« フィンランド紀行4日目 | トップページ | フィンランド紀行6日目 »

2011/12/09

フィンランド紀行5日目

Fin5201111301
おはようございます、5日目の朝です 早起きしてサンタクロースエクスプレス内を探検

Fin5201111303
荷物に紛れ込んで侵入しました うそです

Fin5201111308Fin5201111309
ガチガチになった体をストレッチ

Fin5201111307
みんな寝てるから、静かに、静かに

Fin5201111306
深緑の内装のスタイリッシュな車両

9fin1201112101
Fin5201111305
憧れの食堂車でえぬしはコーヒー、わたしは紅茶を飲む

Fin52011113010
タンペレ着 映画のような何か

Fin52011113012100Fin52011113013200
Fin52011113011
早朝だから人がいない ハートの胸毛の広告に笑う

Fin52011113015
フィンランドのグラフィティ

Fin52011113019
フラッシュ炊いたら光が当たったところと当たらないところの差が出ておもしろい写真が撮れた

Fin52011113020
暗闇にぽっと浮かぶタンペレ大聖堂

Fin52011113021
『ラールス・ソンクの代表作であるタンペレ大聖堂は、1902~1907年に建築されたフィンランド・ロマン主義建築で、
当時は聖ヨハネ教会と呼ばれていました。
2000人を収容する教会内では、マグヌス・エンッケルによって描かれた大きな祭壇画や、
フーゴ・シンベルグの「傷ついた天使」や「死の庭」などといった有名な作品を見ることが出来ます。
教会の6つある出入り口の為に、それを囲む石壁には、6つの門が作られています。
教会は1923年から大聖堂として役割を果たすようになり、現在は挙式会場やコンサート会場として人気があります。 』

Fin52011113022Fin52011113023
動物遊具であそぶえぬし

Linkosuo201112101Linkosuo201112102
LINKOSUOで朝食 好きなパンに好きな食材を挟むいつものパターン

Fin52011113027
中央広場のツリー 装飾はシックに、高さを競い合う

Fin52011113028300Fin52011113029200
Fin52011113030100Fin52011113032200
キャンペーンのお姉さんがミックスジュースをくれました とろっとしててすごく濃厚 美味しかったー

Fin52011113031
フィンランドで一番最初にできたマクドナルド

Fin52011113044
Fin52011113060300Fin52011113061400
Fin52011113047400Fin52011113048500
タンペレマーケットホールへ 北欧最大規模の屋内のマーケットホール

Fin52011113064100Fin52011113065200
Fin52011113066
トナカイ、シカ、ヒツジの剥製

Fin52011113068
どこを切り取っても映画のようだ

Fin52011113052
どの人を見ても俳優のようだ

Fin52011113055Fin52011113056
フィンランドではスーパーやマーケット、至る所に小銭でできるスロットが置いてある 収益は福祉に使われる

Fin52011113063700Fin52011113070800
左:新聞を読むえぬし 右:ベンチでひとやすみ

Fin52011113040
準備中、ピンクのシャッター

Fin52011113042
日本、カンボジア、フィンランド、それぞれの国のそれぞれのマーケット 世界中のマーケットが見たい

Fin52011113049
綺麗でお洒落な八百屋のおねえさんが並べた野菜や果物たちはとても瑞々しくておいしそう

Fin52011113059
マリメッコの水差し フィンランドではマリメッコが生活に浸透している

Fin52011113043
かわいくて、おいしそうで、見てるだけでアドレナリンが放出される

Fin52011113057
カエルのケーキ けろけろ

Fin52011113071
サービス精神旺盛の魚屋のおにいさん 大きい魚を持って、にっこり

Fin520111130110_2
ムーミン谷博物館へ(http://inter9.tampere.fi/muumilaakso/index.php?lang=jp

Fin52011113091
リアル天使、眩しい

Moomin5201111301
「タンペレ市立美術館にあるムーミン谷博物館は、作家であり画家であるトーベ・ヤンソンによって寄贈された原画
作品を多数所蔵しています。
他に類を見ないこれらの所蔵作品は、約2,000点にのぼります。」

Fin52011113093
Fin52011113094
小さな入り口 中に広がる子供の国 ここを通ると童心にかえる

Fin52011113095100Fin52011113096200
ニョロニョロに引っ掛ける輪投げであそぶ

Funefin201112111
ムーミン谷の仲間たちと船に乗る  

Fin520111130103_2100Fin520111130104_2200
Fin520111130101_2300Fin520111130111_2400
こどもたちが描いたムーミンとムーミンの消印 先日、フィンランドから手紙が届きました 送り主はえぬし 

Asagohan201111303
Omiyage5201111301
1moomina2011121011001moomina201112102200
1moomina201112103
キシリトールの歯磨き粉、お菓子、コースター、型抜き、スノードーム、缶、フィギュア、ペーパーナプキン、
ランチョンマット、ポストカード、などなどたくさん買いました

Fin520111130127100Fin520111130128200
Fin520111130126
タンペレ→トゥルクへ エンジェルというギャラリー兼、レストランで昼食

Fin520111130116_2
壁画に天使

Fin520111130129
とてもすてきなレストラン 昔は富豪の家だったそう

Fin520111130125
地元のアーティストの作品が天井や壁一面に展示されている

Fin520111130117_2100Fin520111130120_2200
左:グラスが天使 右:背もたれがキャンバス

Hirugohan5201111301Hirugohan5201111302
サーモン料理に舌鼓

Nantari521112012300
トゥルク→ナーンタリへ  ナーンタリ・スパ・ホテル(http://www.naantalispa.fi/en) 五つ星ホテル

Moominw512011
ホテルから歩いてムーミンワールドへ(http://www.muumimaailma.fi/) 
ひとつの島が丸ごとテーマパークになっている

Fin520111130145
橋をわたる わく、わく

Fin520111130146
冬期営業はしていませんが(2月に一週間ほど営業しているようです)、入場はできます 

Moomins21112011
Fin520111130176300Fin520111130148400
ムーミンの家 ムーミンたちは冬眠しているのでいない シュールなムーミンワールド

Fin520111130149
ヘムレンさんの家 屋根に本物の草 
飯能にあるあけぼの子どもの森公園(ムーミン谷)もすてきです
http://wpg2.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-68fe.html

Fin520111130163
遠くから見たムーミン一家の水浴び小屋

Fin520111130156
横から見たムーミン一家の水浴び小屋

Fin520111130150
正面から見たムーミン一家の水浴び小屋

Fin520111130153
人魚の顔はめ発見 とりあえずはめてみる

Fin520111130158
青い船 ムーミンパパの自慢のヨット

Fin520111130162
Fin520111130165
悟りを開いたえぬし

Fin520111130166
Fin520111130168100Fin520111130169200
Fin520111130170
ニョロニョロの迷路 他に誰もいないので、迷子になったらリアル遭難

Fin520111130179
暗闇に潜むワニ

Fin520111130180
足跡を踏んでムーミンワールドを後にする

Fin520111130182
湖を挟んで見たナーンタリ・スパ・ホテル

Fin520111130183
湖に浮かぶ船のホテル

Fin520111130190
ホテルでディナー 赤ワインで乾杯

Di5201112011
前菜、パクチーがきいていておいしい

Di5201112012
アヒルのステーキはじめて食べた 味はレバーっぽい

Di5201112013
最後にデザート 大満足

五種類あるプールと本格的なサウナを堪能し、ぐうぐう眠る まさかの10時間睡眠

つづく

|

« フィンランド紀行4日目 | トップページ | フィンランド紀行6日目 »

Travel」カテゴリの記事