« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/26

東京ディズニーランド

Nezumi2011501Nezumi2011512
左:ディズニーモノレール 右:シンデレラ城

日曜日、テレビを見てたらディズニーランド特集がやってて、行く?うん、行こう、というノリで行ってきました 
フットワーク軽すぎる 夏5パスポート(7月8日~8月31日) 5時から3300円 安い

Nezumi201161Nezumi201172
世界の車窓から的な何か

Nezumi201123_2Nezumi201154
体験したアトラクション

1、カリブの海賊
2、ジャングルクルーズ
3、ウェスタンリバー鉄道
4、モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク
5、キャプテンEO
6、プーさんのハニーハント
7、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

5時から行ったのに7つも体験できた プラス、パレードも見れて大大大満足

Nezumi201111
Nezumi2011101Nezumi2011132
ポークトルティーヤサンド、メイプルチュロス、ポップコーン(バター、カレー)、ターキーレッグ
パレードがはじまるのを待ちながらむしゃむしゃ食べた
ターキーレッグは食べきれなくて、持ち帰り、後日スライスしたきゅうりに挟んで食べた


Michael Jackson's Captain EO [HD] - Part two


TDL : 東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ 1/3 【デジタルフルハイビジョン】

Nezumi201115
Nezumi2011071Nezumi2011072
Tokyo Disneyland Electrical Parade Dreamlights

Nezumi201116
一番前で見たのははじめて 大大大迫力 大大大興奮 大大大感動 
これ、でんでんむし、でんでんむしって言ってたけど、よく見たらてんとうむしだ

Nezumi201118
ふしぎの国のアリスのチシャ猫 にゃーお

Nezumi201119100Nezumi201120200
左:モード反転!裏コード、ザ・ビースト! 右:完全燃焼 エルマーとりゅう、どうしちゃったのw

Nezumi201122

Nezumi201123

Nezumi2011tora

Nezumi2011dona1
アラジンのジーニーがいちばんすごかった 何回も変身を繰り返す まさに魔法

Nezumi201127

Nezumi201128300Nezumi201129400
びゅんびゅん飛び回るローラースケートをはいたハチガールたち 

Nimo20111
ファインディング・ニモ キングクマノミ

Nezumi20111000
モンスターズ・インク サリーとマイク・ワゾウスキ

Nezumi20112000
サリーにおんぶされたブー

Nezumi20115001
ライトアップされたシンデレラ城

Nezumi20115002
午前中はいろいろしんどかったから、自らたのしい国に飛び込んだ 
たのしいことが起きるのを待つより、たのしいことが起きてる場所に飛び込む方を選んだ
たのしいところに行きたかった たのしい気分になりたかった
いやなことがあった場所から立ち去り、たのしいところに身を置きたかった
ディズニーランドは夢の国だ

|

トトロの森

Totoronomori4
前からちょっと気になっていた一般人もOKな獨協大学の学食に行ってみた
獨協ランチ¥260を食べる 可もなく不可もなく ネタとしてまた行くかも

Totoronomori100Totoronomori200
かなりたのしみにしていたクロスケの家(http://www.totoro.or.jp/kurosuke/index.html)は閉館だった 
泣いた リベンジを決意

Totoronomori20
蔵にトトロ

Totoronomori3300Totoronomori1400
トトロ森行 トトロの森・1号地

Totoronomori13
茶畑

Totoronomori12
木漏れ日

Totoronomori11
トトロの森は何の変哲もないただの森だった
里山 人里に隣接した森 森と人間の共存

Totoronomori9
葉っぱの影

Totoronomori10
なんだかちょっと神秘的な光景 
踏まないように跨ごうとしたら、木漏れ日の中、影と光を交互に浴びてひらひらと飛んだ

Totoronomori6
W 104 トラスト

Totoronomori8
堀口天満天神社

この方のブログを見るとトトロがいる…! 次はもっとちゃんと探してみよう この日は思いつきで行動した一日だった(汗

Totoronomori5
これが

Totoronomori15
こうなって

Totoronomori17
こうなる
東京タワーに引っかかったフラッシュウニボール

Totoronomori21
駐車場から西武園ゆうえんちの観覧車が見えた

Totoronomori18
真横から見た図

Totoronomori19
狭山公園でお弁当を食べた

Totoronomori22500
日本で一番美しい取水塔、村山下貯水池第一取水塔

帰り道、カーナビでMステに初登場して「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」を歌う山口一郎を見た


サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

|

2011/07/20

佐原の大祭

Sawaranotaisai20114
キミドリが眩しい

7月17日(日)国指定重要無形民俗文化財佐原の大祭

Sawaranotaisai20113
守谷SA、谷田部東PA、美野里PA、道の駅たまつくり 
スタンプを集めたり、ごはんを食べたり、トイレに行ったり、よりみちよりみち

Sawaranotaisai20115
メロンソフト 豪華

Sawaranotaisai201116
霞ヶ浦大橋 意味も無く車で往復 口笛を吹きたくなる気分 実際、いい景色を見る度、無意識に口笛吹いて笑われた

Sawaranotaisai20112

Sawaranotaisai201115

Sawaranotaisai20111
強烈な日差しと照り返し 目を細めた

Sawaranotaisai20118
えぬし あんど べにこ

Sawaranotaisai201111
駐車場からシャトルバスで会場へ


平成20年佐原の大祭秋祭りfromおもいっきりTV

Sawaranotaisai201112
川越に似た町並み 家並みから歴史を感じ取る

Sawaranotaisai201117
震災の爪痕 

Sawaranotaisai20117
レモンのかき氷 氷がしゃりしゃりでおいしかった

Sawaranotaisai20116
きゅうりバー ぽりぽり 何本でも食べられる

Sawaranotaisai20119
風鈴 ちりん、ちりん

Sawaranotaisai201110
ディスプレイがかわいいお店が多い 
食べ歩きをしたり、気が向いたらお店に入ったり、川の横のベンチで休憩したり、うれしい たのしい だいすき

Sawaranotaisai201118
まつりばやしの音とともに山車が来た! えぬしが肩車してくれるから脚立いらず ひひひ 太田道灌(おおたどうかん)

Sawaranotaisai201119
伊弉那岐(イザナギ)尊 右上に飛行機

Sawaranotaisai201120
日が落ちてきた 菅原道真 リアルな顔のつくり

Sawaranotaisai201121
逆光が、こ、わ、い、天鈿女命(アマノウズメ) 山車を時計回りに回転させる「のの字廻し」は大迫力

Sawaranotaisai201122
人間にあきてきた頃に藁でできた鯉がやってきた

Sawaranotaisai201123

Sawaranotaisai201124
顔と尾

この日は兎に角暑かった
おでこに貼った冷えピタを帽子で隠し、首の後ろに貼った冷えピタを髪で隠した

広島風お好み焼き、揚げたてのからあげ、レモンのかき氷、きゅうりバー、いちごのフレッシュジュース、祭りを堪能

Sawaranotaisai201114
サカナクションを爆音でかけつつトランス状態になりつつ高速ぶっ飛ばしつつ帰宅

|

魔王

Maouindex
「魔王」★★★☆☆
伊坂 幸太郎 (著)




伊坂幸太郎は自分の小説を読者として楽しんでいる


伊坂幸太郎インタビュー
http://media.excite.co.jp/book/special/isaka/




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「この世の中で一番贅沢な娯楽は、誰かを赦すことだ」
「それ、誰の言葉?」
「ノーバディ・グッドマン」
「誰それ?」
「昔、アメリカで二十人を殺して、死刑になった男、だったと思う」
「そいつだけは赦しちゃ駄目ね」

昔、中学生の時の教師が、「形がないのに、壊れてしまうもの、なーんだ」というクイズを出したことを思い出した。
その答えが、「人の心」だったために、保護者や他の教師が、「不謹慎だ」と怒ったが、
今から思えばあれは、「目に見えないものも傷つくことがある」ということを教えるための、出来のいい問題だったのではないだろうか。

「世界の問題よりも、目の前の自分の問題だ」潤也君が言う。
「ってことはさ、逆に言えば、世界とか環境とか大きいことを悩んだり、憂慮する人ってのは、
よっぽど暇で余裕のある人なのかもしれない。
さっき、そう思っちゃったんだ。
小説家とか、学者とか、みんなさ、余裕があるから、偉そうなことを考えるんだって」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




Isaka4062131463_01_l
著者の直筆コメント




出版社 / 著者からの内容紹介
「小説の力」を証明する興奮と感動の新文学
不思議な力を身につけた男が大衆を扇動する政治家と対決する「魔王」と、静謐な感動をよぶ「呼吸」。
別々の作品ながら対をなし、新しい文学世界を創造した傑作!

|

蝿男

Haeotoko
「蝿男」★★★☆☆
田口 ランディ (著)




コミックぽい装丁がこの本にとてもあっている

十年の集大成、異色の短篇集
http://www.bunshun.co.jp/pickup/haeotoko/index.htm




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

就職浪人を始めた頃、オレはひきこもった。
誰かに会って自分が働かないことを弁解したり、
将来のことを前向きにしゃべったり、
お愛想のために小さなウソをついたり、
そんなことをするのが辛くなってしまったのだ。
他人に合わせようとするとひどく疲れた。
レトルトの食料をいっぱい買い込んで部屋に籠った。
冬眠する熊みたいに穴蔵でぬくぬく暮らす。
部屋は心地よかった。
一日中、寝たり起きたり本を読んだり……。
それで十分に満足していた。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容紹介

社会の抱える闇に果敢にいどみ続ける、“社会派”の作家として強い存在感をもつ田口ランディさん。
そのイメージをくつがえす異色の作品集が登場します。
たとえば表題作「蝿男」は、老境にさしかかった男が若い女の肉体に溺れ、ついには蝿に転生してしまうコミカルな短篇。
この作品集は、「腐純愛」小説集と銘打たれています。腐純愛とは作者による造語で、「相手あるいは自分が腐ってしまうほど強い愛」の意味。
一筋縄ではいかないさまざまな愛の形が描かれた、6つの奇妙な味の短篇をお楽しみください。(NK)

|

2011/07/19

風花

Ikazahanandex
「風花」★★★☆☆
川上弘美(著)




動揺もせず、いけしゃあしゃあと、弱みを利用している
どうせ、できないだろうと高を括っている、腹が立つ




内容紹介
日下のゆりは33歳。システムエンジニアの夫の卓哉と結婚して7年。
平穏な日々が、夫に恋人がいるという一本の電話で破られる・・・。
何気ない日常の中で、色あせてゆく愛を描く長編恋愛小説。

内容(「BOOK」データベースより)
夫に恋人がいた。離婚をほのめかされた。わたしはいったい、どう、したいんだろう—。
夫婦の間に立ちこめる、微妙なざわめき。
途方に暮れながらも、自分と向き合い、夫と向き合い、少しずつ前へ進みはじめた、のゆり、33歳の物語。

|

Songs from Banana Note

Banana_song
「Songs from Banana Note」★★★★★
吉本 ばなな (著)




付録のばなな新聞の岡崎京子との対談がだいすき
岡崎京子の「PINK」にふれるよしもとばななのことばに、一回一回、うんうん、と、大きくうなずきたくなる

この本は、響いた




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

岡崎京子の「PINK」を読んだ時、私は大変に感動して、ものすごーく救われた気がして、
「これを人生と思っていいなら、そんなすてきなことが許されるなら、もうしばらく生きていたい」とまで思った。

「才能っていったい何だろうって昔からずっと考えてたんだけど、この前、村上龍が雑誌に書いてたエッセイを読んではっとしてさ、
思わずそれをコピーしてしばらく机の前にはってたよ」
その紙を彼は私にくれた。
なくしてしまって今、手元にはないのだが、そこにはこういうようなことが書いてあった。
「例えば、ニキ・ラウダには車の形の穴が、マッケンローにはテニスラケットの穴があいている。
才能とは祝福ではなく欠落だ。
本人にとってそれはリスクなのだ。
それを埋めようとして生きていくしかないし、扱い方を間違ったり、放っておけばその穴は本人を食いつぶす」
もちろん例の絶妙な文章で。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




内容(「BOOK」データベースより)
友だちのこと、恋愛のこと、こどものころのこと、作家という仕事。
吉本ばなながデビューまもない頃から3年あまり、その時、その季節の思いをかきとめた15篇。
付録は岡崎京子、さくらももこ、高橋源一郎、原マスミ等による「ばなな新聞」。

|

2011/07/13

浅草寺四万六千日とほおずき市と花やしき

Houzuki201107072
浅草寺四万六千日(しまんろくせんにち)
7月9・10日に参拝すると、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するそうです

Houzuki201107073

Houzuki201107074
右下に影

Houzuki201107077
カップ 氷 ICE CUP レモン味

Houzuki2011070740
ほおずき一鉢 二千五百円

Houzuki201107071
鮮やかなオレンジが眩しい


東京「夏の風物詩」 浅草寺でほおずき市始まる(11/07/09)

Houzuki201107076
クロネコヤマトの宅急便♪ 一歩前へ♪

Houzuki201107078
緑の天井

Houzuki201107079
あ、どうも、べにっこ a.k.a. みづゑ です

Houzuki2011070710
スカイツリーにょきにょき 

Houzuki2011070711
特別企画「花やしき勝手にほおずきの日!」
祝★浅草ほおずき市
7/9・10限定 浅草花やしき
ほおずき持参で入場無料
なんと!ほおずきひとつで5名様まで入園無料!!

Houzuki2011070718
逆光 目が眩む

Houzuki2011070737
何度か前は通ったことあるけど、はじめて来ました花やしき

Houzuki2011070729
これに乗りました 眺め良し スカイツリービューポイントに花やしき入ってるのかな?
ゆっくりくるくるまわるから、ちょこっと、うぷ、てなったけどね 
某ファミリーランドのビックリハウスに乗って吐いた女です

Houzuki2011070731
もう、どこからでも見えます

Houzuki2011070712
ステージ ぱちぱちぱち

Houzuki2011070736
スカイツリーも花やしきの一部みたい

Houzuki2011070738
古くて、住宅が近くて、ある意味こわいジェットコースター

Houzuki2011070713
秘密の扉 ひみつのとびら
このトビラをあけると すてきな空間が 広がっています
さあ
トビラをあけて 中へ進んでください!

Houzuki2011070715
どーん !!!
いや、本当はここには出ない ただの休憩所だった…

Houzuki2011070716100Houzuki2011070717200
スニーカーの鉢植え

Houzuki2011070732
ステージ 上から見た図

Houzuki2011070734
花やしきは箱庭のよう ゆうえんちがぎゅぎゅっと凝縮されてる

Houzuki2011070726
大黒屋天麩羅(http://www.tempura.co.jp/
えびがはみでてる…! 大味で半分しか食べられなかった えぬしが全部食べてくれました 太る原因

Houzuki2011070725
ようかいけむり ふっふふふふ… 大満足な一日 

|

2011/07/12

越谷天然温泉ゆの華

6月25日(土曜日)越谷天然温泉ゆの華(http://www.yunohana.co.jp/koshigaya.html)に行く


箇条書きにします

1、Bスポのかおり
2、男湯と女湯が毎日入れ替わる 和と洋 
  洋風はまるで安いラブホ 和風は雰囲気良いらしい(洋風、和風、両方入ったことあるえぬし談)
3、内臓まで響くジェットスクリュートルネードバス(内臓て)
4、温灸ぶろ(風呂に入りながらツボが刺激される)
5、キャッチコピーは『地下1200mの天然温泉遊んでも遊びきれない温泉天国 !!』
6、源泉掛け流しは遠めで見ると真っ黒、入ると茶色
7、ジェットバスの種類多すぎ
8、健康ランド的雰囲気なので、こばかにしてたけど、肌がつるつるになってびっくり


入浴料
大人700円(中学生以上)
小人300円(4才以上)

(日)~(金)午前10:00~深夜2:00
土曜のみ 午前10:00~深夜4:00

埼玉県越谷市大間野町3-61-1 
048-985-4126

|

ソーシャル・ネットワーク

Socialnetwork_poster
「ソーシャル・ネットワーク」★★★★★
キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、
ジョセフ・マッゼロ、ルーニー・マーラ、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ
監督:デビッド・フィンチャー




facebookを始めるべきか否か




<ストーリー>
世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。
2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発する。
そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、
社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。
主演は「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ。
共演にジャスティン・ティンバーレイク、新スパイダーマンに抜擢されたアンドリュー・ガーフィルドら。

|

180°SOUTH

180southdblwham
180°SOUTH」★★★★☆
監督 クリス・マロイ
出演 イヴォン・シュイナード、ダグラス・トンプキンス、ジェフ・ジョンソン、キース・マロイ、マコヘ




パタゴニアの創業者とザ・ノースフェイスの創業者がともだちだったとは知らなかった

高尾山、大菩薩嶺、苗場山、富士山(あとは忘れた)と登ったけど、
恋人が高山病になってしまってからわたしたちの登山ブームは去ったのだった





<ストーリー>
世界的なアウトドアブランド「パタゴニア」と「ザ・ノースフェイス」の創業者、イヴォン・シュイナードとダグ・トンプキンス。
ふたりは1960年代後半、南緯180°パタゴニアを目指して旅に出、その旅は彼らの世界観に大きく影響したというが、
これはその記録映像に魅せられた青年が、ふたりの旅を追体験しようと旅に出るドキュメンタリー。

|

借りぐらしのアリエッティ

Karigurashi
借りぐらしのアリエッティ」★★★★☆
キャスト:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林
監督:米林宏昌
企画・脚本:宮崎駿
プロデューサー: 鈴木敏夫
原作: メアリー・ノートン
脚本:丹羽圭子
美術:武重洋二、吉田昇
主題歌:セシル・コルベル




ものたりなさ、ではない、これは、これでいい、小説でいうところの短編

水の粒、雨の粒、汗の粒、アニメーションでしか表現できない粒
紅茶がとろりとしてちゃぽんとカップに入る

まちばりの剣や、洗濯バサミの髪どめ、その他人間界のものが小人界ではこう使われるのか、と、たのしくなる
狩り(借り)のシーンが好き

樹木希林の声のおばさんはいじわるだから嫌い




<ストーリー>
イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。
監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。
企画・脚本に宮崎駿。
身長10センチの小さなアリエッティ一家は、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。
彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。
しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。

|

2011/07/11

SUPER8

Super8
SUPER8」★★★☆☆
監督 J・J・エイブラムス
出演 エル・ファニング、カイル・チャンドラー、ロン・エルダード、ノア・エメリッチ、ガブリエル・バッソ




なんでもいいから映画が観たかった 映画館で観たかった
モスのナン・タコス、マクドナルドのカルフォルニアコブ、ポテト、ジンジャエール、ジャンクフードで胃袋を満たして映画に備えた

電車と車が衝突して大惨事になるところまでは、おおお、とのめり込んだ、でも、だんだんとB(級)の香りが漂ってきた
映像がすごすぎるB

この脚本に巨額の制作費をかけられるハリウッドすごい…とエンドロールが流れはじめたと同時に目をまるくして恋人と顔を見合わせて笑った

帰る人が続出したが、映画はそこで終わりではなかった

そう、こどもたちが撮ったゾンビ映画が流れたのだ

これには笑った

あのゾンビ役の子最高

SUPER8=ゾンビ映画だとげらげら笑いながら車に乗ったわたしたちに最大のオチが待っていた

タイコクラブに行く途中のサービスエリアで拾ったあの謎の青い生物が発光したのだ ぴかぴかぴかと長時間

「空気読め過ぎだから!」と言ってその日一番笑い転げた

タイコクラブで拾って、車の後ろにぶら下げて、しぼんで、変な形になって、と、数日間一緒に過ごしたその変な生き物
しぼむと鼻がちくびにそっくりで、映画館に着くまで指ではじいて遊んでた
それが、どうしてこのタイミングで光りだしたのかさっぱりわからない

爆発的な笑いで一日をしめくくったのである

ああ、もったいない
出会いから光るまでを映像におさめておきたかった

Taico200106091
今調べたら正式名称が「フラッシュウニボール ヨーヨー」だと知った
しかも一個34円
300円くらいだと思ってた

まあ、何が言いたいかというと、「SUPER8」は明るい気持ちにさせてくれる映画だということです
おわり






<内容>
1979年。オハイオの小さな町に住む14歳のジョーは、仲間たちとの8mm映画作りに没頭していた。
ある日、真夜中に家を抜け出し、駅に忍び込んで撮影をしていた彼らは、貨物列車が脱線・炎上する大事故を目撃してしまう。
まもなく町に大挙してやってきたのは、武装した空軍関係者。あの列車で、空軍は極秘裏に“なにか”を運んでいたのだ。
やがて町では、飼い犬が姿を消し、車のエンジンのみが盗まれるなど不可解な事件が続発。
さらに9名の行方不明者が出るなど、事態はどんどん深刻になっていく…。

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »