないそれは、容赦なく心の琴線に触れる。

アパートの一室で息を引き取ったんだとばかり思ってた。
誰にも作品を見られずに亡くなったんだと思ってた。
ヘンリー・ダーガーが生きているうちにアパートの大家さん(アーティスト)が発見して驚嘆したんだ。
アパートの隣人が救貧院でへンリー・ダーガーに作品を見た感想を伝えたことを語ったシーンで号泣してしまった。

世界一長い長編小説『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因する
グランデコ・アンジェリニアン戦争の嵐の物語』を読んでみたい。

画集を手に入れたい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎

|

2011/05/22

ホリー・ガーデン

Horiimages
「ホリー・ガーデン」★★★★☆
江國 香織 (著)




どうやって、登場人物の名前を決めているんだろう? と、ふと思った
この本に出てくる人たちはとくに魅力的な名前だから

カフェオレボウルを買おう
あと、ひとりでピクニックに行くのもまねしたい




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

食べ物によって精神の安定を得ようとする——驚いたことに、そういう症例は珍しくないらしい。
炭酸飲料ホリックや香辛料ホリック、生野菜ホリックというのもあると、医者は真顔で言っていた
——なんて、幼児性の強い証拠ではないか。

あらゆる仕事はアートだ、と、きのう芹沢は言った。
乱暴に抱きあったあとで、仕事は日常に近ければ近いほど祝福されたアートだ、と。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容(「BOOK」データベースより)
果歩と静枝は高校までずっと同じ女子校だった。
ふと気づくといつも一緒だった。
お互いを知りすぎてもいた。
30歳目前のいまでも、二人の友情に変わりはない。
傷が癒えない果歩の失恋に静枝は心を痛め、静枝の不倫に果歩はどこか釈然としない。
まるで自分のことのように。
果歩を無邪気に慕う中野くんも輪に加わり、二人の関係にも緩やかな変化が兆しはじめる…。
心洗われる長編小説。

内容(「MARC」データベースより)
うれしくても、悲しくても、泣きたくなるときはいつも、あなたのことを想い出す。
余分な時間ほど美しい時間はない。
たくさんの余分な時間を共有してきた2人の物語。
2人と2人をめぐる余分な日々を描く、優しくて切ない物語。

|

すいかの匂い

Suikaimages
「すいかの匂い」★★★★☆
江國香織(著)




さーっと静かに血の気のひく物語



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

私は子供が好きじゃない。ちょうど、子供の頃大人が好きじゃなかったように。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


内容(「BOOK」データベースより)
あの夏の記憶だけ、いつまでもおなじあかるさでそこにある。
つい今しがたのことみたいに—バニラアイスの木べらの味、ビニールプールのへりの感触、おはじきのたてる音、そしてすいかの匂い。
無防備に出遭ってしまい、心に織りこまれてしまった事ども。
おかげで困惑と痛みと自分の邪気を知り、私ひとりで、これは秘密、と思い決めた。
11人の少女の、かけがえのない夏の記憶の物語。

|

昭和銭湯 里山の湯、大泉寺温泉 福の湯

昭和銭湯 里山の湯(http://www.nihon-showamura.co.jp/


細長い内湯に赤ちゃんを連れたお母さんが三人いて
並んで赤ちゃんを湯にちゃぷちゃぷと入れていた
赤ちゃんは皆おとなしく、泣いている子は誰もいなかった

木のぬくもり、間接照明が雰囲気があり、浴槽の形、浴槽の場所が独特
静かでほっとする場所だった ゆっくりとくつろげた


11:00〜:21:00(最終受付20:30)
大人600円  
小人300円
年中無休(メンテナンスによる臨時休業あり)

〒505−0003
岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1
TEL:0574−23−0066  
FAX:0574−23−0080




大泉寺温泉 福の湯(http://hukunoyu.web.fc2.com/


無色透明、無臭のアルカリ性
大浴場は7種類のお風呂、露天風呂は5種類のお風呂がある
ぬる湯があるのでいつまでも入っていられる

フィットネス、岩盤浴もあり、ごはんがおいしい


年中無休/10:00〜深夜1:00(最終受付0:30)
 
大人 650円(平日)750円(土日祝)
小人(小学生以下) 200円(平日)300円(土日祝)
幼児(3才未満)無料

TEL 0568-83-2683
〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町220-1

|

2011/05/20

三河工芸 ガラス美術館、紫峰人形美術館、高浜茶屋吉貴

Saisyu201105011100Saisyu201105012
三河工芸 ガラス美術館でギネス認定 世界最大の万華鏡を見た 見たというか、中に入った スフィアの宇宙 残念ながら撮影禁止

左:この万華鏡やばすぎる 覗くと笑いが止まらない その写真もあるけど、やばすぎて載せられない
右:ここ、ガラス美術館ですよね? 館長の趣味? 映画で使われたモデルガンが大量にある

Saisyu201105013Saisyu201105014
左:この人たち目がたまに動く 右:解説もしっかりしていてガンマニアにはたまらないのでは?

Saisyu2011050116
全国唯一の人形テーマパーク紫峰人形美術館 豪華絢爛
都おどり 4階まで吹き抜けの大山車で京都、祇園祭を再現 100体以上の花笠人形が舞い踊る

Saisyu2011050129100Saisyu2011050134200
左:日本昔話劇場 花咲か爺さん、一休さん、桃太郎、浦島太郎が見られます
右:見どころ11番 能舞台

Saisyu2011050135Saisyu2011050136
明治村で見た呉服座《重要文化財》通りで感動 ガイドさんの話聞いて良かった

Saisyu2011050110
表情、からだの丸み、白い肌、黒い髪 なまめかしい

Saisyu2011050111
覗いてる…!

Saisyu2011050114
三河湾の潮干狩り風景だそうです 潮干狩りじゃない…! 
えっちなところに絶対お金が入っていた ありがとうの意を込めているのだろうか

Saisyu2011050115
さて、問題です この記事にいくつのおっぱいが出てくるでしょう と、いうくらい秘宝館のようになっていた

Saisyu2011050117
圧巻 浅草三社祭 ひとりひとりの表情がゆたかで驚く

Saisyu2011050120
500体以上の人形の大迫力演舞 日本の代表的な祭りがここで見られる
「さくらん」の舞台のよう

Saisyu2011050121
怪しい光の色が生々しさを演出

Saisyu2011050122
鏡でシンメトリー

Saisyu2011050125
匂いたつエロス エロと覗きはワンセット

Saisyu2011050130
ヌード耳かき ¥400 紫峰人形美術館の隣にある高浜茶屋吉貴

二階に上がってびっくり 
先ほど見た紫峰人形美術館の能舞台の等身大のセットがあり、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう

Saisyu2011050126
すごい…! これをふたりじめ…!
明治村の呉服座、紫峰人形美術館の能舞台セット、高浜茶屋吉貴の能舞台等身大セット ばらばらに見たものがここに来て繋がった

Saisyuu201105151
最後に大きい音がして 振り向くと このお方が右へ左へすごい形相でにらみつける

Saisyu2011050128
そして、ここもやっぱり…! はっきり見えない分、妖艶さ倍増

名古屋はB級スポットの聖地でした

おしまい

|

2011/05/19

博物館明治村

Meijimura201105011100Meijimura201105012200
左:博物館明治村入口(http://www.meijimura.com/) 
明治探険隊VI 〜スフィンクス コード〜という謎解き宝探しが行われていて親子連れが多かった 
右:marimekkoのムック本のバッグが大活躍

Meijimura201105014Meijimura201105013
どんぐりを落として歩くトトロ 
これ、サツキとメイの家でやりたかったんだけど、どんぐりが見つからなかったからこんなところでリベンジ

Meijimura2011050142
バスが走ってるくらい広い 9時間ここにいた

Meijimura2011050133
明治村スタンプラリー17個全部押した 自称スタンプコレクター

Meijimura201105015
帝国ホテル中央玄関 フランク・ロイド・ライト設計

Meijimura201105016
ここを見るためだけにわざわざ日本に来る外国人も多いらしい ポーツマス条約調印テーブルがありました

Meijimura201105019
高田小熊写真館

Meijimura2011050110
人工照明がなかった時代の自然光の照明 素敵

Meijimura2011050111
写真好きなのでテンション上がった

Meijimura2011050119100Meijimura2011050112200
金沢監獄

Meijimura2011050113Meijimura2011050114
えぬし逮捕

Meijimura2011050115Meijimura2011050116
この人えぬしにそっくり

Meijimura2011050117
ここから、出せ

Meijimura2011050118
べにっこ逮捕

Meijimura2011050123100Meijimura2011050124200
左:天然水足浴「半田東湯」 右:女風呂と男風呂が下で繋がってる これ、のぞきし放題じゃん

Meijimura2011050125300Meijimura2011050126400
ぽかぽか 足湯大好き

Cho201105012
汐留バー 汐留ショコラフォンデュと汐留ショコラパフェを注文 あんまーい

Meijimura2011050131Meijimura2011050132
香竄葡萄酒とラフカディオ珈琲(明治の文豪小泉八雲ゆかりの珈琲) よっぱらった

Meijimura2011050134
第四高等学校武術道場「無声堂」 厳かな雰囲気

Meijimura2011050135
牛タンフランク パキ、ジュワ じゃなくて パキ、ドビャ ジーンズに肉汁飛び散った

Meijimura2011050136
ガマの油売り

Meijimura2011050137100Meijimura2011050138200
転職しました

Meijimura2011050139100
洋風

Meijimura2011050147
和風

Meijimura2011050140Meijimura2011050141
伝説のピアニストw

Meijimura2011050143500Meiji600
宇治山田郵便局(重要文化財)で十年後に届く手紙をお互いに書いた
ちょっとふざけて書いてしまった 二枚目にはでかでかと4コママンガ書いた

Meijimura2011050144300
本郷喜之床
二階二間は石川啄木が函館の友宮崎郁雨に預けていた母かつ、妻節子、長女京子を迎えて
明治42年6月16日から東京ではじめて家族生活をした新居

Meijimura201105151
呉服座《重要文化財》

Meijimura201105152
廊下を歩いて枡席に移動する人たち

Meijimura2011050145400
ガイドの話を聞きながら見学 おもしろかった

Meijimura2011050146
迷路を上から見た図

Meijimura2011050148100Meijimura2011050149200
聖ヨハネ教会堂

Meijimura2011050150100
森鴎外・夏目漱石住宅 ここで書いてたのかあ わくわく

Meijimura2011050151
夏目漱石のまねをする女とそれを撮る男

Meijimura2011050152
大泉寺温泉 福の湯(http://hukunoyu.web.fc2.com/

Meijimura2011050153
豚テッチャンちりとり鍋(ラーメン付き)と天ぷら盛り合せと手羽先唐揚げとライスを注文 辛くて美味しかった

この日は道の駅デンパーク安城で車中泊

つづく

|

2011/05/17

桃太郎神社

Momo201105011
この日はサツキとメイの家、五色園、桃太郎神社と一日が濃厚で胸焼けしそうだった 
一日が一週間くらいに感じられた 楽しい時間を長く感じられるなんてこんな素晴らしいことはない

Momo201105012
桃太郎神社のコンクリート像を制作したのは、五色園と同じ作家浅野祥雲

Momo201105013
ももを持ったおばあさん

Momo201105014
やさしそうな鬼

Momo201105015
鬼、胴長

Momo201105016
出た…! 桃太郎…!

Momo201105017
悪運はサル…! こ、こわい

Momo201105018
振り返った図

Momo201105019
5月5日の桃太郎まつりが楽しそう! こどもができたら連れて行きたい!

Momo2011050110
子供守護 無病息災

Momo2011050111
鬼がかわいそうになってきた…

Momo2011050112
んんん、行くぜ

Momo2011050113
どりゃあ! これが本当のXジャンプだあ!

Momo2011050114
やさしい鬼です 背中へどうぞ

Momo2011050115
おだつべにっこ

Momo2011050116
ばっちこーい

Momo2011050117
鬼の珍宝…!

Momo2011050118
おまもりかわいい!

Momo2011050119
犬山名物 モンキー糖

Momo201105021
桃太郎公園 がーがーがー

Momo201105022
楽しそう バーベキューにフリスビー 雰囲気いいですねえ

Momo201105023
ジャブジャブ池 親子がいっぱい

Momo201105024
犬山城

Momo201105025
カラスの楽譜

Momo201105026
昭和銭湯里山の湯に入ってさっぱり そして就寝

つづく

|

五色園

Nin201105011
まちがいさがし1

Nin201105012
まちがいさがし2

Nin201105013
まちがいさがし3

Nin201105015
南無阿弥陀仏

Nin201105014
@nifty:デイリーポータルZ:「五色園」でコンクリ像を愛でる
http://portal.nifty.com/2009/12/23/b/

Nin201105017
車で移動しないと日が暮れる 山道はまさに登山 山まるごとB級スポット

Nin201105016
たけのこ たけのこ にょっきっき

Nin201105018
どんぐり発見 ビニール袋に入れてどんぐりを集めた

Nin2011050114
こわすぎる…

Nin2011050115
五色園の存在を知らないで夜中に一人でここを散歩したらトラウマになりそう…

Nin2011050113
一番最後に見たここが一番すごかった 横から

Nin2011050111
前から

Nin2011050112
後ろから

つづく

|

サツキとメイの家 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

Gold201105011
4月28日(木)夜出発 車中泊の旅スタート

双葉SAでとんかつ定食とコク黒ラーメンと餃子を注文 おかげさまで30周年

Gold201105012
富士山かまぼこ

この日は恵那峡SAで車中泊

Gold2011050125
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)到着

Gold2011050126
お気に入りの場所

Gold201105014
モリゾーとキッコロ…!

Gold2011050132
!? 何があった…!

Gold2011050127
天井の穴を見上げたら、!!?
使徒かと思った…

Gold2011050128
天井の穴の下の床

Gold2011050130
屋上庭園

Gold201105016100Gold201105017200
左:水小屋 右:森小屋

Gold201105019
光小屋

Gold2011050111
天井 眩しい

Gold2011050110
えぬし、影であそぶ

Gold2011050112
ここからの眺めが最高

Gold2011050113
ほら、ね

Gold2011050114
ずーっと行きたかった、サツキとメイの家 http://kino-ie.net/genba_071.html

Gold2011050115
草壁の表札

Gold2011050116
ステンドグラスの窓

Gold2011050117
柱に注目! ぼろー!

Gold2011050118
どんぐりが落ちて来た廊下

Gold2011050119
井戸 ちゃんと水が出ます

Gold2011050123
あ、おじゃまたくし!

Gold2011050120Gold2011050121
えぬしがUFOキャッチャーでとったトトロが大活躍

Gold2011050122
バス停にもトトロ

Gold2011050124
大 興 奮 !

タイルのお風呂、二階に行く階段、メイがサツキに頭をたたかれた丸い窓、お父さんの自転車
下駄箱の中にはあのメイの靴、ランドセルの中のノートに名前、細部まで抜かりなし!

季節が変わったらまた行きたい


つづく

|

2011/05/16

レキシントンの幽霊

Images20110510
「レキシントンの幽霊」★★★★☆
村上 春樹 (著)




そうか、「トニー滝谷」はこの本に収められていたんだ。
読みたいと思っていた作品が、特に探す労力をかけずに転がり込んだ。
本の話だけでなく、最近こういったことが多い。

以下、映画感想

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「トニー滝谷」

夕立後の、なんとなく気怠い感じでいるときに、家の中で読書しているような、そんな錯覚。

物語の朗読。語り。

76分と短い映画。

宮沢りえが本当に綺麗。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



内容(「BOOK」データベースより)
古い屋敷で留守番をする「僕」がある夜見た、いや見なかったものは何だったのか?
椎の木の根元から突然現われた緑色の獣のかわいそうな運命。
「氷男」と結婚した女は、なぜ南極などへ行こうとしたのか…。
次々に繰り広げられる不思議な世界。楽しく、そして底無しの怖さを秘めた七つの短編を収録。

|

2011/05/15

告白


告白」★★★★★
監督:中島哲也
キャスト:松たか子、岡田将生、木村佳乃、高橋努、井之脇海、田中雄土、西井幸人、
能年玲奈、橋本愛、三吉彩花、山田諒、山谷花純




この「告白」をどう映像に起こしたのか
小説を読みながら頭の隅っこで考えた

復讐や崇高や寂しさはぐにゃぐにゃと曲がりくねり、悲しい節目を迎える

写真的、コマーシャル的な映像は
ひとつひとつのシーンが美しく、残酷であった

美月役の子が気になる 暗く、静かな美しさ こわいくらい綺麗






作品解説
2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説を、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が映画化。
娘を殺されたシングルマザーの教師を、松たか子が鮮烈に演じている。
中島監督は、これまでのポップな演出とは打って変わったリアリティあふれる映像を見せる。
一見無邪気に見える13歳の中学生たち。
彼らの中に潜む残酷な心の闇が巻き起こした事件が、女教師の告白をきっかけに拡散していく様子は、
観る者の心を波立たせずにはおかないだろう。
娘を殺された母を演じた松たか子、犯人Bの母を演じた木村佳乃、二人の母親を演じた女優たちも会心の演技。
子どもと母親の関係性、現代の子どもたちの生き辛さを、痛いほどに生々しく描き出した問題作だ。

|

告白

Kukuhakubooku
「告白」★★★★★
湊 かなえ (著)




気持ちいい程の独白。
全てをほっぽりだして、最優先にこの本を読み進めた。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

性徴期と反抗期これらを総称して思春期と呼びます。
些細な言葉に傷ついたり、些細な出来事に影響されやすい、そのくせ自己の確立を深く追求する。
自分の中で何か思い当たることはありませんか?
例えば誰かが先に、毎日タダで牛乳飲めてラッキー! と言っていたらどうでしょう。
今、みんなのまわりに流れている少し嫌な空気はまったく別のものになっていたと思いませんか?

——小さな子って、自分の期待通りに相手が反応してくれるまで、少しずつ話を大袈裟にしていくよね。
それと同じだよ。
空き地で猫の死体を見つけたんだ。へえ……。
実は、その猫を殺したのは僕なんだ。へえ、まさか。
嘘じゃない、僕は時々、猫や犬を殺すんだ。へえ、そうなんだ。
でも、普通の殺し方じゃないんだ。へえ、どんな?
僕の作った「処刑マシーン」で殺すんだ。すっげーじゃん!

「何かつらいことがあれば、お母さんはいつでも相談に乗るけれど、
そんな気分になれないときは、一番信頼できる人に語りかけるような気持ちでこれに書いていきなさい。
人間の脳は何でもがんばって覚えておこうと努力するようにできているけれど、
何かに書き残せば、もう覚える必要はないのだ、と安心して忘れることができるから。
楽しいことは頭に残して、つらいことは書いて忘れなさい」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



内容紹介
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。
ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。
選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。
内容(「BOOK」データベースより)
愛美は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです。
第29回小説推理新人賞受賞。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »