« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/14

2011.12.10 皆既月食 @水元公園

Gessyoku201112123
12月10日(土曜日)皆既月食を見るために水元公園へ
あたたかいコーヒー、ミルクティー、蓮茶をコールマンのステンレスボトルに入れ、
コンビニでチョコレート、ポテトチップス、ポップコーン、からあげ棒、手羽先を買い込む
夜のピクニック気分

Gessyoku201112124
月の右下にオリオン

Gessyoku201112121
天頂に月の輪

Gessyoku201112125
そして、月が欠けはじめる

Gessyoku201112126
月が地球の影に隠れていく

Gessyoku201112127
ライチの皮がむけていくよう

Gessyoku201112128
堂々と現れた、赤い、月

Gessyoku201112129
そして彼は強い光を放って地球の影を押しやり完璧な満月になる

|

2011/12/13

六義園(りくぎえん)紅葉と大名庭園のライトアップ

Rikugien201112131
12月4日(日曜日)、六義園(りくぎえん)のライトアップを見に行きました

Rikugien2011121318
暗闇に浮かび上がる朱色

Rikugien2011121313
空を見上げれば、ぽっかりと月明かり

Rikugien2011121316
月の中心に飛行機雲 UFOみたい

Rikugien2011121314
燃えるように赤い紅葉

Rikugien201112134
青い光の川

Rikugien2011121319
Rikugien2011121310
Rikugien201112136
Rikugien201112137100Rikugien201112138200
ライトアップされた紅葉を見ながら食べるだんご いとをかし

Rikugien201112139
松井冬子の幽霊画に出てきそうな鯉

Rikugien2011121311
松に施された雪吊がうつくしい

Rikugien201112132
シンメトリー

Rikugien2011121317
そして、シンメトリー

Rikugien2011121320
切ったら中からかぐや姫が出てきそうなライトアップされた竹

非日常的かつ幻想的な夜の六義園 朝の壮観な光景も見てみたい 日本庭園から香るわびさびの文化


|

フィンランド紀行7日目、8日目

Fin78201112022100Fin78201112021200
おはようございます、7日目の朝です

Marine78201112051
フィンランドでビュッフェを食べるのも最後なので、避け続けていたニシンの酢漬けを食す
ねっとりと舌に残る甘酸っぱさ、やはりだめだった…

Fin78201112024
Fin78201112025Fin78201112026
ヘルシンキ中央駅

Heki20111210111
通勤、通学ラッシュ

Fin78201112029
Fin782011120211
スタイリッシュなオレンジ色の車輌は、
アンティ・ヌルメスニエミ(http://www.designed-in-finland.com/design_nurmesniemi.php)のデザイン

Fin782011120213100Fin782011120214200
トラムの1日券を買う

Fin78201112023300Fin782011120226400
左:HELSINKI DESIGN WEEK(http://www.helsinkidesignweek.com/
右:9:00 +7

Fin782011120215
Fin782011120220
ハカニエミ屋内マーケットへ かもめ食堂でみどりさんがトナカイの肉を買う肉屋が入ってるマーケット

Fin782011120219
いのししの剥製

Fin782011120218
Sauna vihta フィンランドのサウナに欠かせない白樺の葉

Fin782011120224
かわいいデッキブラシ

Fin782011120216100Fin782011120225200
左:えぬしにそっくりなかぼちゃ 右:チーズ屋さんのイスがチーズモチーフ

Fin782011120222
マリメッコブース マリメッコファンは荷物が少なくてすむ夏にスーツケース空の状態で来ることをおすすめします

Fin782011120232
Fin782011120228
アンティークマーケットへ

Fin782011120233
きりんの剥製 フィンランドにはいろいろな動物の剥製がある

Fin782011120234
えっちな彫刻 エロティック・アート

Fin782011120227
高価でとても手が出ない

Fin782011120230
アンティークマーケットを後にする

Fin782011120245
そして再びかもめ食堂へ

Fin782011120237
Fin7820111202391800Fin7820111202401900
ケーキとチョコレートとコーヒーとベジタブルピラフを注文

Fin782011120241
ランチタイムは地元の人で大混雑

Fin782011120247
フィンランドは工事現場もなんだかスタイリッシュ

Fin782011120249
裸でハンマーを振り下ろす3人の男の像

Fin782011120250100Fin782011120252200
アカデミア書店 かもめ食堂のロケ地巡り

Fin782011120251
カフェ・アアルト(http://cafeaalto.fi/ja) さちえさんとみどりさんが出会った場所

Fin782011120257800Fin782011120260900
Fin782011120261100Fin782011120281100
Fin782011120268
そして、郵便博物館へ 人形がリアルでこわい

Fin782011120263200Fin782011120265200
Fin782011120279
手紙を書いたり、馬に乗ったり、映像作品を見たり

Fin782011120270
切手のイス

Fin782011120284400_2Fin782011120274100
こどもの描いたサンタクロース、オーロラのポストカード

Fin782011120275300Fin782011120278400
誘惑されたサンタ、Vサンタ

Rrrposti201112091
郵便博物館で買ったランプ

Fin782011120290
ヘルシンキ空港へ ヘルシンキ発→成田へ(機中泊)

夜のフライトはオーロラを見る本当の本当のラストチャンス
窓際をゲットするために、よっしゃ、ここは色仕掛けや、と思い、カウンターのイケメンおにいさんに
「ウィンドウサイド、プリーズ♡ プリーズ♡」
と祈りのポーズをして超絶ぶりっこを披露したらおにいさん爆笑、ついでにえぬしも爆笑
おにいさんは「OK」と言って、パソコンのキーボードをかちかち
ビジネスクラスの後ろ、エコノミーのいちばん前の席、足が伸ばせる窓際にしてくれました 
あまりにもうれしくてキートスを連発、また笑われる おにいさん、ありがとう

Fin782011120291
ご自由にお使いください的な車輪の大きいキックボード ヘルシンキ空港ではしゃいでいた日本人はわたしです

Fin782011120292
ニョロニョロ 目が光ってる

Penginaisu201112111Fin782011120295
アイスとポテトチップスを食べて搭乗時間を待つ

Fin782011120296800Fin7820111202111900
夜と早朝の機内食 

映画「僕たちは世界を変えることができない。」を観た
10月にカンボジアで見た風景をそのままこの映画越しに再び見ることができてうれしかった


Bjork Aurora

オーロラをバックにBjorkのAuroraをライブで聴けたら死んでもいい

Fin7820111202107900
そして…… 飛行機の真横に、一緒に並んで飛ぶように現れた緑のオーロラ これが最後の〆に来るなんて
感動して、満足して、しあわせな眠りについた

Fin7820111202115
早朝、「富士山が見えます」というアナウンスとともに起きた

フィンランドとの時差は7時間 この日は1日が17時間 
フィンランド時間17:20に飛んで 日本時間10:00に着いた
人間は人間が作った日付変更線を人間が作った飛行機でタイムスリップしてしまった

フィンランドよ、わたしたちと遊んでくれてありがとう 全身全霊を込めてキートス! モイモイ!

おしまい


|

2011/12/11

フィンランド紀行6日目

Fin62011120111
おはようございます、6日目の朝です

Fin6201112011100Fin6201112011200
朝食はもちろんビュッフェ形式

Asa6201112051100Asa6201112052200
さすが五つ星なだけあって、ここのビュッフェが一番豪華だった

Fin6201112012100Fin6201112013200
私はここでゆで卵の食べ方を学びました 三分の一をナイフで切り、スプーンでくりぬくように食べる 美味しさ倍増

Fin6201112015100Fin6201112016200
左:ホテルを探検 小さいムーミンの家があった
ここで豆知識:ムーミン → トロール → トトロ ということらしい
右:昨日泳いだプール まさかの屋外プール 水温30度 最初凍え死ぬと思ったけど、慣れるとぬるめの露天風呂

Fin6201112018900Fin6201112017800
Fin6201112019100Fin62011120110200
湖に浮かぶ船のホテル シャンデリアを囲む螺旋階段 豪華絢爛

Fin62011120127
Fin62011120150100Fin62011120114300
Fin62011120120200Fin62011120115400
バスでナーンタリ→ヘルシンキへ 乗車時間は3時間 今年は暖冬なのでヘルシンキの初雪はまだ降らない
エスプラナーディ公園にあるレストラン、ラヴィントラ・カッペリ

Fin62011120113
フィンランドでいろいろなデザインのシャンデリアを見た

Marimekko6201112021
マリメッコ本店 大切なひととき、大切な人と

Fin62011120122
夢の食卓

Fin62011120124
Asa6201112053
marikahvila マリメッコのカフェ 食器が全てマリメッコ

Fin62011120130
Fin62011120131
aarikka本店、iittala本店にも行きました

Fin620111201100200Fin62011120199100
Fin62011120128
亀のボラードと郵便屋さんの手押しカート

Fin62011120136
Fin62011120142
トラムとフィンランドのカラス

Fin62011120140
Fin62011120141
ヘルシンキのマーケット広場

Fin62011120145
かもめが何かを狙っています

Kamomefui1220111212123
ごちそうゲット 他のカモメたちがいっせいに鳴き出してこわかった

Fin62011120154
シベリウス公園へ フィンランドの代表的な作曲家ヤン・シベリウスを記念して作られた公園

Fin62011120153
ステンレスパイプのモニュメント パイプは森と音楽のイメージ

Fin62011120152
天を仰ぐ

Fin62011120144
中に入ってみた ピース

Fin62011120168
Fin62011120170
ヘルシンキの街並み

Fin62011120156
石畳を歩く

Fin62011120169
岩盤をくりぬいて作られたフィンランドの現代建築の代表作テンペリアウキオ教会

Fin62011120165
ひっそりと十字架

Fin62011120167
Fin62011120158100Fin62011120159200
岩肌の壁と銅の丸天井、上部側面にガラスがはめ込まれており、自然光が入り込む 
設計はティモ&トゥオモ・スオマライネン兄弟

Fin62011120160
Fin62011120162300Fin62011120161400
パイプオルガンと祭壇と洗礼台

Fin62011120164500Fin62011120163600
小さいろうそくを灯してきました

Usupensuki201112101Usupensuki201112102
西ヨーロッパ最大の正教会寺院、ウスペンスキ寺院 玉ねぎの形の金色に輝くクーポラが特徴的

Fin62011120174
ウスペンスキ寺院から見たヘルシンキ大聖堂

Fin62011120181
Fin62011120185800Fin62011120180900
豪華な装飾、厳粛な世界

Fin62011120151
そして、ヘルシンキ大聖堂 教会三連チャン

Fin62011120189
フィンランドの雪だるまは3段 というか、世界的に見ると2段の雪だるまの方がめずらしいのかな
それは日本人がずんぐりむっくりだという…げふんげふん

Fin62011120191300Fin62011120190400
左:ヘルシンキのお土産屋さん巡り 右:FROM FINLAND WITH LOVE 

Fin62011120192
ヘルシンキに渡辺直美がいました(笑

Fin62011120194

Fin62011120195

Fin62011120196
お気に入りの写真

Fin620111201107300Fin620111201102400
Fin620111201103
オールド・マーケット屋内市場

Fin620111201104
タンペレマーケットホールより市場色が強い

Fin620111201105
北国ラップランドからの特産品が多くある

Fin620111201106
水とフランスパンのサンドイッチを買う

Fin620111201111100Fin620111201109200
Fin620111201110
ヘルシンキのトイレは有料です トイレに行きたくなったらデパートやカフェに入るのも手
ここは50¢、良心的 ほとんどが1€

Fin620111201115
この日はソコス・プレジデンテイ泊(http://www.sokoshotels.fi/en/hotels/helsinki/presidentti/

Fin620111201112
Fin620111201113Fin620111201114
フィンランド6泊目にしてはじめて部屋に浴槽がある

Pool2011612051
ホテルのプール

Fin620111201116
Fin620111201118100Fin620111201119200
トラムに乗って夜のヘルシンキへ

Fin620111201120
ライトアップされた名前が分からない教会

Suomi6201112021
そして夢にまで見たかもめ食堂へ

Fin620111201131100Fin620111201133200
左:この看板を遠くから見たときの抑えきれない衝動よ KAHVILA SUOMI(http://www.kahvilasuomi.fi/
右:日本語でかもめ食堂と書いてあります 感動

Fin620111201149
がんばれ!日本のポスターにまたまた感動

Fin620111201139
鳥肌 映画の世界に入り込んでしまった

Fin620111201136
映画「かもめ食堂」のポスター

Fin620111201134
「命」「浄」「御礼 霞澤花子」「かもめ食堂」

Fin620111201135
日本の醤油が置いてありました

Fin620111201138
おしゃれすぎる黒板メニュー

Fin620111201144
かもめ食堂でかもめ食堂を読む テーブルには、シナモンロールとコーヒー コピ・ルアック

Fintonakainoniku201112101210
トナカイの肉も食べました 味はジンギスカンに似てる

Fin620111201153500Fin620111201154600
再びトラムに乗る

Fin620111201156100Fin620111201157200
Fin620111201160
この日は地下鉄に乗らなかったけど、どうしても見たかったから構内へ、かっこいい

Fin620111201161
Fin620111201159
Fin620111201158
ヘルシンキ地下鉄は、フィンランドで唯一の地下鉄であり、世界で最北の地下鉄でもある

Fin620111201155
お花屋さん こういうのをさっとプレゼントできる人になりたい

Fin620111201171
「借りぐらしのアリエッティ」がやっていました

Fin620111201150Fin620111201152
激安好きなわたしは物価の高いフィンランドでも激安スーパーに行きました alepa(http://www.alepa.fi/
マリメッコのペーパーナプキンがなんと1.7€ 紙パックのジュースは0.99€

Fin620111201170
Superfin2011121018812Fin620111201167200
そしてまた激安スーパー発見 
ヘルシンキの駅の地下にあったLiDL(http://www.lidl.co.uk/cps/rde/xchg/lidl_uk/hs.xsl/index.htm

Fin620111201169100Superfin2011121018811100
フィンランドではスーパーマーケットにペットボトルや空き缶のリサイクルコーナーがあって、なんとお金が戻ってくるのです
教育も保育園以外の学費は無料、専門学校や大学院も無料です
税金高いけど、老後が安心、年金で裕福な生活がおくれるのはうらやましい
でも、自殺率とアル中率も高いらしい… 
やはり寒い地方の人は繊細なんですな、音楽もエレクトロニカとか幻想的な音響系の音楽が多いしね
人間には太陽の光が必要なんだなと思う今日このごろ

つづく

|

2011/12/09

フィンランド紀行5日目

Fin5201111301
おはようございます、5日目の朝です 早起きしてサンタクロースエクスプレス内を探検

Fin5201111303
荷物に紛れ込んで侵入しました うそです

Fin5201111308Fin5201111309
ガチガチになった体をストレッチ

Fin5201111307
みんな寝てるから、静かに、静かに

Fin5201111306
深緑の内装のスタイリッシュな車両

9fin1201112101
Fin5201111305
憧れの食堂車でえぬしはコーヒー、わたしは紅茶を飲む

Fin52011113010
タンペレ着 映画のような何か

Fin52011113012100Fin52011113013200
Fin52011113011
早朝だから人がいない ハートの胸毛の広告に笑う

Fin52011113015
フィンランドのグラフィティ

Fin52011113019
フラッシュ炊いたら光が当たったところと当たらないところの差が出ておもしろい写真が撮れた

Fin52011113020
暗闇にぽっと浮かぶタンペレ大聖堂

Fin52011113021
『ラールス・ソンクの代表作であるタンペレ大聖堂は、1902~1907年に建築されたフィンランド・ロマン主義建築で、
当時は聖ヨハネ教会と呼ばれていました。
2000人を収容する教会内では、マグヌス・エンッケルによって描かれた大きな祭壇画や、
フーゴ・シンベルグの「傷ついた天使」や「死の庭」などといった有名な作品を見ることが出来ます。
教会の6つある出入り口の為に、それを囲む石壁には、6つの門が作られています。
教会は1923年から大聖堂として役割を果たすようになり、現在は挙式会場やコンサート会場として人気があります。 』

Fin52011113022Fin52011113023
動物遊具であそぶえぬし

Linkosuo201112101Linkosuo201112102
LINKOSUOで朝食 好きなパンに好きな食材を挟むいつものパターン

Fin52011113027
中央広場のツリー 装飾はシックに、高さを競い合う

Fin52011113028300Fin52011113029200
Fin52011113030100Fin52011113032200
キャンペーンのお姉さんがミックスジュースをくれました とろっとしててすごく濃厚 美味しかったー

Fin52011113031
フィンランドで一番最初にできたマクドナルド

Fin52011113044
Fin52011113060300Fin52011113061400
Fin52011113047400Fin52011113048500
タンペレマーケットホールへ 北欧最大規模の屋内のマーケットホール

Fin52011113064100Fin52011113065200
Fin52011113066
トナカイ、シカ、ヒツジの剥製

Fin52011113068
どこを切り取っても映画のようだ

Fin52011113052
どの人を見ても俳優のようだ

Fin52011113055Fin52011113056
フィンランドではスーパーやマーケット、至る所に小銭でできるスロットが置いてある 収益は福祉に使われる

Fin52011113063700Fin52011113070800
左:新聞を読むえぬし 右:ベンチでひとやすみ

Fin52011113040
準備中、ピンクのシャッター

Fin52011113042
日本、カンボジア、フィンランド、それぞれの国のそれぞれのマーケット 世界中のマーケットが見たい

Fin52011113049
綺麗でお洒落な八百屋のおねえさんが並べた野菜や果物たちはとても瑞々しくておいしそう

Fin52011113059
マリメッコの水差し フィンランドではマリメッコが生活に浸透している

Fin52011113043
かわいくて、おいしそうで、見てるだけでアドレナリンが放出される

Fin52011113057
カエルのケーキ けろけろ

Fin52011113071
サービス精神旺盛の魚屋のおにいさん 大きい魚を持って、にっこり

Fin520111130110_2
ムーミン谷博物館へ(http://inter9.tampere.fi/muumilaakso/index.php?lang=jp

Fin52011113091
リアル天使、眩しい

Moomin5201111301
「タンペレ市立美術館にあるムーミン谷博物館は、作家であり画家であるトーベ・ヤンソンによって寄贈された原画
作品を多数所蔵しています。
他に類を見ないこれらの所蔵作品は、約2,000点にのぼります。」

Fin52011113093
Fin52011113094
小さな入り口 中に広がる子供の国 ここを通ると童心にかえる

Fin52011113095100Fin52011113096200
ニョロニョロに引っ掛ける輪投げであそぶ

Funefin201112111
ムーミン谷の仲間たちと船に乗る  

Fin520111130103_2100Fin520111130104_2200
Fin520111130101_2300Fin520111130111_2400
こどもたちが描いたムーミンとムーミンの消印 先日、フィンランドから手紙が届きました 送り主はえぬし 

Asagohan201111303
Omiyage5201111301
1moomina2011121011001moomina201112102200
1moomina201112103
キシリトールの歯磨き粉、お菓子、コースター、型抜き、スノードーム、缶、フィギュア、ペーパーナプキン、
ランチョンマット、ポストカード、などなどたくさん買いました

Fin520111130127100Fin520111130128200
Fin520111130126
タンペレ→トゥルクへ エンジェルというギャラリー兼、レストランで昼食

Fin520111130116_2
壁画に天使

Fin520111130129
とてもすてきなレストラン 昔は富豪の家だったそう

Fin520111130125
地元のアーティストの作品が天井や壁一面に展示されている

Fin520111130117_2100Fin520111130120_2200
左:グラスが天使 右:背もたれがキャンバス

Hirugohan5201111301Hirugohan5201111302
サーモン料理に舌鼓

Nantari521112012300
トゥルク→ナーンタリへ  ナーンタリ・スパ・ホテル(http://www.naantalispa.fi/en) 五つ星ホテル

Moominw512011
ホテルから歩いてムーミンワールドへ(http://www.muumimaailma.fi/) 
ひとつの島が丸ごとテーマパークになっている

Fin520111130145
橋をわたる わく、わく

Fin520111130146
冬期営業はしていませんが(2月に一週間ほど営業しているようです)、入場はできます 

Moomins21112011
Fin520111130176300Fin520111130148400
ムーミンの家 ムーミンたちは冬眠しているのでいない シュールなムーミンワールド

Fin520111130149
ヘムレンさんの家 屋根に本物の草 
飯能にあるあけぼの子どもの森公園(ムーミン谷)もすてきです
http://wpg2.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-68fe.html

Fin520111130163
遠くから見たムーミン一家の水浴び小屋

Fin520111130156
横から見たムーミン一家の水浴び小屋

Fin520111130150
正面から見たムーミン一家の水浴び小屋

Fin520111130153
人魚の顔はめ発見 とりあえずはめてみる

Fin520111130158
青い船 ムーミンパパの自慢のヨット

Fin520111130162
Fin520111130165
悟りを開いたえぬし

Fin520111130166
Fin520111130168100Fin520111130169200
Fin520111130170
ニョロニョロの迷路 他に誰もいないので、迷子になったらリアル遭難

Fin520111130179
暗闇に潜むワニ

Fin520111130180
足跡を踏んでムーミンワールドを後にする

Fin520111130182
湖を挟んで見たナーンタリ・スパ・ホテル

Fin520111130183
湖に浮かぶ船のホテル

Fin520111130190
ホテルでディナー 赤ワインで乾杯

Di5201112011
前菜、パクチーがきいていておいしい

Di5201112012
アヒルのステーキはじめて食べた 味はレバーっぽい

Di5201112013
最後にデザート 大満足

五種類あるプールと本格的なサウナを堪能し、ぐうぐう眠る まさかの10時間睡眠

つづく

|

2011/12/08

フィンランド紀行4日目

Fin4nichi201111302_2
おはようございます、4日目の朝です

Asagohan4a201112011Fin4nichi201111301_3100
朝食はやはりビュッフェ形式 ミルクだけで3種類 飲みくらべをしました

Fin4nichi201111303_2
Fin4nichi201111305_2200Fin4nichi201111306_2300
ロバニエミの街を散策

1fin201112081
こどもの絵には夢がある 現実にとらわれない夢

Fin4nichi201111307_2
Fin4nichi2011113059100Fin4nichi2011113051200
SUPERMARKETへ 観光客が行くところもいいけれど、地元の人が行くところに興味しんしん丸

Fin4nichi2011113056200Gumigumigumi2011121100
左:サルミアッキ 衝撃的なまずさ
右:この列はほぼグミ フィンランド人は本当にグミが好き

※フィンランドのハードキャンディサルミアッキは、塩化アンモニウムとリコリス(甘草の一種)による菓子である。
サルミアッキのキャンディは、北欧周辺地域では伝統的に食べられ、北欧5ヶ国ではその国を代表する菓子といって
よいほど子供から大人にかけて食べられている。
しかしその独特な味から、それ以外の地域ではあまり食べられない。
(Wikipediaより)

Fin4nichi2011113054Fin4nichi2011113055
熊がロゴになっているビールのパッケージデザインが妙に気に入ってしまった 北海道出身だからかな

2fin201112081
カゴがカート式だった かわいい

Fin4nichi2011113010_2100Fin4nichi2011113057200
左:けいおん!、コナン、ワンピース、日本の漫画が大人気 どこに行っても置いてあった
右:袋のデザインかわいい かわいいって一日100回は言ってた

Fin4nichi2011113013_2
バスを待つ リュックの整理をするえぬし

Fin4nichi2011113014_2
むしゃくしゃすることあったのかもしれないけど、指で、びーってやるのやめてー

Fin4nichi2011113015_2
往復チケット買えるくらいには英語力アップしました にやり

Fin4nichi2011113033_2300Fin4nichi2011113032_2400
Santa20111210ss1
目的地は昨日に引き続きサンタクロース村 目的は公認サンタクロースとの記念撮影 
えぬし、サンタ、べにこ、と並んでパチり とても良い記念になりました

Santamura2011120788100
きら、きら、きら

Fin4nichi2011113036_2
いつ来てもここはクリスマス

Fin4nichi2011113017_2100Fin4nichi2011113028_2100
家族に手紙を書きました 消印かわいい

Tegamifin201112091Tegamifin201112092
毎日、世界中のこどもたちからサンタクロース宛に手紙が届く

Fin4nichi2011113030_2Fin4nichi2011113031_2
郵便局には当たり前のようにマリメッコのレター用品が置いてある

Finsanta201112071Fin4nichi2011113035_220
左:この像はアイヌ民族の彫刻家、床ヌプリ氏によって作成され、北海道フィンランド協会によって
サンタクロース伝説発祥の地ロバニエミ市に友好のシンボルとして寄贈されたものである 23.12.1986
右:サンタさんへの世界一長いマフラーに貢献してきました あみあみ

Santal201112091
クリスマスにサンタさんから届く手紙が待ち遠しい

Busstopfin201112071
BUS STOP バスでロバニエミ市街へ戻る

Fin4nichi2011113041100Fin4nichi2011113043200
Fin4nichi2011113045
世界最北のマクドナルド ライ麦でできたパンのハンバーガーを食べた 美味
再びロバニエミの街を散策してHAI LONGという中華料理屋さんで晩ごはん

Fin4nichi2011113067
Rovaniemi station

Fin4nichi2011113072100
こどもが窓に描いた絵

Fin4nichi2011113068100200Fin4nichi2011113065200
Fin4nichi2011113069
かっこいいー わく、わく、わく 

Rovsanta2011120912312
憧れの寝台列車サンタクロースエクスプレスでロバニエミ→タンペレへ

Rova201112091123
とても狭い、でもたのしい 二段ベッドの上がえぬしでわたしが下 疲れきっていたので早々と就寝 
おやすみなさい、また明日

つづく


|

2011/12/07

フィンランド紀行3日目

Fin3land201111301
フィンランドの朝は暗い 朝食を食べに本館へ向かう

Fin3land201111302
おしりぷりっ

Fin3land201111304
あたたかいオレンジ色の光 木のぬくもりにほっとする

Fin3land201111303
陶器でできた照明 かわいい

Finasa201111301Finasa201111302
朝食はやはりビュッフェ形式 シリアルを食べた

Fin3land201111305
レモンティーを飲んでしばし、ぼおっとする

Fin3land201111307
おしゃれな鳥の巣箱

Fin9201112091
ホテル&イグルー・ヴィレッジ・カクシラウッタネン(http://www.kakslauttanen.fi/en/resort/igloo-village
を後にする

Fin9201112092Fin920111209300
バスでサーリセルカ→ロバニエミへ  乗車時間は4時間30分  野生のトナカイをたくさん見た

Fin3land2011113011
サンタクロース村(http://santaclausvillage.jp/)到着
北極線 (Arctic Circle / 北緯66度33分) をまたいでいます 北極圏到達証明書ももらいました うれしい

Fin3land2011113040100Fin3land2011113041200
昼食 フィンランドのサラダはオリーブオイルがかかっているだけ… 日本からマヨネーズ持っていけばよかった(笑

Fin3land2011113010
フォッフォッフォ クリスマスには何がほしいんだい? 

Fin3land2011113015Fin10201112091
左:マイナス14度  右:トナカイというか、シシ神っぽい

Fin10201112092
窓ガラスが凍ってるところもあった

Fin3land2011113014
これはなんの巣箱だろ

Fin3land2011113018
サンタクロース村内にあるマリメッコアウトレット ここに入り浸る

Fin3land2011113020
たくさん買いました ほくほく

Mari201111301
Mari201111302
Mari201111303Mari201111304
Mari201111305Mari201111306
Mari201111307100Mari201111307200
Marimekkobag201111301
食器、缶、バスタオル、マウスパッド、ペーパーナプキン、包装紙、バッグ、などなど

Fin3land2011113021
日が落ちると、ブルーの北極線が空にくっきり きれい

Santavi30201112101
サンタクロース村を後にする

Fin3land2011113023Fin3land2011113024
ハプニング発生! 部屋の電気がチカチカしていたのでフロントに電話 → まさかの部屋グレードアップ
左がビフォー、右がアフター まず、広さが全然違う うれしいハプニングでした

Fin3land2011113025
ホテルのプール

Fin3land2011113042100Fin3land2011113043200Fin3land2011113044300
ホテルの近くのレストランでディナー

Fin112011120101
タクシーでスカイ・オーナスバーラへ(http://www.laplandhotels.com/EN/hotels/sky-ounasvaara.html#Sky%20Ounasvaara
屋上に三脚を立ててオーロラを待つが、雲が空を覆い尽くす 何時間待っていただろう、三脚が凍りました

Fin3land2011113046300Fin3land2011113045400
バーでホットチョコレートを飲む 冷えきった体、五臓六腑に染み渡るホットチョコレート
泣く泣くフィンランドでオーロラを撮る最後のチャンスをあきらめる

Fin3land2011113028
タクシーでホテルに戻り 誰もいない深夜のロバニエミを散歩 街はすっかりクリスマスモード

Fin3land2011113035
フィンランドのキオスク

Fin3land2011113029
乱雑に貼られたかんじもおしゃれだね

Fin132011120101
最北マック この日は覗くだけ

Fin3land2011113034
外国の信号機ってやたらかっこよく見える

Fin3land2011113038
クムルス ロバニエミ泊(http://www.cumulus.fi/hotellit/rovaniemi/fi_FI/rovaniemi/) 北極圏に3泊目

つづく


|

2011/12/05

フィンランド紀行2日目

Fin2nichime2011113022
おはようございます、2日目の朝です

Fin2nichime2011113023
外気温はマイナス1.3度 今年のフィンランドは暖冬だそうです 
本来ならば、サーリセルカの11月の平均気温はマイナス7.6度 一番寒い1月はマイナス13.8度

Fin2nichime2011113025
二重の窓 カーテンを開けるとわずかに冷気が入ってくる 肌がひきしまる

Fin2nichime2011113028
泊まったのはサンタズホテルトゥントゥリのスタンダードルーム 小さなロビー

Fin2nichime2011113029
本館入り口で記念撮影

Fin2nichime2011113030
黄色いポスト フィンランドの郵便配達車は世界一かわいいと言われている 日本のバラエティ番組の情報です

Fin2nichime201111301
朝ご飯はビュッフェ形式

Fin2nichime201111304
フィンランドの学生がスキー合宿に来ていた ブロンドに、碧い瞳、透き通るような白い肌
全員モデルのような容姿で目のやり場に困った どうしても見とれてしまう

Fin2nichime201111302Fin2nichime201111303
10min 5min 2種類のゆでたまご

Fin2nichime201111305100Fin2nichime201111306200
野菜をたくさん挟んだサンドイッチとベリーをたくさん入れたヨーグルト もりもりたくさん食べた おいしい

Fin2nichime201111307
本館の地下にある喫煙所 隠れ家的 ふたりとも煙草吸わないけどね

Fin2nichime201111308Fin2nichime201111309
GENT'S LADIE'S トイレのドア

Suki6201112041
Suki6201112042Suki6201112043100
ラップランド最北のウィンターリゾート スキーをしたのは高校の授業が最後かな スキーよりスケート派です

Fin2nichime2011113019
雪にお絵かきタイム

Fin2nichime2011113020
えぬし作、日本の国旗を持ってピースするムーミン

Fin2nichime2011113011100Fin2nichime2011113012200
Fin2nichime2011113032
端から端まで歩いても20分程しかかからない小さな村

Fin2nichime2011113034
カウニスパーの丘を登る

Fin2nichime2011113036
フィンランド語でカウニスとは「美しい」という意味

Fin2nichime2011113035
景色を楽しみながらゆっくりと登る

Fin2nichime2011113038100Fin2nichime2011113039200
雪だるまを作る

Fin2nichime2011113041
柵もベンチも凍ってる

Fin2nichime2011113044
クリスマスツリーにぴったりの木 てっぺんに星を置きたい

Fin2nichime2011113045
登頂 涙が出る程美しい朝日 絶景

Fin2nichime2011113046
凍り付いた標識 

Fin2nichime2011113047
凍り付いたリフト 

Fin2nichime2011113048
ジャンプ!

Fin2nichime2011113049
そして、ジャンプ!

Fin2nichime2011113050
標高437メートルとは思えない景色

Fin2nichime2011113051
地球のみんな、オラにちょっとだけ元気を分けてくれ というわけで、お約束の元気玉

Fin2nichime2011113052
高台に登る ここが一番寒かった 風が冷たいというより痛い 顔がぴりぴりした

Fin2nichime2011113057
カウニスパー山頂レストラン

Fin2nichime2011113053
暖炉 なんてあたたかい火なんでしょう 心身ともにあたたまる

Fin2nichime2011113055
ここの雰囲気は最高でした

Fin2nichime2011113090
サーモンカナッペとピザ

Fin2nichime2011113091
めちゃくちゃおいしいサーモンスープ フィンランドで食べたものの中でいちばんおいしかった

Fin2nichime2011113093
サーモンステーキ サーモンづくし

Fin2nichime2011113058
自然の脅威

Fin2nichime2011113059
太陽は高く昇らずに沈む 日照時間の短さに驚く

Fin2nichime2011113060
太陽の反対側はピンクのグラデーション 振り返ったらこの景色で驚いた 
180度がオレンジのグラデーション、もう180度がピンクのグラデーション 美し過ぎる360度の景色

Fin2nichime2011113061
日の出とともに登り、日の入とともに降りた

11月のサーリセルカの日の出は9:33 日の入は14:16
12月はカーモス(太陽が一日中昇らない状態)
1月は 日の出11:04 日の入13:35
2月は 日の出8:33 日の入16:15
3月は 日の出6:31 日の入18:07
4月は 日の出5:14 日の入21:06

Fin2nichime2011113063Fin2nichime2011113064
圧縮袋に新聞を入れて簡易ソリを作成

Fin2nichime2011113065
これで滑って降りました 登って来た人に笑われた ひひひ

Fin2nichime2011113066
つるつるつるー

Fin2nichime2011113077
そしてまた雪だるま

Fin2nichime2011113085
この日はガラス・イグルー泊

Fin2nichime2011113086
また夢が叶った

Webphoto201112071
ホームページの写真

Fin2nichime2011113078Fin2nichime2011113079
ゼブラ柄のリクライニング式ベッド 貸し切りのプラネタリウム 寝転がりながら流れ星を見るという贅沢

Fin2nichime2011113080Fin2nichime2011113081
Fin2nichime2011113083
電気を消すと北極圏の満天の星空、電気をつけると自分が映る

Fin2nichime2011113094
わたしの相棒 オリンパスE-620

Fin2nichime2011113095100Fin2nichime2011113096200
一輪のバラとディナー

Hoshigarasu201111301
残念ながらオーロラは出現せず、でも流れ星はたくさん見れた

Hokuto201111301
移動する北斗七星を見て眠る 眠るのがもったいない夜

つづく


|

フィンランド紀行1日目

Fin201111302100Fin201111301200
前々日の夜、わたしのキャリーバッグに荷物が入りきらなくて途方に暮れ、明日やるとぶつくさ言い、ぐずぐずふて寝してたら 
夜中なのにも関わらずえぬしがドンキホーテで買ってきてくれたキャリーバッグ 
さっそくAppleマークとキースへリングのステッカーを貼った

Fin201111303
成田発→ヘルシンキへ
フライト時間は10時間 時差は7時間 1日が31時間 長い長い一日のはじまり

Fin201111304
ムーミンのご先祖さまとムーミン サプライズプレゼント

Fin201111305
群ようこ著、「かもめ食堂」読了 
背筋がぴんとする 丁寧に丁寧に生きよう、うん
宝くじで1億円当てたサチエさん わたしも年末ジャンボ宝くじ買おうかな 節約の中にも夢が必要なのです

Fin201111306Fin201111307
小説読んで、寝て、機内食食べて、寝て、ゲームして、寝て、
RADIOHEADのThe King of Limbsのミュージックビデオ見て、寝て、窓の外を眺めて、寝た

Fin201111308
チキンとニョッキのクリームチーズ、パン、クラッカー、グレープゼリー、何故かそば

Fin2011113011
極寒の、地  夕日を見たのに、夜にならずにまた明るくなった 不思議

Fin2011113012
窓霜 きれい 

Fin2011113013300Fin2011113014400
左:ロシア上空  右:えぬしはおねむ

Fin201111309500Fin2011113015600
左:洗練された北欧デザイン  右:豚肉の炒飯とキットカット

Fin2011113010
HOW TO USE CHOPSTICKS

Fin2011113016
乗り継ぎ ヘルシンキ発→イヴァロへ 1時間40分のフライト へとへと

Fin2011113018800Fin2011113019900
左:イヴァロ着 一面銀世界  右:誰も踏んでないところをわざと歩くえぬし

Fin2011113020
北極圏にある小さな空港で厚着になる人々

Fin2011113021
バスでイヴァロ→サーリセルカへ 乗車時間は30分 計12時間10分の移動時間 移動、移動、移動の一日

Fin2011113024Fin2011113023
サンタズホテルトゥントゥリ泊(http://www.tunturihotelli.fi/japanese.iw3

Fin2011113022100Fin2011113025200
左:部屋の中はとても暖かい、薄着でOK  右:スペシャル防寒 いざ、オーロラ撮影へ 

Fin2nichime2011113010_2
トナカイのオブジェ 目に映るもの全てがおしゃれ

Fin2011113040
ホテルから出て、すぐにオーロラが見えた 木と木の間に細長く縦に伸びた緑のオーロラ
あまりにもすぐ出たから三脚も使わずに15秒開けて撮った

Fin7820111202106800
何回か連続して見えたから、幸先いいなあなんてのんきに思ってた
タイムマシーンに乗って、このときの自分に教えてあげたい
もっと暗いところに行って三脚立ててじっとカメラかまえて本気で写真撮りなよ、と
このとき、ラストチャンスが最初に来てるだけだとは知る由もなかった

Fin2011113026200Fin2011113033300
寒さと空腹と眠気と疲労がピーク
ほとんどのお店が閉まっててこの日の晩ご飯はハンバーガー 

Fin2011113029
教会と星空 この日の夜、唯一まともに撮れた写真

ハンバーガーを食べたあと三脚を立てて粘ってみたけど、オーロラは出なかった

集中して写真が撮れなかった 集中力失うと一気にだめになる 
でも、肉眼で見た景色は素晴らしかった
写真には残せなかったけど、記憶には残った
ライトに照らされたダイヤモンドダストがきれいだった

Fin2011113031300Fin2011113032400
雪に倒れこむえぬし 大の字にバタンキュー

ホテルに戻ってシャワーも浴びず、洗顔と歯みがきだけしてベッドに倒れこんだ
ほんとうに長い長い一日だった

つづく


|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »